こんにちは、当ブログにお越しいただきありがとうございます。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

先週のマーケットのまとめ

週間レンジ為替2015.2.1


週間レンジ株式2015.2.1

先週のマーケットははなかなか複雑な動きでした。

ドルインデックスは0.58%下落でしたが

ドルスイスはSNBの介入もあり4.58%上昇

ユーロドルは1.42%上昇でしたが、
豪ドルは1.17%下落、

ニュージーランドドルは2.07%下落

ユーロ円は1.33%上昇
ポンド円は0.34%上昇

豪ドル円は1.23%下落

ニュージーランド円は2.18%下落

オセアニア通貨、資源国通過のカナダ円は下落

クロス円の下落の割にはドル円が高値にいますが

117.20~30には公的と思われる買いもあり、117~119に膠着

ここを抜けてしまうと前回安値の115.50付近まで落ちるかもしれません

今週の株価の動きと、雇用統計しだいでしょう

株価のほうは日本株はニューヨークが落ちても底堅さを見せました

果たして今週も海外市場の影響を排除できるかどうか

シカゴ日経はダウが250ドル下落した割には170円安の17500円で終了

先物ベースで28日の安値17480円、そこを抜けると17360円付近

さらに17280円付近が目先のサポートと見ています

2月14日はサンワード貿易さんで【バレンタインスクランブル】というセミナーをやります
大橋さん、上村さんなどと 株、為替、商品のバトルトークやります

きっちりしたセミナーというより、それぞれの人たちの投資スタンスが聞けて
面白いと思います
お時間あれば是非
大橋さんから来場の皆様にチョコ―レートプレゼントがあるようです 

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

米GDPの不思議

米GDP2015.1.31

昨晩の米10~12月期のGDPです

前期比年率 +2.6% 第3四半期5% 予想3%

個人消費  +4.3% 第3四半期3.2%  2006年第1四半期以来の大きさ
設備投資  -1.9% 第3四半期11%   2009年第2四半期以来の大幅なマイナス

外需     -1.02%

ガソリン価格が6月から40%下落したことで個人消費が伸びました

石油関連の設備投資が延期されたことなどで設備投資が大幅なマイナス

個人消費が底堅く輸入が増えたことで外需がGDPを押し下げました

個人消費↑ 対 設備投資↓

これは最近の米経済指標でもあらわれています

シカゴPMIが59.4と前月の58.8から上昇

最近の指標はアンケート系の景気指標は絶好調ですが
鉱工業生産などが減速となっています

どちらが正しいのでしょうか?

一応いまのところ生産の伸びは一時的な減速
個人消費の強さが、
いずれ生産を押し上げるという見方が多いようです
はたしてどうなるか

2月14日はサンワード貿易さんで【バレンタインスクランブル】というセミナーをやります
大橋さん、上村さんなどと 株、為替、商品のバトルトークやります

きっちりしたセミナーというより、それぞれの人たちの投資スタンスが聞けて
面白いと思います
お時間あれば是非
大橋さんから来場の皆様にチョコ―レートプレゼントがあるようです

