ドル円の終値と日経平均

usdjpy30m 2014.12.31

2014年の最終立会い日の日経平均は279.07円安の17450.77で終了

全般的で利食いの売りが出たのか上値の重い動きで、
リスクオフ的な動きになってしまいました

リスクオフ的な流れを受けて欧州時間でもドル円は120円を割れて下落が加速

ロングの投げが一気に出たようで、119.円割れで一旦底打ち

上のチャートはドル円の時間足

16日の安値115.55~23日の高値120.81の38.2%が118.80でピタリと止まりました


usdjpy2014.12.31

2番目のチャートはドル円の30分足

反発は119.75~80付近まで

120.81~118.85の50%もどしが119.82付近
今はここら辺がレジスタンスになっています

東京市場が休みの間に海外は本日、1月2日と2営業日あります

ここで119.80を抜けて120円台で折り返してくるか

118.80を抜けたら115.55~120.81の50%もどしの118.15~20付近までの

リスクもあルと思います

5日の東京でドル円が120円台で帰ってくるか、118円台前半でかえってくるかで

動きが全然違ってくるのではないでしょうか

118円だいだとやはり17000円を試しに行く展開になってしまうのでは

119円台でうろうろして帰ってきたら17200~300円はサポート?

こんなイメージですが、さて2日間東京が休みの間のドル円が気になりながら

2015年を迎えます
皆さん1年間ありがとうございました
来年もよろしくお願いします

新年、最初のイベントは1月9日の米雇用統計です

今月も岡三オンライン証券さんでガチンコ雇用統計のライブ放送やります

武部さんと一緒に為替はもちろん、債券、株式の動きもお伝えしますので

是非ご覧ください

今週の日経ヴェリタスで岡三オンライン証券の大杉社長のインタビューが掲載されています

そこで大杉社長も述べられていますが300人で始まった
セミナー視聴者の方々も
12月のときは1400人となりました

重要情報満載でお伝えしますので、是非多くの方にご覧いただきたいと思います

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

今週の動きと来週の予想

週間為替レンジ2014.11.15

週間株式レンジ2014.11.15

久々のアップになってしまいました
今週を振り返ってみたいと思います

いろいろありましたが日銀のハロウィン緩和のあと円安は加速しました

最初のグラフは為替の週間レンジです

ドル円1.57%の上昇とさすがに上昇力が鈍ってきました。

一方でドルインデックスは0.02%の下落

ドルインデックスは88.36まで上昇しましたが、2週連続で88.35付近が上値になり

今週は小幅に下落しましたが87.61で終了し高値圏で膠着状況です

一方でユーロは下げ止まり(+0.45%)

