米雇用統計の結果はゴルディロックス?

4月米雇用統計結果2015.5.94月米雇用統計結果2、2015.5.9

昨晩は岡三オンライン証券さんで恒例の【ガチンコ雇用統計】をやりました

いつもどおりたくさんお投資家の皆さんにご覧いただきました。ありがとうございました

 

雇用統計の結果は上の表のとおりです

非農業部門雇用者数は前月の8.5万人(12.6万人から下方修正)→22.3万人増加しましたが予想の23万人はやや下回りました

失業率は前月の5.5%→5.4%に低下し予想の5.4%どおりになりました

時間当たり賃金は24.84ドル→24.87ドルに0.1%上昇となり予想の0.2%を下回りました

建設業が9000人減少から4.5万人増加、輸送保管が8.1万人から15.2万人に増加、ここら辺は天候の影響でしょうか

 

労働人口は9.6万人減少から16.6万人増加し労働人口の増加でも失業率の低下は良い失業率の低下でした

パートタイマーも含むU6失業率も10.9%から10.8%に低下

労働参加率は62.7%から62.8%に上昇

非農業部門雇用者数は20万台を回復しましたが3ヶ月平均は19.1万人

失業率、労働参加率、賃金上昇はまあまあでしたが、総じて予想通りに結果でした

3月が悪すぎたので、4月の回復にはやや不満足かもしれませんが、

5月以降の回復を見てみないとわからないというところがマーケットの総和ではないでしょうか

というのは

米2年債利回りが0.635→0.571%

米10年債利回りが2.178→2.142%に低下

ダウは267ドル高の18191.11ドルで終了しました

債券利回りはここ1週間の上昇の反動もあったのでしょうが、

Fedの利上げが9月から12月にとの予想が増えたという印象で、ゴルディロックス相場

低金利継続で債券安、株高、ドルはそれほど上がらないという解釈になったのでしょう

 

 