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

昨晩の豪ドルの売りの急所

豪ドル2015.1.29

豪ドル2.15.1.29.2


岡三オンライン証券
さんのブログ【YEN蔵のトレードタイム】で書いた

昨晩の豪ドルのトレードの時に使った煩悩線です

トレード内容は岡三サンのブログに出ています

最初の時間足の1日の38.2,61.8%が、
1週間の31.8~61.8のゾーンを
上抜けするのではとの考えからロング構築

4時間足61.8%が欧州時間で止められました

ここを抜けるかどうかがキーだったのですが
結局そこが売り場になってしまいました 

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

日銀はBuy on Rumor Sell on Fact

日銀2015.1.21

やはりBuy on rumor Sell on fact でしたね

据え置きです

一応【貸出増加を支援するための資金供給】 

【成長基盤強化を支援するための資金供給】

期限を1年延長、上限を拡大と微調整

日銀2、2015.1.21

展望リポートの中間評価

GDPに関しては2014年度は小幅下方修正
2015年度、2016年度は上方修正
CPIの見通は2015年度は下方修正 

2016年度の2%目標は据え置いていますが
原油安、世界経済の足踏みの中で、どうなるでしょうか

期待感はありませんが会見待ち

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

SNBとジョージ・ソロス その2

SNB資産2015.1.19

前回はBOEがジョージ・ソロスのポンドマルクの売りに対して、

ポンド買いマルク売り介入で抵抗したけれど、
抵抗むなしく
介入を放棄したこと書きました

このときはマルク売り介入ですから、介入の上限は
マルクの外貨準備までです
このときBOEは外貨準備を使い切らなかったでしょうが、

自国通貨買い、他国通貨売りの介入は外貨準備という枠があります

それに対して、今回のSNBが行ったユーロ買い、スイス売り介入は

外貨買い、自国通貨売り介入ですから、

理論上は、SNBが自国通貨を刷り続ければ無制限介入が可能なはずです

これはBOJが行っていたドル買い円売り介入も、

外貨買い、自国通貨売り介入ですから無制限介入が可能です

それでは何故SNBは介入をやめたのでしょう

原因はわかりませんが、
SNBの資産がスイスのGDPの83%に達し巨額になったこと

SNBがユーロスイスの介入で損失を蒙っていたことが噂されています

スイスのGDPは6790億ドルと約81.5兆円ほどです

5635億ドル 67.6兆円ほどの資産がつみ上がったわけです

おまけにその資産の91%が外貨になっています

グラフは2014年第3四半期時点のSNBの資産の内訳です

ドル   29%

ユーロ  45%

円    9%

ポンド  7%

カナダ  4%

その他  6%

投資している対象は
国債  73%

他の債券 11%

株     16%

株のウェートも高かったんですね

株式市場では、SNBが介入をやめる前に
この株式を
売っていたのではという噂もあるようです

年初から世界的な株価の下落はSNBが売り手だったのかも?

16%というと10兆円ほどですから、
各市場で売ればインパクトがあったのかもしれません

あくまで憶測ですが

そしてSNBは現在GDPの15%ほどの損失が出ているのではないかとされています

15%というと約12兆円ほどです

要するに巨大すぎるSNBの資産と、膨らむ損失があり、
今週ECBが大規模な追加緩和を行えば、1.2を死守するには
大規模な介入が必要で
それが不可能か、
さらに損失が膨らむことを回避するための決断だったのかもしれません

今の時点でここまでしかわかりません

本当にに株式を売却したのか、今後のSNBの資産をチェックしてみたいですね

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

SNBとジョージ・ソロス

ソロスとSNB2015.1.17


gbpusd2015.1.17

中央銀行が通貨高、通貨安を防ぐために防衛ラインを引いて介入することはよくあります

今回SNBはユーロスイスの防衛ライン1ユーロ=1.2スイスを防衛できずに

1.2の介入をやめたためにユーロスイスは0.85?まで急落する事態になりました。

先進国が防衛ラインを決めて介入というのは珍しいのですが

1992年にジョージ・ソロスがBOEを打ち破ったとき比較してみました。

上のチャートはポンドがERM(欧州為替メカニズム)を離脱したときの動きと

木曜日のユーロスイスの値動きを比べたものです。

ポンドはそのときERMに参加していて
ポンドマルクで1ポンド=2.95マルク
当初プラスマイナス6%、
その後2.25%の押さえ込むためにBOEは介入していました

しかしジョージ・ソロスはこのレートはポンドの実力からして割高すぎると考え

マルク買いポンド売りを仕掛けました

1992年9月15日に ポンドは介入ラインを超え下落しました

これを受けてBOEは公定歩合を10%から12%へ、さらに15%に引き上げましたが

ポンド売りは止まらず介入を放棄して、ERMを離脱しました

9月15日が水曜日だったので、ブラック・ウェンズデー(暗黒の水曜日)と呼ばれました

今回のSNBの介入放棄はさしずめ暗黒の木曜日とでも呼ぶのでしょうか

さてそのときBOEはポンド買いマルク売り介入ですから、
マルクの外貨準備がなくなれば
介入はもうできません

ようするに自国通貨売り、外貨買いの介入はBOEがポンドを刷り続ければ

理論上は無制限介入ができます

しかしそのときはマルク売り介入だったので、
マルクの外貨準備がなくなれば
玉切れで、介入終了です

続く

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

2015年のびっくり予測は?

この時期に毎年出てくる恒例の予想をまとめてみました

老舗バイロン・ウィーン氏のびっくり十大予測
1、Fedの利上げは年前半
2、サイバー攻撃による被害深刻化
3、米SP500が15%上昇
4、ECBが国債、社債、MBSの購入スタート
5、日銀緩和の効果が低下し日本株は横ばい
6、中国の成長率7%割れ
7, 原油安でイランが核開発縮小
8、原油価格が1バレル40ドル台に、プーチン・ロシア大統領が辞任
9、ハイイールド債のスプレッドが半分に
10、米議会で共和党主導で法案可決

以外におとなしい予想です

 英紙FTの見通しは
1、英5月の選挙で挙国一致内閣が生まれる
2、原油価格が50ドルを割り込む
3、ECBが全面的な緩和に踏み切る
4、ロシアはウクライナ では新たな領土併合はしない
5、米国はISISとの戦いで地上軍は派遣しないだろう
6、 中国の成長率は7%を割り込む
7、 FRBがBOEに先立って利上げに動く
8、2015年ヒラリー・クリントンに有力なライバルは出現しない
9、ロンドンの超高級不動産は下落する
10、インドの成長率はモディ首相の下で加速する 
11、2015年末までに西アフリカでエボラは根絶される
12、 2015年はビットコインやその他の暗号通貨が崩壊する年になる
13、2015年はウェラブルの年にはならない

