こんにちは、当ブログにお越しいただきありがとうございます。

南アフリカ大統領の信任投票に注目

 

 

昨日、南アフリカ国民議会(下院)のムベテ議長は、本日行われるズマ大統領不信任投票を無記名で実施することを決めました。
 
長期政権のズマ大統領は汚職疑惑があり、野党だけでなく与党ANC(南アフリカ民族会議)の有力者からも辞任要求がでています。
 
下院である国民議会400議席の中で、ANCが249議席を占めています。
 

ズマ大統領は5月のANC幹部会で議論されましたが、党内で結束してズマ氏を支持することになりました。
 
そのために記名式の投票が行われた場合は、造反者が出る可能性が低くなるのではないと予想されていました。
 
6月の憲法裁判所の決定は下院議長が投票の形式を決めるとの判断を下し、そのような中でANCでズマ大統領に近いと思われていたムベテ議長の判断に注目が集まっていたのが昨日の決定でした。

 

しかしムベテ議長は昨日、本日行われる不信任投票に関して無記名で投票することを決定、
 
このためANCから造反者がでて、大統領が辞任に追い込まれる可能性が高り、そのことが南アフリカ買いが進むという皮肉なケースになっています。

 

議長の発表を受けてランドは堅調に推移した。ドルランドは13.38付近から13.1640付近まで下落しランド買いになり、
 
ランド円は8.171円付近から8.403円付近まで上昇しました。

 

南アフリカ10年債利回りは8.61%から8.54%付近に利回りが低下。

 

南アフリカ40指数は0.51%、FTSE南アフリカ指数は0.82%の上昇となりました。

 

ドルランドは7月27日の安値1ドル=12.8552ランドから8月5日の高値13.48ランドまで上昇した50%戻しが昨晩サポート。
 
この13.1640付近の50%戻しを下抜けした場合は38.2%戻しの13.09付近が次のターゲットになります。

 

ランド円は8月4日の安値8.16円付近から8.40円付近まで反発しました。
 
7月18日の高値8.733円から8.16円の61.8%戻しが8.375円付近となっており、昨晩このレベルを上抜けしたましが再び下回っています。

 

ランド円はこの8.375円をしっかり上抜けすれば、次のターゲットは50%戻しの8.445円付近、
 
38.2%戻しの8.51円付近がターゲットになるでしょう。
 
一方で8.4円付近がレジスタンスになると、8.265、8.16付近がサポートになりそうです。

 

本日信任投票の開始は東京時間の21時から予定されています

 
FXメルマガやっています。初回10日間無料で読めます。


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

雇用統計とリパトリエーション

 

金曜日は雇用統計参加の皆様、お疲れ様でした
 
私は岡三オンライン証券さんでガチンコ雇用統計に出演させていただきました
アーカイブはこちらで視聴できます https://www.okasan-online.co.jp/tradeinfo/indicator_event/usa/
 
さて米雇用統計は予想を上回る数字になりました
 
表はイエレンFRB議長が参考にしているといわれる雇用関連の指標です
 
まだ発表されていないものもありますが、ここまでの分を更新してあります
 
今回は非農業部門雇用者数が20.9万人増加と予想の18.3万人を上回ったこと
 
失業率が4.3%に低下したたこと。これは労働参加率が62.9%と上昇(労働者が増加した)したにもかかわらず失業率が低下したことは評価できます
 
ただ注目された賃金上昇率は前月比は0.3%と前月の0.2%を上回りましが、前年比でhあ2.5%と変わらずで、やや失望です。
 
ただ雇用統計はよ良い数字でした。
 
しかしドルを押し上げたのは、コーンNEC(経済会議)委員長の発言が原因でした。
 
秋にも包括的な税制改革法案を準備したい、恒久的な税制改革を行う必要がある、大型減税を考えており、法人税の減税を行いたい、
 
その財源としてリパトリエーション(企業が対外資産を引き上げて米国内に投資する)を行いやすいように税制を改革したいと述べました。
 
2004年にブッシュ政権が行ったHIA(本国投資法)ではドルの上昇を促しましたが、
 
今回もその連想からドルの上昇となりました。ただ現状のトランプ政権の状況だと、この法案を成立させ減税への道筋をつけられるかどうか不確定の要素もあります。
 
ただドルの上昇も限定的なのか、欧州序盤はユーロ絵が130円台後半に上昇、ユーロドルも1.18台を回復してユーロ高、円安の流れになっています。
 
FXメルマガやっています。初回10日間無料で読めます。


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

ドル円は日本人機関投資家の勝ちでしたね


 
チャートはユーロ円の週足です
 
2014年12月の高値149.80付近から、2016年6月の安値109.50まで下落した後の上昇相場が続いています。
 
このレンジの50%戻しの129.50~60をはさんだ動きでしたが、

今日は7月11日の高値130.75を越えたあたりからストップバイで一気に131円にのせました
 
ドル円の110.90への上昇もユーロ円の上昇でしたね
 
こうなると次の目標は61.8%戻しの134.50~60付近でしょうか
 
ユーロ円が130~135のレンジにシフトしたのでしょう

 

