豪ドルの下落トレンドのターゲットは?

audusd2014.4.29

audjpy2014.4.29

euraud2014.4.29

ここのところとレンドレスなマーケットが続いています

そんな中でオージーが下落トレンドが始まりそうです

上から豪ドル、オージー円、ユーロオージーの日足

豪ドルは0.8660~0.9460の23.6%0.9270、

一目の基準線0.9290

200日移動平均線 0.9250 
ここらへんを下抜けしてきてます

4月3日の安値 0.9205 

60日移動平均線0.9180

38.2%戻し 0.9150

ここら辺が短期にターゲット

オージー円は88.22~96.50の23.6% 94.55付近

ここが先週からサポートされています
ここをぬけると 

60日移動平均線が94

38.2%戻しが 93.35付近
ここら辺が短期のターゲット

ユーロオージーは
3月26日以降レジスタンスになっていた1.4960~70を上抜けし

1.5にのせてきました

豪ドルの上値は重いのですが、もう一押しがあれば下落が加速すると期待しています

4月30日(水)20時より岡三オンライン証券さんで

【ドル円分析講座、利食い、損切りとなる節目】をテーマに
セミナーを行います。
ドル円相場の現状を分析しながら、短期的なトレード手法や、

ドル円に限らず実践的なリスク管理に関してお話します。
是非ご覧ください

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

 