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

米国雇用統計 その2

NFP5、2015.4.4


NFP3,2015.4.4

米雇用統計の続きです

米国は移民の国ということで、さまざまな人種が生活しています

ニューヨークに旅行された方は多いと思うのですが

またニューヨークに在住されていて私より詳しい方も多いと思います

ニューヨークにはチャイナタウン、リトルイタリーとか人種ごとの

あるいは民族毎のコミュニティーなんかもあります

シティバンクのディーリングルームに行ったときは、

やはりさまざまな人種と民族が働いていました

当然雇用統計でも人種ごとの失業率も発表されます

上のグラフがそれです

一番失業率が低いのがアジア系で3.1%

シティのディーリングルームでもぱっと見20~30%が
アジア系という感じ
あくまでイメージですが

1世が移民で英語も話せずに低賃金の仕事でがんばり

2~3世がいい大学をでてウォール街の金融機関に就職する

必ずしもそれが幸せというわけでもないですが
そんなサクセストーリーもあると聞いたこともあります

1990年に初めてニューヨークいったときに

友人がNYU(ニューヨーク大学)に留学していて案内してくれたのですが

コリアン・デリというお店があり、
日本のコンビに見たいな店が
ちらほら見かけました

コリアン・デリをググると違う業態が出てきますが

あくまでそれじゃないですからね

これは1990年代ニューヨーク界隈の、

もしかしたら私の友人が通っていたNYUあたりだけで

通用した単語なのかもしれません

何でコリアン・デリなのかといえば、
韓国・朝鮮系移民の人が
経営しているケースが多いから

八百屋・果物屋といえば昔はイタリア系だったらしいのですが

アジア系の手先の器用さ、清潔さでイタリア系を駆逐して

八百屋・果物屋+コンビニみたいな業態をコリアンデリと呼んでいたようです

コリアンデリ経営者の息子・娘たちが
アイビーリーグの大学でて
ウォール街の金融機関に就職していたのかもしれませんね

ま~2000年以降はIT業界なんでしょうが

いまでもあるのかなコリアンデリ

米国の失業率にはこのように明確に人種間の差があります

2番目のグラフは経済的な理由からパートタイムで働いている人の数と

それらの人々を含めた失業率

660万人の人がパートタイマーで、

これらの人を失業者にカウントすると失業率は10.9%に上昇します

イエレンFRB議長が注目しているいくつかのポイントのひとつがこれです

パートタイマーは総じて賃金が安く、

これらの人々が正社員となって賃金が上昇しないと

物価も上昇せず、利上げの継続が難しい

フルタイムの仕事に就けずに、
賃金の上昇が緩やかというのは
先進国共通の悩みですね

ここら辺はピケティの格差の拡大にも繋がるテーマです

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

米雇用統計はOMG!!

NFP2015.4.4


NFP2,2015.4.4


NFP4,2015.4.4

Oh My Gosh!

昨晩は岡三オンライン証券さんで、恒例のガチンコ雇用統計をやりました

今回は10回記念ということで、友人のウルフ村田が遊びに来てくれて

1時間半のロングバージョンで盛り上がりまして

しかし、しかしです!!

米雇用統計は驚きの結果

これは大変なことになると思いましたが、

グッドフライデーで欧州、米株式市場が休場で参加者がいないのか

以外に反応が緩やかでした

上から、米雇用統計の各項目と
非農業部門雇用者数の推移

項目はロイターから、グラフはFTからです

非農業部門雇用者数が予想の24.5万人に対し12.6万人

失業率は5.5%と横ばい

2月分は29.5から26.4万人

1月分は25.7から201万人

合計で8.7万人も下方修正
結構ぶれるんですよね

だから今回の結果も来月の修正があるのか、

3か月分ぐらいのトレンドを見る必要がありますね

失業率が変わらなかったのは労働人口が9.6万人減少のためか?

ただ良い側面もありました

注目の時間当たり賃金は24.79から24.86ドルに0.3%上昇

長期失業者数は270.9から256.3万人に減少

U6失業率 11から10.9%に低下

ここら辺が評価されたのかもしれません

FTのグラフを見てください

2014年後半から25~30万人の非農業部門雇用者数が普通でした

2014年11月なんて42.3万人とありえん数字が出ていました

しかし2013年は15~20万人ぐらいで推移しており

20万を超えてきたのが2013年後半からです

米国は移民の国なので15万ぐらいが
失業率を下げるほどの
大きな雇用増加のボトムラインといわれています

(ここら辺は人口の増加もあり微妙に変わってくると思いますが)

