こんにちは、当ブログにお越しいただきありがとうございます。

今週動いたマーケットは?

 

表は今週の各マーケットのオープン、ハイ、ロー、クローズと

フィボナッチ・リトレースメント、ピボットです

上が為替、下が株式指数、日米独10年債利回り

VI指数、VIX指数、原油先物、ゴールド先物です

 

ドルインデックスは1.16%の下落でドルは落ちました

一番上がったのポンドドル、ユーロドル、キウィと続きます

クロス円も下落

ということはドル安、円高、という流れで、まだ年末からの円売りの

調整が続いています。

 

原油が上昇しているのもドル安の影響がありそうです

 

日経平均は高値から1%強下落しましたが23952.61円と高値更新

ドル円、クロス円が円高でも株価は関係ない動きですね

米3市場も揃って高値更新

 

来週は円高の耐久力を株式市場が試される週になるかもしれません

 

無料メルマガを不定期で発行。
登録お願いします。


FXメルマガやっています。初回10日間無料で読めます。


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

誰が米国債を保有しているか

 

昨日今日と中国のニュースでドル円は乱高下でした

そこで話題になった米国債の保有残高

表はどこの国が米国債を保有しているか昨年12月時点

単位はbio ビリオン=10億ドル=@112で1120億円です

 

中国が1兆1892億ドル、日本が1兆939億ドルとダントツです

3番がぐっと離れてアイルランドの3124億ドルで日中の3分の1です

しかもアイルランドは自国の資金でなく、ダブリンが金融センターなので

信託銀行とか他人の資金を預かっているだけです

 

ブラジルの2700億ドル、スイスの2540億ドル、同盟国の英国でも2259億ドル

米国の武器に頼っている台湾が1817億ドル、サウジが1452億ドル

輸出大国?のドイツですら729億ドル

 

いかに日本と中国が米国に輸出した金を米国債を通して

米国に還流しているか

文句言われる筋合いないと思うのですが

 

中国はこれを武器に米国と貿易戦争に突入したかも?

日本は音なし.....

 

無料メルマガを不定期で発行。
登録お願いします。


FXメルマガやっています。初回10日間無料で読めます。


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

今日のドル円下落の原因は?

 

 

 

今日のドル円は113円台前半から112.50付近に下落しました
70銭ほどと東京市場としては久々の値動きでした

日経平均も上昇幅を縮小し、リスクオフかと一時は株クラでも

ドル円の下げ材料探しになっていたみたいです

 

1枚目の表は本日の日銀のオペレーション(国債買い入れオペ)です

 

国債買い入れオペというのは

国債買入オペは、日本銀行が行うオペレーション(公開市場操作)の一つであり、

長期国債(利付国債)を買い入れることによって金融市場に資金を供給することです。

 

2016年(平成28年)9月に「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」を導入してからは、

金融市場調節方針で示された長期金利の操作目標を実現するよう、

国債買入オペを運営しています。長期国債については、

 

価格が上昇すると利回りは低下するという関係がありますので、

例えば国債買入オペの金額を増額して市場の需給環境がタイト化すれば、

通常、国債の価格は上昇し、長期金利は低下すると考えられます。

 

国債買入オペの主な買入方式には、「利回り入札方式」と「固定利回り方式」の2種類があります。

利回り入札方式では、より高い金利(低い価格)で入札されたものから

順に買い入れていく競争入札を行います。

 

一方、固定利回り方式では、日本銀行が予め指定した金利で、

金額無制限または予め定めた額まで買入れを行います。

 

このようにして買い入れた長期国債の残高の推移については、

日本銀行が毎月公表している「マネタリーベースと日本銀行の取引」をご覧ください。

 

なお、この長期国債の買入れは、金融政策目的で行うものであり、

財政ファイナンスではありません。

 

政府は、2013年(平成25年)1月の「共同声明」において、

「日本銀行との連携強化にあたり、

財政運営に対する信認を確保する観点から、

持続可能な財政構造を確立するための取組を着実に推進する」としています。

 

日本銀行のHPより

 