豪ドルは1.32%の上昇

キウィは1.85%の上昇
とオセアニア通貨の上昇が目立ち、
ここら辺がドル高を抑えています

そのため豪ドル円は2.9%の上昇

ニュージーランド円は3.45%の上昇

ランド円は3.51%の上昇

カナダ円は2.03%の上昇

ドル円がややスピードが落ちた分、クロス円の上昇が円安を加速させました

株高、円安というリスクオン的な動きが今週の流れでした

唯一インフレ見通しが低下したポンドは1.29%の下落となりました

株価を見ると

日経平均が3.62%上昇

TOPIXが2.69%上昇

DAXは0.42%下落

ダウは0.35%上昇

SP500は1.21%上昇

ナスダックは1.21%上昇

DAXと上海総合以外は上昇となりリスクオン的な動きになっています

さて来週は,いまのところG20で円高牽制発言は出てきてません

17日のGDPが悪くても増税は延期でやや注目が薄れましたが

あまり悪い場合は株価に影響を与えるでしょう

さすが日経平均の25日移動平均線との乖離は10%

RSI90%とかなり怖いレベル

急落はなくても時間調整はありそうで下落リスクはあるでしょう

そのときに先週までさえなかった新興市場に資金が循環できるかどうか

ここが崩れちゃうと、ちょと調整が長引くかもと思っています

為替も、株も押し目を狙いたいのですが
押し目買いに押し目無しですかね

友人の元ファンドマネージャーが株式セミナーをします
今回ベーシックなこと中心ですが、彼の話は有益なので
お時間がある方は、覗いてみてください

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

日経平均のポイント

日経平均月足2014.11.3

チャートは日経平均の月足です

10月のレンジは16533.91~14529.03で2004.88円

1ヶ月のレンジとしてはかなり広く、

おまけに10月31日の先物のクローズは16960円

シカゴ日経の円建てのクローズは17025となり

実質10月末の終値は17000円付近となっているために

先物の安値14370から先物ベースのレンジだと2620円
(先物の高値は31日の16990円)

下ひげを大きくつけて、これだ下ひげが出たのは2013年6月以来

ここから上のポイントとしては2007年10月の17488.97

2007年6月の18297

2007年の高値をトライできるかどうか

週末の時点で日経平均のRSIは64.7

騰落レシオは81.3
この二つは急騰した割にはまだ全然危険水域ではありません

しかし25日移動平均線との乖離が5.6%、
75日移動平均は5.3%

200日移動平均との乖離が8.2%となってます

特に200日線との乖離は気になります

あとは日経が17000円台ということはPERが17倍
やや割高レベルです
とはいえ押し目は9月の高値16350~16400が精一杯でしょう

11月7日は雇用統計で
岡三オンライン証券さんで
武部さんとガチンコ雇用統計を行います

回を重ねるごとに面白くなっていくと大好評です

為替だけでなく、株、ボンドを幅広くお話しするのと

22~23時と1時間ゆっくりやります
発表前は解説、ポイント、売買戦略

発表後は指標の解説、売買戦略
と盛りだくさんでお話します
ブルーンバーグを前に、指標結果も即座にお伝えします
是非、実に来てください

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

日経はSQで反転

日経平均2014.8.10

金曜に書きましたが、やはり今月もSQが底になりましたね

ま~今月はまだ終わっていないので、
先週の安値14753.84をブチ抜ける可能性もあるのですが

ニューヨークは185ドル高

日経平均先物は200円高の14960

シカゴ日経平均先物は250円高の15010

何もなければ15000円は越えで、どこまで伸びるかでしょう

7月31日の高値15759.88~8月8日の安値14753.84の

38.2%戻し 15125付近

50%戻し   15250付近

61.8%戻し  15375付近

25日移動平均線との乖離は8日時点で-3.73%

25日移動平均線は15350円付近

当面15250~15350のギャップを埋められるかどうかがキーとなるでしょう

ここが抜ければ底打ち
抜けられずに反転しても、
地政学的リスクが落ち着けば
前回安値の14753.48バックで2番底狙いでしょう

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

 

日経平均はSQが底?

日経平均とSQ2014.8.8

昨日の岡三オンライン証券さんのFXトレードタイムにも書きましたが

日経平均は2月以降、米雇用統計付近天井、SQ付近が底で動いていました

チャートは日経平均で黄色丸が米雇用統計の日、水色丸がSQです

米雇用統計の前日の7月31日に15759.66の高値をつけた日経平均は

SQの本日450円安の1477837と15000円割れて急落でした

米国なんていつでも戦争してるのに、イラク限定空爆で日経暴落もよくわかりません

ま~底値を探りに行く動きなんでしょう

今日のダウが16200~300をサポートできるか
できなければ16000でしょう

来週の日経平均が14500~600をサポートできるか

今日の米国とドル円が101円台前半をサポートできるかにかかっていると思います

明日は13時から豊商事さんの名古屋でセミナーです

そこらへんの株と為替の話をします
名古屋の方お時間あれば

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

 

日経平均は調整?