しかし昨晩110円を割ったときは一気に下落しそうな雰囲気でしたが、サポートされましたね
 
生保の買いだったようです
 
しかし相場の端っこはなんでマーケットの雰囲気が一気に走りそうになるのでしょうか
 
当然ですが抜けないとそこがターニングポイントになります
 
そういうところは出来高が膨らんで、ポジションが増える分反発のエネルギーもたまるんでしょうね

 
FXメルマガやっています。初回10日間無料で読めます。


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

米国のGDPは予想通りUPしましたがドル買い材料にななりませんでした

 

こんにちはYEN蔵です
週末は天気がいまひとつですね。ただ暑さが一服なのは助かります

 

金曜日は結局ドル安が加速してしまいました
 
注目された米国の第2四半期GDP(上のグラフ)は、第1四半期の1.2%から2.6%に加速しました
 
数字の内訳(下のグラフ)は
 
個人消費が1.9→2.8%
 
民間設備投資が-1.2→2%
 
これらが成長率を加速させ第1四半期の1.2%の落ち込みは一時的だったことが確認されました
 
GDPの数字は2.6%と予想と一致しましたが、一部には2.8%以上の成長も予想されていたためにドルのサポート材料にはならずにドルはむしろ下落してしまいました。
 

それにはもうひとつの指標の影響もありましたが、後ほど書きます
 
ドル円110.50~60サポートできないと更に下がりそうですね

 
FXメルマガやっています。初回10日間無料で読めます。


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

今晩は米GDPに注目


 
依然としてドル売りは続いていますが、今晩の注目は米第2四半期GDPです
 
第1四半期は1.4%に低下した米GDPですが、ここのところの好調な指標を受けて高めの予想が出ています
 
コンセンサスは2.6%
 
アトランタ連邦銀行が算出しているここまでの指標を加味したGDPの予想値、GDPナウ(グラフ)は2.8%です
 
強い数字がでてドルが反発するのかどうか、
 
FXメルマガやっています。初回10日間無料で読めます。


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

ドル円のサポート、レジスタンス


 

 
昨晩発表された米国の7月の消費者信頼感指数(上のグラフ)は121.1となり
 
前月の117.3から上昇、予想の116.5を上回り2000年囲湖ウンで2番目に高い数値になりました
 
グラフは折れ線が消費者信頼感指数、棒グラフが小売売上高ですが、消費者信頼感指数が上昇する割には、小売売上高は低下している減少が続いています
 
どちらが正しいのでしょうか?
 
今後の相関関係を見極めたいと思います
 
下のグラフはドル円の時間足
 
強い指標にドル円は一時112円台を回復
 
7月11日の高値114.50~7月24日の安値110.62の38.2%戻しの112.10でとめられています
 
ここを抜ければ50%戻しが112.50~60、61.8%戻しが113付近です
 
一方で昨晩抜けた111.70~80のレジスタンスをサポートできるか
 
そんなイメージでFOMCを待ちます

 
FXメルマガやっています。初回10日間無料で読めます。


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

強い指標でユーロ円上昇

 


 
マーケットは数字に反応しています
 
7月ドイツifo業況指数は116と予想の114.9に対して上昇、3ヶ月連続で過去最高を更新しました。現況指数は125.4と予想の123.8を上回り、期待指数も107.3と予想の106.5を上回りました
 