今日の日銀のオペで10~25年国債の買い入れは1900億円、

25年超の国債の買い入れは800億円となり、それぞれ100億円減額されたことで

長期金利が上昇して円買いとなりました。(赤いラインの場所)

 

減額は債券市場では予想されていなかったので、外人もステルス・ティーパリング

(目立たないように資産買い入れを徐々にやめていく)かと

円買いに走ったようです

 

ただイールドカーブのフラット化(短期と長期の金利のさっが縮小すること)

していたこと(長期を減額して長期金利を上昇させる意図)、

4月以降は30年国債、40年国債の発行が減額されるのでは、

それに備えた動きということで、ステルス・ティーパーリングではないという意見もあります

 

結局ドル円は昨日からのクロス円の下落や輸出勢の売りなどに

このオペの結果で複合的に下落したのではないでしょうか

 

 

無料メルマガを不定期で発行。
登録お願いします。


FXメルマガやっています。初回10日間無料で読めます。


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

ランド円は際どいレベル

 

3連休終わっちゃいましたね

仮想通貨投資家は連休なし、FX投資家は今日から

日本株の人たちは明日からですが、なんか仮想通貨ができて

マーケット的には週末はなくなってしまいましたね

 

さて今日はランド円のお話です

上のチャートはランド円、下のチャートはWTIです

チャートはサクソバンク証券さんのです

 

先週のランド円は2.36%の上昇、

昨年は年間で6.34%の上昇でした

与党ANC(アフリカ民族会議)の議長選挙で市場の受けの良い

ラマポーザ氏が当選したこともありますが、

WTIの上昇に見られるように世界的な資源価格の上昇

は資源国通貨に追い風になっています

 

南アフリカと原油は関係ないのですが、金曜日はカナダも上昇

豪ドルも高値圏と株高、資源国通貨高、円安と

懐かしいリスクオンの動きが起こっています

この流れが続くのかどうか

 

ランド円は6.2円まで下落しましたが6~9円のレンジを

上抜けしつつあります

2015年に9円を完全に下抜けするまで9~11円のレンジが

3年ほど続いてました。

 

安値の6.2を起点とするフィボナッチ・エクスパンションで見ると

1.618倍が9.56円、2.618倍が10.998円です

果たして9円が底となり9~11円にシフトするのか注目しています

 

 

 

無料メルマガを不定期で発行。
登録お願いします。


FXメルマガやっています。初回10日間無料で読めます。


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

2018年FOMCメンバーはハト派?タカ派?

今週は

8日    ポスティック・アトランタ連銀総裁、

ウィリアムズSF連銀総裁

9日    ローゼングレン・ボストン連銀総裁

カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁

10日  エバンズ・シカゴ連銀総裁

ブラード・セントルイス連銀総裁

11日  ダドリー・ニューヨーク連銀総裁

これらの発言があります

そこで今年投票権のあるFOMCメンバーのスタンスをまとめてみました

 

 

 

無料メルマガを不定期で発行。
登録お願いします。


FXメルマガやっています。初回10日間無料で読めます。


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

2018年はどんな年?

  

 

それぞれ4日に発表されたJPMorganのグローバルPMIです
一番最初はPMIと製造業生産、もちろん一致していますが

55.4と2011年以来の高水準

 

先進国が総じて強いのですが欧州、特にドイツが好調です

英国、米国、日本も悪くないです

 

ただ4日発表の米製造業ISMは上昇(58.2→59.7)しましたが、

5日発表の米非製造業ISMはやや減速(57.4→55.9)

 

昨年の流れ世界経済の成長→企業業績のアップ→株価上昇

このサイクルは2018年も健在だと思います

 

そして経済の好調さ→人手不足→賃金上昇→インフレ率の上昇

FRB利上げ継続、ECB出口へ向かう流れ、ユーロ度ドルの綱引き

BOJは変わらず円安の流れ

2018年中盤ぐらいまではこの流れが続くのではと思います

 

そしてFRBやECBの引締め方向への流れが、

経済をややスローダウンさせるのは

2019年中盤から?