新興国が崩れリスクオフに

usdindex1.24.20142014


audjpy1.24.2014

昨日の中国のPMIをきっかけに、世界的なリスクオフの流れになりました

とはいえ今日の上海総合指数は0.8%高

チャートはドルインデックスと豪ドル円です

ドルインデックスは81.40付近から80.60付近まで急落

先週のドル円の急落時のレベルまで下落
一時割り込みましたがサポート中

ユーロ、ポンドの上昇などがありましたが

スイスが一番強く、ついで円、ユーロ、ポンド、 
オセアニア通過は弱く
新興国通貨も下落

やはりリスクオフの流れになっています

新興国やオセアニア通貨は下げがきついです

豪ドル円は、昨年8月の安値86.40~10月の高値95.65の
50%戻しの91がブレーク

61.8%戻しの90円も割れつつあります
この流れが続きそうです

1月25日土曜日は、大阪でサンワード貿易さんのセミナー開催です

東京都大阪の会場に別れて、東京は 今井きよしさん北野琴奈さん

大阪会場は池水雄一さん、石川久美子さん、私です

東京、大阪で討論会もあります

大阪の方、もしお時間あれば、会場でお目にかかりましょう

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

本日の注目材料 まずは日経、豪ドル

中国PMI12.02.2013

米ISM12.02.2013

2001年12月2日は、あのエンロンが破綻した日です

いよいよ12月相場、激動の2013年もあと1ヶ月です

今週はイベント盛りだくさん
今週来週と今年最後の勝負どころかもしれません

本日のポイントは
日経平均は金曜日の下落では15500円がサポートされましたが、
ナイトセッションでは
先物は15680で終了していいます

15727、先物の15750を超えて上昇できるかどうか

8時50分に財務省が7~9月期の法人企業統計が発表されます

ここで企業の設備資額が注目されます

ドル円は102..60~70、ユーロ円も139.60~70付近の金曜日の高値を上抜けできるか

ユーロ円、ユーロオージーなど高値をつけた後にやや下落していますが、

ここが一旦天井件になるのかどうか

まずは9時30分に豪10月建設許件数、

10時45分に中国の11月HSBC発表の製造業PMIは発表されます

上のグラフは中国の国家統計局発表のPMI 前回の51.4にたいし51.4と横ばい

本日のHSBCのPMIはどうなるか

豪州、中国の指標を受けて豪ドルは0.9050~0.92の先週のレンジをブレークできるかどうか

18時にはドイツ、ユーロ圏の11月製造業PMI

22時58分に米マークイットPMI

24時に11月米ISM製造業景況指数

下のグラフは米ISM製造業景況指数です前回56.4に対し55の予想

しかし7月以降強い数字が続いています

この傾向が継続できるかどうか
これらの指標でも十分動きそうですね


ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログへ
人気ブログランキングへ

日経平均は大幅下落、豪ドルの半値は維持

日経平均10.25.2013

audjpy10.25.2013

チャートは日経平均の日脚と豪ドル円の4時間足です

なんか台風の進路が微妙で、せっかくの週末の予定が立ちませんね

わたしは台風で四国、九州方面の出張が中止になってしまいました

残念

水曜日、本日と日経平均は大きく下落、本日は398円安です

なんかその割にはドル円の97円が、まだサポートされてます。不思議

9月の高値14800円が抜けなくて14000付近まで下落かろうじて一目の雲でとまっています

三角持合が煮詰まってきてるので、11月はどちらかにブレークしそうですが

本日も中国の短期金利は上昇

中国人民銀行が3回連続でレポ(資金供給)見送りで、指標になる7日ものレポレートは

昨日は6.94%と6月以来の高さ

中国がだめだとやはりオージーは反発しませんね

昨晩は93.20付近がサポートされ93.60間で上昇しましたが、再び93.20付近に

93.20付近は9月30日の安値90.70付近~10月22日の高値95.65付近の50%戻し

ここがサポートできるかどうか短期的には重要です

ただ本日は中国、日経の大幅下落の割には、豪ドル円はまだこのレベルをサポートしてますし

ドル円も97円がサポート中

海外市場で、このレベルが維持できるかブレークするか注目中

10月31日は岡三オンライント証券さんで月例のYEN蔵のFX塾 【テクニカル分析徹底講座】を行います。

皆様から要望の多いテクニカル分析について、今回は基礎の基礎から勉強したいと思います。

初心者の方でもわかりやすく、中上級者の方にも復習できる内容を考えています。

この機会にテクニカルの勉強を一緒に始めてみませんか?

東洋経済オンラインさんで、雇用統計、オリンピックを受けたマーケット展望を書きました。

タイトルは編集の方がつけたのですが、さすがにうまいですね。まねしなきゃ

ランキングに参加しています

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ

豪ドルは弱含み、サポートレベルは

usdindex10.24.2013

audjpy10.24.2013

euraud10.24.2013

昨日から中国ネタが市場を動かしています。

昨日は中国人民銀行が資金供給を行わず、緩やかな引き締めに向かう動きがでて

7日物レポレートが上昇し、本日も5%でオープンしました。

しかしHSBCの中国製造業PMIは50.9と9月の50.2、予想の50.4を上回り日経平均は上昇。

豪ドル、豪ドル円も反発しましたが、結局行って来いとなり豪ドル、豪ドル円は弱含み

チャートは、ドルインデックス、豪ドル円、ユーロ―オージーです。

ドルインデックスは79.20~30で下げ止まっていますが、これはドル円と豪ドルの下げで

ユーロドルの上昇が帳消しになっているからでしょう。

ユーロドルは1.38のバリアーを抜けて1.38付近で推移しています

1.3850にはオプションバリアーがあるために、手前は売りなのでやや上値が重くなっていますが

ここが抜けられるかどうかというところでしょう

結局、FRBのティーパーリング先延ばし期待のドル売りでユーロが堅調、

中国人民銀行の引き締めスタンスで豪ドルの売りということで

結果としてユーロオージーが上昇しています

豪ドルの0.96付近、豪ドル円の93円付近がサポートできるかが、目先の

重要サポートレベルとみています

10月31日は岡三オンライント証券さんで月例のYEN蔵のFX塾 【テクニカル分析徹底講座】を行います。

皆様から要望の多いテクニカル分析について、今回は基礎の基礎から勉強したいと思います。

初心者の方でもわかりやすく、中上級者の方にも復習できる内容を考えています。

この機会にテクニカルの勉強を一緒に始めてみませんか?

東洋経済オンラインさんで、雇用統計、オリンピックを受けたマーケット展望を書きました。

タイトルは編集の方がつけたのですが、さすがにうまいですね。まねしなきゃ

ランキングに参加しています

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ

中国の経済指標は?