ですから15~20万人が継続できれば、じわり失業率は低下してきますし

それほど悪くはない

ま~25万人以上がズ~ト続いていたのが良すぎた面もあります

過去の推移を見ると25万が続くというのできすぎで
15~20万で十分という感じです

今後の推移が15~20万で落ち着くのか

再び20万以上となるのか

あるいは今回の12.6万を中心に10~15万になるのか
見極めることが必要でしょう

そもそも2013年ごろは失業率6%割ったら利上げを始めると言ってたのにもう5.5%です

むかし5%といえば完全雇用と言われていたのに

にもかかわらず賃金が上昇しない

何故?という感じです

普通失業率が低下し、人が雇えなくなれば賃金が上昇するはずです

この経済学で言うところの需要と供給のバランスが
昔のようにならないところに、

リーマンショック以降の
経済の変化があるのでしょう

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

ADPと雇用統計

ADPとNFP2015.4.1

3月のADP民間雇用者数が発表されました

結果は18.9万人
昨年1月以来の20万人割れの水準


ADP Research Instutute

詳しくはADPのHPで

さて上のグラフはADPNFP(非農業部門雇用者数)の推移です

最近ADPとNFPの連動性が少し薄れています

とはいえ11月の42.3万人はできすぎでここからは低下傾向

最近唯一強い米国指標は雇用統計なので

ここが崩れると痛い

ダウは167ドル安

ドル円の売りというよりはクロス円の売り

リスクオフの円高復活ですか


豪ドルショート
はキープしています

その割には日経平均先物は20円安と小動き

3日の雇用統計は岡三オンライン証券さんで
ガチンコ雇用統計です

今回はあのウルフ村田が遊びに来てくれます
乞うご期待

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

雇用統計の分析と今後の予想

米雇用統計2015.2.8

米雇用統計2015.2.8.2

金曜日の米雇用統計はサプライズでした。

まず非農業部門雇用者数は25.7万人  予想は23.4万人

しかも12月分が 25.2万人→32.9万人
11月分が35.3万→42.3万人に上方修正

特に11月分は17年ぶりの高さで3ヶ月で100.9万人の雇用が創出されました

平均は33.63万人とこちらも大きな数字
失業率は5.7%と5.6%から上昇しましたが、
これは労働人口が70.3万人と急増したため (前月は27.3万人の減少 )
雇用環境がよく求職者が増加するのは良い兆候です

注目された平均時給は24.75ドルと0.5%上昇

前月の-0.2%を相殺してなお上昇しました

ただ年率で見ると2.2%と最近は2%付近をうろうろ

リーマンショック前の3%以上から見られると賃金の上昇は緩やか

ここらへんがイエレン議長が一番気にするところ
ただ賃金の上昇が鈍いの世界的な傾向

さて強い雇用統計でFedの利上げ時期が早まるかという期待感から

米長期金利は上昇しドル高になり、ドル円は119円台を回復しました

しかし米国株は下落
今後、米国株が利上げを嫌気して急落しなければ、
小幅下落に留まれば
ドル円はサポートとされ、日経平均は上昇するのではと見ています

一方で金利の上昇で米国株の下落が大きくなれば
、リスクオフ的な動きで
円高、株安となるのでしょう

2月14日はサンワード貿易さんで【バレンタインスクランブル】というセミナーをやります
大橋さん、上村さんなどと 株、為替、商品のバトルトークやります

きっちりしたセミナーというより、それぞれの人たちの投資スタンスが聞けて
面白いと思います
お時間あれば是非
大橋さんから来場の皆様にチョコ―レートプレゼントがあるようです 

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

11月米雇用統計の分析

米雇用統計2014.12.6

米雇用統計2、2014.12.6

雇用統計凄かったですね
私は岡三オンライン証券さんガチンコ雇用統計でライブ中継しました

ご覧いただいた皆様ありがとうございます

しかしびっくりな結果でしたね

実は30万人ぐらいになるのではないかとの噂は事前に出ていました

このことは中継でも申し上げましたが、
この噂もありドル円は指標前に
120円台中盤まで上昇していました。

まずは非農業部門雇用者数32.1万人!!