そうであれば株価はそれに先行して2018年後半から調整に入るのか

 

いまはぼんやりと、そんなイメージです

 

無料メルマガを不定期で発行。
登録お願いします。


FXメルマガやっています。初回10日間無料で読めます。


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

今日は中央銀行祭り

今日は各国の中央銀行の金融政策発表が目白押しでした

みんなFOMCの決定を見てから、動くというパターンなんでしょうか

スイス中銀、ノルウェー中銀、トルコ中銀、英中銀、ECB、

そして4時にはメキシコ中銀が発表します

ここまで動いているのはユーロ

ユーロドルは1.1860をつけた後に1.1775付近まで下落しています

ユーロドルだけでなく、ユーロポンド、ユーロ円も下落しユーロ全面安

しかしなんといっても今日のチャンピンはトルコ中銀です

事前予想ではLLW(後期流動性窓口金利)の引き上げ、

翌日物貸出金利の0.25~1%の利上げを予想していました

しかし1週間物レポレートを8%、翌日物貸出金利を9.25%、

翌日物借入金利を7.25%に据え置き、後期流動性窓口金利を

0.5%引き上げ12.75%としました

左のチャートはドルトルコリラ、利上げを期待して3.8023付近まで下落

しかし失望感から3.8946付近に上昇

ここは下落前のサポートであり、一目の基準線が位置しています

せかっく利上げ期待で落ちた分を全戻ししてしまいました

左のチャートはトルコリラ円です

こちらも29.679付近まで上昇し、一目の雲と

60日移動平均線に止められていましたが28.845付近に下落

一目の基準線で止められています

どちらも、このレベルを抜ければトルコリラ売りが加速する

際どいレベル

さてどうなるか

チャートはヒロセ通商さんのものです

 

無料メルマガを不定期で発行。
登録お願いします。


FXメルマガやっています。初回10日間無料で読めます。


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

英中銀の利上げを受けたポンドの下値、上値めど

 

 

 

英中銀の金融政策委員会は7対2で0.25%の利上げを決定し

政策金利を0.5%としました

予想されていた通りでしたが、織り込み済みでポンドは

下落してしまいました

 

あるいは2名の反対があり全会一致でなかったことを嫌気したのか

声明文の内容か、インフレレポートで来年以降のインフレミット見通しを

引き下げたからなのか

明確な理由は見当たりません

 

チャートはポンドの日足です

チャートに組み合わせているインディケーターは

週間ピボットと月間ピボットです

 

月間のピボットは1.3236、

週間は1.3159

でどちらも下抜けしているので

戻りのめどになるか

 

月間のサポート1が1.3072、

週間のサポート1が1.3040

一応ここら辺が短期の下値のめどです

 

無料メルマガを不定期で発行。
登録お願いします。


FXメルマガやっています。初回10日間無料で読めます。


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

米耐久財受注と新築住宅販売

 

無料メルマガを不定期で発行。
登録お願いします。


FXメルマガやっています。初回10日間無料で読めます。


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

週末は材料盛りだくさん

 

昨晩発表されたフィラデルフィア連銀景況指数は

現況が27.9と前回の23.8、予想の22を上回りました

6ヶ月先の予想は前回55.2から46.4に低下

いずれも高い水準ですが、新規受注などは低下しています

従業員指数が大きく伸びたことが数字を引き上げました

 

とはいえ今日は

米上院が2018年会計年度(2017年10月~2018年9月)の大枠となる予算決議案を

賛成51、反対49の僅差で可決したことを受けて、

上院で共和党が単独で税制法案を通過させる可能性が高まったということで

ドル上昇の流れが加速しました。

何もなければドルロングにしたいのですが、

スペインのカタルーニャで自治権が止まる可能性

FRB議長がハト派のイエレン議長かコーンNEC委員長か、

タカ派のテイラー教授、ウオーシュ理事にきまるかで

ドルは正反対の動きになるでしょう。

週末はちょっとポジションもてない感じです

 

無料メルマガを不定期で発行。
登録お願いします。


FXメルマガやっています。初回10日間無料で読めます。


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
2 / 20512345...10...最後 »