上海総合指数7.15.2013

audusd7.15.2013

audjpy7.15.2013

チャートは上海総合指数、豪ドル、豪ドル円の時間足です

注目された中国の経済指標が発表されました。

そもそも中国の各省のGDPを合計したら、中国全体のGDPを上回ってしまったという噂があるくらいの中国経済指標ですが、いまや豪ドルの命運を握っているともいえます。

第2四半期のGDPは7.5%と第1四半期から鈍化。

外需の低迷(純輸出の寄与度は0.1%)が足を引っ張りました。中国経済は輸出に引っ張られていますから、他の国の経済が悪ければ影響を受けます。

国家統計局は全体的に安定しており、適切な範囲に収まっていると指摘しました。

ちょっと前までは保八とか呼ばれてGDPが8%を下回ると雇用が不安定になり暴動が起こるとも言われていましたが、今や政府の公式目標も7%台が精いっぱい。

中国も6~8%ぐらいが巡航速度になってきたのかもしれません。

むしろ景気減速が長期的な改革の取って好ましいと中国政府は考えているようです。

6月の鉱工業生産は5月の9.2%から8.9%に低下

6月の小売売上高は5月の12.9%から13.3%に上昇

数字を受けて売られていた豪ドルはむしろ反発

金曜日の安値0.9付近からショートカバーっされていますが、目先0.91.20~30付近のレジスタンス(0.93~0.9の38.2%戻し付近)が抜けられれば0.92付近まで反発が期待できますがちょっと重そうです。

豪ドル円も引用日の安値89.70付近からのショートカーバになっていますが93.06~89.70の23.6%戻しの90.50~60付近が目先のレジスタンスになっていて抑えられてます。

抜ければ38.2%戻しが91、50%戻しが91.40~50付近がターゲットになるのですが

上海総合も0.6%ほどの上昇になっています

7月24日は外為どっとコムさんで【YEN蔵式 カワセ★ドリル】というWEBセミナーを行います

今回新企画のなのですが、双方向で受講者参加型のセミナーです。

以前からセミナーではチャットにお答えする時間を多くとってきましたが、今回はその拡大版みたいな感じです

テーマをいくつか設定して、参加者の方からの意見や私の意見を交えてトークするみたいな

カワセ討論会みたいなイメージです。

ご参加お待ちしています

東洋経済オンラインさんで「ドル安円高局面は、終了したのか」という記事を書きました。

伝説のトレーダー藤巻さんも「円暴落とハイパーインフレで、日本は復活する」と自説を書いておられました

東洋経済オンラインさんで「進む円安ドル高、次の重要なドルの節目は?」という記事を書きました

東洋経済オンラインさんで、「1ドル100円突破のX デーはいつか」という記事を書きました。

遠のいてしまいしたが

東洋経済オンラインさんで、年度末、日銀政策決定会合までの予想とオプションの影響を書きました。

東洋経済オンラインさんで日銀総裁と今後の日銀の緩和とマーケットの影響にに関して書きました

東洋経済オンラインさんで連載が始まりました

ドル円、クロス円の調整について書きました。

ランキングに参加しています

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ

中国株と豪ドル円が連動

上海総合6.25.2013

上海総合6.25.2013 No2

audjpy6.25.2013

中国で市場が動揺しています

中国政府がシャドーバンキングへの締め付けを強化し、ある程度の破たん、ハードランディングもやむなしという姿勢に市場が動揺。

6月末は資金需要が集中する中、監督機関の監査も重なっているなかで、中国人民銀行が上昇する短期金利を放置していることも市場の動揺を誘っています。

シャドーバンキングと呼ばれる、大手銀行を通さない貸し出しや、理財商品と呼ばれる投資商品で資金を集めて不動産などに投資する仕組みがバブルの元凶と、中国銀行がつぶしにかかっている可能性があります