日経平均2014.6.10

為替のほうはECB理事会、米雇用統計というビックイベントにもかかわらず
動きがあまり出てきません。

ただ昨日も書きましたが、債券市場が面白いことになっているので

そのうち動き出すかもしれませんね

しかし株式市場のほうは為替よりはましな動き

チャートは日経平均の日足です

6月3日に15000円にのせていましたが、本日は14994.80と15000円割れ

特段材料がありませんでしたが、5月22日以降調整もなく上昇していたので

利食いデーでしたね

RSIが93%まで上昇、25日当落レシオも一昨日に126.1%まで上昇していましたから

さすがに一息ですね

今週はSQなので明日あさっても動きそうですが、
SQで15000円サポートできるのかどうか
心理的にはだいぶ違いますよね

とはいえ

200日MAが14701.2、

75日MAが14586.6

25日MAが14529.4

上昇前にもみ合った14600~14700円は重要なサポートレベルになりそうです

4月3日の高値15164.39はブレークしましたが、
3月7日の高値15312.6付近を
上抜け失敗

14700~15200でもみ合いでしょうか

友人の高山さんが6月19日に赤坂で外国為替の基礎講座セミナーをやります

基礎講座で有料になりますが、高山さんはオプションなどに関しても詳しい方です
ご興味あれば

6月21日(土)は14時からサンワード貿易さんのセミナーを名古屋で行います

【YEN蔵が語る夏の陣】です

名古屋方面の皆さん、是非遊びに来てください

もちろん東京、大阪からでも大歓迎です
お待ちしています

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

 

日本株は踏ん張りどころ?


日経平均先物2014.4.11

TOPIX先物2014.4.11

VI指数2014.4.11

ドル円の下げもとまらず、米国株は強烈に下げて、
明けて東京市場は株価下落

こんなときだからこそ少しポジティブな材料を探してみましょう

上から日経平均先物、TOPIX先物、VI先物です

日経平均は皆さんご存知のように225銘柄構成されている代表的な株価指数

ただファーストリテーリング、ソフトバンク、ファナックなどの値嵩株の動向に
左右される
欠点は以前から指摘されています

今日は323円安 2.26%下落

TOPIX(東証株価指数)は東証1部の全銘柄の時価総額の合計の終値ベースで基準日と比較

こちらは銀行株のウェートなどがでかく、いわば日本株式会社的な指数

本日は11.1ポイント安 0.97%下落

日本株式会社は日経平均ほどには下がっていません

そんな中で日本株式会社の雄、トヨタ自動車は0.77%だか
トヨタ上昇、
TOPIXが健闘して、日経平均が14000円を維持できれば
それほど悲観することもないかなと
、やせ我慢ですが

3番目がVI指数の先物
ボラティリティインデックスです26.35%

ボラティリティは今週の下落で24%台から上昇していますが

2~3月下落したときの27~28%からはまだ低く、ボラは落ち着いています

私のオプションの師匠もここを指摘していました

これはしたサイドに対する恐怖がない?

なぜか、ここのところ日本株の下落の割にはボラティrティがあがってきません

もちろんボラティリティが方向感をあらわすものではありませんが、

普通に考えれば日経平均の14000円割れ、ドル円も101.30割れとなっても

下値不安がそれほど盛り上がらないのも不思議です

14000~15300のレンジと達観しているのか

でもどう考えても株もドル円も重いですよね

4月30日(水)20時より岡三オンライン証券さんで

【ドル円分析講座、利食い、損切りとなる節目】をテーマに
セミナーを行います。
ドル円相場の現状を分析しながら、短期的なトレード手法や、

ドル円に限らず実践的なリスク管理に関してお話します。
是非ご覧ください

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

 

人民元でアルゴが暴れる

日経平均3.19.2014

usdjpy3.19.2014

日経平均とドル円の5分足です

午後1時半ぐらいから突然ドル円は101.35付近から101.60へ

日経平均は14302.37をつけた後に14663.54まで360円上昇

ショートカバーといえばそうなんでしょうけど、いくつか話題になっていました

人民元の1ドル=6.2に仕組み物のトリガーがあったので、
これがついた場合
円高、株安を見込んでドル円、日経平均先物の売りを
仕掛けていたHF(ヘッジ・ファンド)
あるいはアルゴの買戻し