10月分も21.4→24.3万人に上方修正
9月分も25.6→27.1万人に上方修正で
ここで4.4万人の上方修正

時間当たり賃金も24.66ドルと0.4%上昇し久々の上昇

財生産部門の製造業、建設業の雇用が増加しました

労働人口も11.9万人増加しました

U6失業率は11.5→11.4%に低下

長期失業者数は291.6→2815.万人に低下

内容もよくすばらしい指標でした

イエレンダッシュボードの分析はまた後ほど

12月20日13時から投資LABさんで久々の会場セミナーを行います

【YEN蔵のトレードアイデア~長い時間と短い時間の融合トレード】というタイトルです

友人のJACKさん執筆の【百人百色の投資法】出版記念です

この本は株式、FX、不動産の個人投資家にJACKさんがインタビューして
それぞれの市場の投資の極意を聞き出しまします
とっても面白い本です

こちらで紹介したトレード法を、今回はお伝えしようと思います

私が日々のトレードで利用している、極めて効果のあると私は思っている手法を
お届けします

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

米雇用統計でドル売り

米雇用統計

米雇用統計2、2014.11.8

昨晩、岡三オンライン証券さんのガチンコ雇用統計ご覧いただいたの皆さんありがとうございました。

おかげさまで視聴数がまた伸びました
来月もよろしくお願いします

さて米雇用統計の印象、悪くないのに伸びなかった

10月の雇用統計で110円に届かずに失速したことが蘇りました

雇用統計分析してみましょう

非農業部門雇用者数は21.4万人 予想の23.5万人は下回りました ×

9月分は24.8→25.6万人
8月分は18→20.3万人に上方修正  

失業率 5.8% 予想の5.9%を下回る  ○

時間当たり賃金 24.54→24.57ドル +0.1%  

労働人口 41.6万人増加 9月9.7万人減少  ○

労働人口が増加して失業率の低下は良い傾向です

労働参加率  62.8%  9月62.7%  ○

U6失業率 11.5%  9月 11.8%  

長期失業者数(27週以上) 291.6万人 9月 295.4万人  ○

このように細かいポイントも総じて良好でしたが

非農業部門雇用者数が予想に届かなかったことと
賃金の伸びが低かったことで、
Fedの利上げ時期は早くないとの思惑から
利食いのドル売りとなったのでしょう

しかしドルの動きはいやらしかったですね

115.50アッパーのストップをつけ114.50割れまで落として

再度115円台をやってから、結局下落でした

米10年債利回りは前日の2.382%→2.3012%に低下

米2年債利回りも前日の0.5497%→0.5025%に低下でドル売りに

賃金上昇が弱いことでFedの利上げ時期が来年後半の思惑も出て

債券利回りは低下しました

米プライマリーディーラーは6月までの利上げ予想が多いのですが

ただ先週は社債の大量発行、来週は米国債の入札があるために

債券のヘッジ売り需要もあり利回り低下が抑えられた可能性もあります

株式は小動きながら上昇で

ダウは 17573.93ドルで +19.46ドル

SP500は 2031.92ポイント +0.71ポイント

ナスダックは 4632.53ポイント -5.94ポイント

コメックス金12月ものは 1169.8ドルで +27.2ドル

WTI先物12月物は 78.65ドル +0.74ドル

ドルインデックスは87.66と88とサポートできずドル売りに

金も久々に反発しました

来週は少しドル買いの調整が出るんではないかと思い
ドル円ショート、キウィロングにしてみました

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

米雇用統計の分析

2014.10.6

2014.10.6B

2014.10.6C

金曜日のガチンコ雇用統計参加の皆さん、ありがとうございました

数字も予想外でマーケットも盛り上がり、楽しい収録でした

写真は収録の様子です
オンデマンドでの視聴もできます

米9月雇用統計2014.10.6

米9月雇用統計B2014.10.6

表は米雇用統計の結果です

非農業部門雇用者数は24.8万人と予想を上回り

8月分も14.2万→18万人、7月分も21.2万→24.3万人に上方修正され

雇用の増加ペースが衰えていないことは評価されます

失業率が5.9%に低下したこともいいのですが

これは労働人口が9.7万人減少した影響もあり、数字ほど良くないです

賃金の上昇も総賃金で労働時間が増加したことで増えましたが

時間当たり賃金は0.01ドル減少

時間当たり賃金の増加ペースは年率で1.7%と増加率が低下

イエレンFRB議長が重視する賃金の上昇はいまひとつです

総じて強い結果なのですが
細かいところを見ると、前面的に強いともいえない結果でした

気になるセミナーの紹介です
友人の元日本株ファンドマネージャーの森原さんが
徳川家の殿と組んで投資セミナーを10月18日にやります
私は結婚式で(自分のじゃないですよ)残念ながら出れません

ウクライナ、香港など地政学的リスクがきな臭いときに
徳川さんのお話、是非きいいてみたいです

また日本株につて元ファンドマネージャーからのお話も捨てがたい
有料(2000円)ですが、またすこし営業はいるかもしれませんが
価値のあるお話聞けると思います

お申し込みはこちらから
MANコンサルティング資産運用セミナー

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

米雇用統計の結果

米雇用統計2014.9.6

米雇用統計2.2014.9.6

昨日は岡三オンライン証券さんで武部さんとガチンコ雇用統計をやりました

視聴していただいた皆さん、ありがとうございました

21:30分 情報端末のブルームバーグを注視していたのですが

出てきた数字は142K 6.1% !!!