集めた資金の償還が6月20~30日に迫っており、資金調達がうまくいっていないという観測も

チャートは、上海総合指数の日足(昨日まで)、上海総合(本日の動き)、豪ドル円のチャートです

上海総合指数は、2012年12月3日の安値1959.77を割って、昨日は5%超の下げで1963.24

本日は1850付近まで下落しましたが、反発してほぼ昨日の引け付近まで反発。

中国人民銀行、CBRC(中国銀行業監督管理委員会)、CSRC(中国証券監督管理委員会)の三者が会議を開くという噂もでて反発。

ハンセン指数もプラス転しました

これを受け豪ドル円は89.60付近から」90.30付近まで反発しましたが、欧州勢は売りからのようです

豪ドル円は重要サポートの89~90円を一時われましたが、このレベルを挟んで一進一退。

このレベルがサポートして90~100に戻るのか、サポートできずに80~90に戻ってしまうのか

重要な分岐点に来ています

上野のパンダの想像妊娠?もわかり、上野精養軒や東天紅の株価が急落。

中国に振り回された1日になってしまいました。

6月27日は岡三オンライン証券さんで「売買タイミングの見つけかた、短期トレード戦略」というセミナーを行います。

ご要望の多い、エントリーの仕方、ストップ、利食いの置き方を、実際の私のトレードなどを参考にお伝えします

すでに質問を受け付けて、セミナー前に岡三さんのブログやセミナー時にできるだけお答えするようにしますので、参加の方は質問をどんどんお寄せください

東洋経済オンラインさんで「ドル安円高局面は、終了したのか」という記事を書きました。

伝説のトレーダー藤巻さんも「円暴落とハイパーインフレで、日本は復活する」と自説を書いておられました

東洋経済オンラインさんで「進む円安ドル高、次の重要なドルの節目は?」という記事を書きました

東洋経済オンラインさんで、「1ドル100円突破のX デーはいつか」という記事を書きました。

遠のいてしまいしたが

東洋経済オンラインさんで、年度末、日銀政策決定会合までの予想とオプションの影響を書きました。

東洋経済オンラインさんで日銀総裁と今後の日銀の緩和とマーケットの影響にに関して書きました

東洋経済オンラインさんで連載が始まりました

ドル円、クロス円の調整について書きました。

ランキングに参加しています

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ

豪ドル、豪ドル円は際どいところで止まりました

audjpy6.12.2013

間違えてJGBのチャートを張り付けてしまったので豪ドル円のチャートに差し替えました

昨日は、日銀の政策決定会合で、国債市場を落ち着ける策がでなかったことを嫌気して、円高、株安が進みました。

期待された日本版LTRO(固定金利オペの期間延長)の採用が見送られたことが引き金になりました

昨晩の海外市場はドル円が95円台まで急落、日経平均先物も急落でリスクオフモードで嫌な感じでしたが、米国株が落ち着いていたこともあり、持ち直して、本日もドル円と日経平均が反発しました。