クレメンス・フュースIFO所長は、現況の満足度は東西ドイツ統合後で最高水準、短期的な見通しも改善、国内経済は力強く成長していると述べました。
 
これを受けてドイツ10年債利回りは0.5%から0.56%に上昇
 
上のグラフドイツの6ヶ月から30年のイールドカーブです。
 
下のチャートはユーロ円の時間足です
 
各年限の国債の利回りがどのレベルにいるかあらわしたものです。1年前、1ヶ月前に比べると各年限で明らかに金利が上昇していることが分かります。
 
こればECBの金融引締めを先取りしたものです
 
金利上昇を受けてユーロドルは上昇し一時1.17台を示現しました。
 
しかし今日はユーロ円の上昇が顕著で、昨日同様欧州序盤はユーロ円は129.30付近まで売られましたが、その後反転
 
強いifo指数を受けて昨日の高値129.70~80を抜けて上昇、金曜の高値130.50を一時上抜けました
 
今度は米消費者信頼感指数121と予想の116より強くドルが上昇。
 
ここからドル円が111.70~80を越えられるかどうか、ユーロ円の129.70~80がサポートされるかどうか
 
ここら辺がポイントと見ています

 
FXメルマガやっています。初回10日間無料で読めます。


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

ユーロのロングが増加


 
こんにちはYEN蔵です
 
表とグラフはIMM通貨先物のユーロの推移です
 
投機のユーロのロングは199,540枚に増加
 
IMMの通貨先物は中央銀行や、マクロファンドなどは利用していませんから、

市場のビッグプレーヤーの一角のポジションは現していません
 
とはいえある程度のポジションの傾きを知るには有効なツールです
 
今日は欧州序盤からユーロクロスの売りがでており、ユーロ円、ユーロオージー中心にユーロクロスが下落しています。
 
さてユーロは一旦天井をつけたのかどうか
 
今週のユーロの主導のマーケットですかね
 
IMMの表とグラフは外為どっとコムさんのホームページから引用しました

非常に見やすいシートです

 
FXメルマガやっています。初回10日間無料で読めます。


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

南アフリカは利下げ

こんにちはYEN蔵です
 
昨晩ECB理事会のドタバタに参加の皆さんお疲れ様でした
結局ユーロは上昇、欧州序盤もユーロ強いですね
 
さて世界が金融引締めに向かう中で、金融緩和に動いた国があります
南アフリカです
 
SARB(南アフリカ準備銀行)は政策金利のレポレートを7%から6.75%に引き下げ。引き下げは2012年7月以来です
 
利下げは予想外で一部には政治的な圧力ではとの思惑もありましたが
SARB総裁のKganyago氏は政治的な圧力を否定しました
 
 
 
上のグラフは南アフリカのCPI、下はGDPです
CPIは5.1%に低下、GDPは第1四半期は前期0.7%の減少、第4四半期の0.3%減少に続き2期連続のマイナス成長です
 
これを見ても南アフリカ経済の減速は顕著で、景気支援の利下げは合理的でしょう

 

 
 
上のチャートはドルランド、下はランド円です
 
利下げ発表を受けて1ドル=13.06ランドまでランド売りとなりましたが、ドル売りの流れもありその後13.003付近に下落しています
 
ランド円は8.53円付近まで下落しましたが、その後8.571円付近に上昇しています
 
ランド円は50%戻しの0.53円付近が短期的なサポートとして機能しています

 
FXメルマガやっています。初回10日間無料で読めます。


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

日銀が何もしないと円安・株高

 
日銀政策決定会合は何も無く、黒田日銀総裁の記者会見も新鮮味はありませんでした。
 
1番目の表は日銀の展望レポートです
GDPの見通しを2017年度1.6→1.8%、2018年度1.3→1.4%に上方修正
 
CPIの見通しを2017年度1.4→1.1%、2018年度1.7→1.5%、2019年度1.9→1.8%に下方修正しました。
 
目標とする物価2%の到達時期を19年頃と18年頃から先延ばし、今回6回目の先延ばしになりました。
 
会見でも物価が上昇しない状況は世界共通、賃金も上がらないと物価だけ上がってもよくないと仰ってました。
 
しかしどう見てもあと2年ほどで2%も難しいような気がします。
 
2%という目標自体が無理なのか、方法に問題があるのか、両方なのか
 
だいたいインフレ率とは限りませんが、(潜在)成長率=長期金利=代替のインフレ率
 
大雑把に言えばこんな漢字で経済は回っているのではないでしょうか
 
ということは賃金上昇を伴う物価の上昇は成長率に近いわけで、日本の潜在成長率が低い状況では物価だけ上がるということはありえないのではないか
 
日銀の孤独な戦いは成長率の壁の前に敗れるような気がします
 
成長率を上げる政策、それが少子化対策なのか、規制緩和なのか、分かりませんが、ここからは金融政策ではなく政治の出番なのでは
 
いろいろな人も同じようなことを言っていますが。
 
上から米国、ドイツ、日本の10年債利回りのグラフです
 
これが各国の潜在成長率? ドイツはもう少し高い気もしますが
 
結局日銀のイールドカーブコントロールで日本の長期金利が0%付近で張り付けば、金利差拡大で円安なんでしょうか

 
FXメルマガやっています。初回10日間無料で読めます。


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
3 / 20312345...10...最後 »