これ驚愕とは言いませんがかなりショッキングな数字

6.1%は想定内ですが 

142Kとは
Kというの米国の統計でよく使うのですが
1000の単位です
ですから142K=149000人

もともとの予想が22.5万人
6.1%(ロイター)

最近サプライズがなかったので、正直言ってこの数字は間違いではないかと
躊躇してしまい
、数字を読み上げるのに時間がかかってしまいました

情報ベンダーが間違えた数字を出すことは、まれですけどあるので

上の表がロイターからとった内訳です

NFPは 7月が29.8万人→26.7万人、8月が20.9万人→21.2万人

イエレンFRB議長が重視するイエレンダッシュボードの中で

重要項目の賃金の上昇は、時間当たり賃金が24.47→25.53ドルに0.2%上昇

7月分が24.44→24.45、8月分は24.45→24.47に上方修正

賃金は着実に上昇しています

前年比で見ると2.1%の上昇でインフレ率を上回っています

賃金上昇率>インフレ率=生活は豊かに

製造業の雇用が0と良くないです

小売業も前月の2.09万人増加から8400人の減少

労働人口が7月の32.9万人増加から6.4万人減少

これが失業率を下げた原因でしょう

一方でパートタイマーも含めたU6失業率は12.2%から12%に低下

27週以上の長期失業者は315.5万人から296.3万人に低下

労働参加率は62.9%から62.8%に低下

ここら辺の数字もイエレン・ダッシュボードです

ここのところ米雇用環境は著しく改善してきました

8月分だけではわかりませんが、
20万人をこえる強い雇用回復が
一息ついた可能性もあります

長期的な数字はU6失業率や長期失業者数の低下でトレンドが継続ですが

今後の数字が15~20万人ぐらいに落ち着くのかどうか

9月以降の数字に注目しましょう

今日深夜にいよいよ錦織圭選手がUSオープン準決勝に登場です

日本人初の4大トーナメント決勝進出なるか

みんなで応援しましょう

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

 

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

雇用統計は強かったのですが….

米雇用統計2014.7.3

米雇用統計2.2014.7.3

米雇用統計の結果です

非農業部門雇用者数は28.8万人と予想の21.5万人を上回りました。

5月分は21.7万人→22.4万人、4月分も28.2万人→30.4万人と2.5万人上方修正されました。

失業率は6.3%から6.1%に低下予想の6.3%を下回りました

雇用者数が40.7万人増加、失業者数は32.5万人減少し、

労働人口は8.1万人の増加する中での失業率の低下は好材料です

イエレンFRB議長が気にしている賃金に関しては、
4月は横ばい、
5月は0.2%上昇、6月は0.2%上昇で年率で見ると2.3%に上昇しています。

ただ雇用が大きく伸び失業率が大きく低下している中で考えると、

賃金の伸びはそれほど大きくなく、ここら辺がFRBが労働市場の緩みと
表現するところで、
今後FRBが動くヒントになるところでしょう。

パートタイムも含むU6失業率は、5月の12.2%から12.1%に低下しましたが、

パートタイム人口は依然として750万人以上と高水準です。

労働参加率は62.8%となり、こちらも先月から横ばいで1978年以来の低い水準に留まっています。

総括すると
昨年第4四半期19.8万人の増加、2014年第1四半期は19万人増加

第2四半期は27.2万人増加と力強く回復しています

しかし賃金が大きく上昇せず、ここがとインフレ率が2.5%以下である限りは

FEDは利上げは急がない
ここら辺の安心感が
10年債利回りが2.64%とそれほど上昇しな?理由でしょうか

ゴルディロックス相場はまだ続きそうです

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

 

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

1 / 612345...最後 »