チャートはオージー円の週足です。

90円がサポートされ、本日は91円台後半まで反発しています。

豪ドルの0.93~0.94、豪ドル円の90円は、長期的なサポートレベル(その前はレジスタンスだったところ)、

ここをした抜けしてしまうと豪ドル円は70~90円のレンジ、豪ドルも0.85~0.94のレンジに逆戻りしかねない重要なレベル。

何とかホールドしたことで反発しました。

ここがホールドできるかどうか長期的に重要なところです

昨日の日銀は12時前に発表

この時間が決まっていないのはなんとかならないでしょうか

世界の主要中銀で時間が決まっていないのは日銀だけです

おまけに黒田日銀総裁の記者会見

ECBはHPで、FRBも各種メディアで、記者会見を同時に視聴できます

記者会見がクローズドで、終わってから発表されるのは日銀だけです

いまどき国会中継だって見れるのに、日銀総裁の会見がみれないなんて

黒田総裁、市場を味方につけたいのであれば考えてください

本日は22時30分からラジオ日経さんで「北野誠のFXやったるで」に出演します

最近の金利の上昇と市場の乱高下について話します

6月27日は岡三オンライン証券さんで「売買タイミングの見つけかた、短期トレード戦略」というセミナーを行います。

ご要望の多い、エントリーの仕方、ストップ、利食いの置き方を、実際の私のトレードなどを参考にお伝えします

すでに質問を受け付けて、セミナー前に岡三さんのブログやセミナー時にできるだけお答えするようにしますので、参加の方は質問をどんどんお寄せください

東洋経済オンラインさんで「ドル安円高局面は、終了したのか」という記事を書きました。

伝説のトレーダー藤巻さんも「円暴落とハイパーインフレで、日本は復活する」と自説を書いておられました

東洋経済オンラインさんで「進む円安ドル高、次の重要なドルの節目は?」という記事を書きました

東洋経済オンラインさんで、「1ドル100円突破のX デーはいつか」という記事を書きました。

遠のいてしまいしたが

東洋経済オンラインさんで、年度末、日銀政策決定会合までの予想とオプションの影響を書きました。

東洋経済オンラインさんで日銀総裁と今後の日銀の緩和とマーケットの影響にに関して書きました

東洋経済オンラインさんで連載が始まりました

ドル円、クロス円の調整について書きました。

ランキングに参加しています

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ

豪ドル円100円のバリアーを粉砕できるか

豪失業率3.15.2013

audjpy3.15.2013

昨日のオーストラリはの雇用統計はびっくりの数字。

就業者数が7.15万人の増加で予想の9000人を上回りました。

人口3億人の米国の雇用統計で23万人増えたとか盛り上がっているときに、

人口2100万人の国で7万人ですから、本当ですかという数字です。

オーストラリアも移民の国ですが、確か1970年代ぐらいまでは白豪主義で、白人しか

移民できなかった記憶が。

その後、移民の窓口を広げアジアの経済発展にすり寄ってきたというか、うまくコラボレーション

してきたののがオーストラリア。

2010年には過去40年で最高水準の人口の伸び率でしたが、その時はやはり自然増加1に対して

移民2の割合で増加していました。

1997年に香港が中国に返還される前に、共産主義を嫌がる香港市民が大量にオーストラリアや

カナダでパスポートを取りに移住したことがありました。

上の表はオーストラリアの失業率と労働参加率を1993年からグラフにしたもの。

失業率は青線で左の数字です。

1993年の11%!!から低下し続けてリーマンショック前は4%まで低下。

リーマンショック後6%まで上昇しましたが、5%ぐらいまで低下して今は5.4%とやや上昇傾向

それでも歴史的にみれば低い水準なのは中国のおかげなのでしょう。

赤いラインで左側の数字は労働参加率。

こちらも1993年ごろの62%付近から一時66%付近まで上昇。

現在は65.3%ほどです。

この数字を受けて豪ドル、豪ドル円が急騰。

チャートは豪ドル円の日足です。

13日までは6連騰で、雇用統計前から上昇が続いていました。

青いラインは5日移動平均線ですが、5日線を下回らずに上昇は強さを感じます。

さすがに100円を前にやや失速ですが100円はやや大き目のオプションバリアーがあり

昨日もバリアーに絡む売りが出ていたようです。

99.40~50付近は12日の高値付近で、ここが短期のサポートレベルになっています。

99円台前半をサポートし100円を粉砕しに行けるか。

100円を超えても100.50にもバリアーがあるようです

東洋経済オンラインさんで、年度末、日銀政策決定会合までの予想とオプションの影響を書きました。

東洋経済オンラインさんで日銀総裁と今後の日銀の緩和とマーケットの影響にに関して書きました

東洋経済オンラインさんで連載が始まりました

ドル円、クロス円の調整について書きました。

ランキングに参加しています

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ

豪州のCPI上昇で豪ドル上昇

豪CPI10.25.2012

豪CPI10.25.2012

audusd10.25.2012

audjpy0.25.2012

昨日のオーストラリアCPIは6月の1.2%から2%に上昇。RBAが注目するトリムCPIは2%から2.4%に上昇。

豪州のインフレ指標の上昇で豪ドル買いになりました。

炭素税の導入が影響していると思われますが、これの影響は正直よくわかりません。

エネルギー価格などの上昇には寄与していますが、0.2~0.5%ぐらいの影響ではないかとの説もあります。

チャートは豪州のCPI(青)とトリムCPI(赤)です。

2011年の3%台からはかなり落ちてますから、まだ利下げの余地はありますが、11月はこれでないのではないかと思います。

2番目のチャートはRBAの1960年代からのCPIの動き

現在のRBAのターゲットは1990年代からの2~3%付近ということで、現在このターゲット内で推移しています。

この数字を受けて豪ドル、豪ドル円は上昇。

豪ドルは1.01台がサポートしレジスタンスになっていた1.03台前半をブレーク、10月18日の高値1.0450付近をブレークできるかどうか。

豪ドル円も79~83のレンジがまだ継続中。

日経新聞に10兆円の緩和を検討の記事で、ドル円の80円をブレークして豪ドル円も83円台を回復。

79.~83.50が抜けられるかどうか。

10月25日20時からインヴァスト証券さんで【中央銀行の緩和を受けた今後のマーケット】というテーマでセミナーを行います。

9月から~10月にかけての各国中銀の金融緩和がようやく効果が出だしたのか、最近はややリスクオンの動きになっています。

この動きはQE2の時と似ています。QE2と比較しながら、この緩和の効果がどこまでドル安、ユーロ高、円安、株高になるのかどうか検証してみたいと思います。

まさにこれから来年にかけてのマーケットを占うのに良いテーマなのでご期待ください。

ランキングに参加しています

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ

1 / 512345