黒田日銀総裁が、公益財団法人・国際通貨研究所(IIMA)で講演するので

そこでの金融緩和発言期待

ま~やはりポジションの傾きで薄い中でアルゴガ暴れているということでしょうか
FOMC前、ウクライナ問題も有り動きずらいなかで空中戦という感じですね

101.20はストップという噂もありましたが、101.30付近妙に硬かったですよね

それを売り崩そうとしていて失敗問い感じでした

ただ昨日の戻り高値101.80付近あるいは101.90~102付近を超えられないと
101円台の動きになりそうですね

4月3日19時より岡三オンライン証券の武部さんと対談します
力蔵のガチンコ対談です
最近の方向感のない相場はどうなるのかといったことを話します
FOREX NOTEのプレゼントもありますので
ぜひご覧ください

ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログへ
人気ブログランキングへ

日経平均のポイント

日経平均3.06.2014

厚生労働省は、公的年金の財政検証で、経済成長率が異なるケースに応じた

複数の報告案をまとめました。

そのなかで、年金財政を安定化し、適度なインフレ環境に移行しつつある中で

国内債券中心の運用を示す必要はないとしました。

GPIFのポートフォーリオを国内債券中心から、インフレ経済にも対応できる

国内株式や海外債券、株式にシフトする可能性が高まるかもしれないという期待から

円売り、株高が後場から加速しました。

チャートは日経平均です
2月25日に15094.54の高値をつけた後に、
ウクライナ危機で
3月3日に14431.1の安値まで下落。
本日このニュースで15134.75で引けました

12月30日の高値16320.22~2月4日の安値14008.47の38.2%戻しが14870~14880付近

50%戻しが15150~15160付近

61.8%は15440~15450円付近

75日移動平均線が15265円付近

この15150~15450円のゾーンが抜けられるかどうかがポイントになるでしょう

木曜日の日経平均は下落するというアノマリーを粉砕して
雇用統計前に上昇しましたが、さてどうなるか

 

<br />ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
<a  href="http://fx.blogmura.com/"> <img  src="http://fx.blogmura.com/img/fx80_15.gif" width="80" height="15" border="0" alt="にほんブログ村 為替ブログへ"></a><a  href="http://blog.with2.net/link.php?722532">

</a><a  href="http://blog.with2.net/link.php?722532"><img  src="http://image.with2.net/img/banner/banner_24.gif" width="88" height="31" border="0" alt="人気ブログランキングへ"></a>
<br /><br />

日経平均のレジスタンス

日経平均2.19.2014

昨日は日銀のなんちゃて緩和もどきで日経平均、ドル円は急騰

全然緩和ではないのですがアルゴリズム取引は、貸出増加を支援するための資金供給と

成長基盤強化を支援するための資金供給の規模を2倍(ダブル)にするという文言に

反応したのではないかといわれています。

もともと3月に期限が来るので、期限の延長は予想されていましたが

規模2倍はサプライズでした

株価全体が上昇してないのは日経平均は3%強上昇しましたが

TOPIXは2%台、新興市場はそれほど上がりませんでした

ショートになっていた日経平均先物とドル円がショートカバーされたのでしょう

ですからドル円はフォロースルーがなく、日経平均も本日76円安となりました

ただ450円高後の76円安ですから、意外とつよいのではないかと思います

チャートは日経平均の日足です
14800~14900円のゾーンがレジスタンスになっています

25日移動平均線が14988.9と15000円付近に低下してきているので

25日移動平均線と株価の乖離率はほとんどなくなってきました

14800~900のゾーンを抜けて75日移動平均線の15180円付近まで上昇できるか

ドル円も102円台後半を抜け103.台中盤に上昇できるか

14800~900 102.70~80

15100~200 103.50~60

ここら辺が重要なレジスタンスのポイント、抜けられれば上昇相場転換とみていますが

しばらくはレンジかもしれません


岡三オンライン証券さ
んで2月26日20時からWEBセミナーを行います
今回は【デイトレ集中講座】です
今回はデイトレの基本から実践的売買テクニックを披露しまうs
セミナーでデイトレをマスターしていただければと思いますお待ちしています

 

ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログへ
人気ブログランキングへ

1 / 712345...最後 »