中国の減速という共通点はありますが、
やはりFTのほうが常識的な範囲の予想です

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

ユーロ圏も異次元でユーロ下落

ユーロ圏CPI2015.1.7

12月ユーロ圏CPIは前年比-0.2%

11月の+0.3%、予想の-0.1%を下回りました

マイナスになったのは2009年10月以来です

エネルギーや加工食品を除いたコア指数は+0.7%と10、11月と変わらず

エネルギーー価格が-6.3%、未加工食品が」-1%となり

エネルギー価格の下落が総合指数を押し下げました

チャートはCPIとユーロドルの動きです

CPIの低下→ECBの追加緩和期待→ユーロドルの下落の流れがわかります

ドイツ10年債利回りは0.439%と過去最低値を更新

次元の世界が世界中で起こっています

今日は欧州株式市場堅調で、雇用統計前に今日は
ショートカバーがはいってる感じですね

新年、最初のイベントは1月9日の米雇用統計です

今月も岡三オンライン証券さんでガチンコ雇用統計のライブ放送やります

武部さんと一緒に為替はもちろん、債券、株式の動きもお伝えしますので

是非ご覧ください

今週の日経ヴェリタスで岡三オンライン証券の大杉社長のインタビューが掲載されています

そこで大杉社長も述べられていますが300人で始まった
セミナー視聴者の方々も
12月のときは1400人となりました

重要情報満載でお伝えしますので、是非多くの方にご覧いただきたいと思います

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

ユーロドルはギャップの上限1.2が重要

ユーロドル2015.1.5


ドイツCPI2015.1.5

2日のドラギECB総裁のインタビュを受けてユーロドル売りが加速

1.2を割れて2010年6月の安値1.1875を割れて1.1860付近まで下落しました

その後反発して1.1975付近まで、
ギャップを埋めに来てますが、
ギャップの上限の1.2がやはり重要

サポートされていたところなので、抜ければレジスタンスになる可能性が高く

ここが抜けられなければ1.18~1.2のレンジになるのでは

下のグラフはドイツのCPI
22時に発表されます

水曜日のユーロ圏CPIの前哨戦になりますが

前年比で前回+0.6%、予想は0.3%

前月比で前回0%   予想は0.1%

これが意外と強かったりすると、ユーロドルはショートカバーされて

1.2を完全に超えると、一旦底打ちかもしれません

新年、最初のイベントは1月9日の米雇用統計です

今月も岡三オンライン証券さんでガチンコ雇用統計のライブ放送やります

武部さんと一緒に為替はもちろん、債券、株式の動きもお伝えしますので

是非ご覧ください

今週の日経ヴェリタスで岡三オンライン証券の大杉社長のインタビューが掲載されています

そこで大杉社長も述べられていますが300人で始まった
セミナー視聴者の方々も
12月のときは1400人となりました

重要情報満載でお伝えしますので、是非多くの方にご覧いただきたいと思います

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

年明けはドル高の流れが顕著に

レンジ2015.1.2

2015年最初の日はドル高で終了しました

グラフは昨日の各通貨の騰落率です

ユーロ圏の12月の製造業PMIは速報値の50.8から50.6に下方修正

ドイツ紙ハンデルスブラットのインタビューに答えドラギECB総裁は

物価安定の責務を果たせないリスクが、半年前より高まっている

2015年初めみ行動する用意があると発言。

これによりユーロドルは1.2付近まで下落、
1.2のバリアー、ストライクは
でかいのでしょう、
ぎりぎりで止まりましたが、上値は重い

ユーロ以上に下落したのがポンド
節目の1.55を下抜けし1.55%の下落
英12月製造業PMIが予想を下回ったことや

英銀のRBSが不動産担保証券の不正取引で

米当局から77億ドルの罰金を科される可能性という報道も
ポンドの下落要因となりました

ドル高ではあるのですが、ドル円は0.63%の上昇に留まり

クロス円は全般的に下落しました。

前日ニューヨークダウは160ドルの下落
2日は9.9ドルの上昇

SP500,ナスダックは小幅下落となりました

ISM製造業景気指数は55.5に低下したことも株安の材料に

ドル円が120円台であれば日本株にとってはプラスなのですが

海外株式の下落でリスクオフ的なクロス円の下落

ドル高、日本株高になるのか、
海外市場で株式市場の調整が続き、リスクオフ的な動きとなり
株安になるのか

週明けの東京市場の動きを注目したいと思います

昨年は年初から株安、円高になりましたが、

それを警戒して29日は日経平均は89.12円安、
30日は279.07円安と下落して終了
(ここの部分は279.07円高となっていたものを修正しました、申し訳ないです)

海外市場の株価が軟調の中で、日本株はどうなるのか
月曜日はここに注目しています

新年、最初のイベントは1月9日の米雇用統計です

今月も岡三オンライン証券さんでガチンコ雇用統計のライブ放送やります

武部さんと一緒に為替はもちろん、債券、株式の動きもお伝えしますので

是非ご覧ください

今週の日経ヴェリタスで岡三オンライン証券の大杉社長のインタビューが掲載されています

そこで大杉社長も述べられていますが300人で始まった
セミナー視聴者の方々も
12月のときは1400人となりました

重要情報満載でお伝えしますので、是非多くの方にご覧いただきたいと思います

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

4 / 199« 先頭...23456...10...最後 »