ユーロドルはショートカバーしましたがレジスタンスは?

eurusd2015.6.2

本日はややターニングポイントになった日でした。

日経平均は20543.19円と26.68円安となり連騰は12で止まってしまいました。

ここまで連騰記録は1960/12/21~1961/1/11 の14連騰

1988/2/10~1988/2/27の13連騰

そして1986/3/1~1986/3/15の12連騰と並びました

 

そしてドル円は125.04と125円のオプションバリアーを粉砕して125円台を示現しましたが、

125円台を維持できずに123円台後半に下落。

日経平均が12連騰で止まったこと、ドル円の125円台で反転したことが

どこかテンポラリーには達成感がでたのか、なんとなく本日のニューヨーク市場を予感する雰囲気でした

 

ユーロ圏の5月のCPIは前年比+0.3%となり予想の+0.2%を上回りました

またギリシャが1日に包括的改革案を債権団に提出、ギリシャ問題が進展

これらを受けてユーロドルはレジスタンスになっていた1.10をブレーク

4月の米製造業受注は前月比-0.4%と予想の-0.1%を下回り3月の+2.2%から減少しました

この数字を受けてドル売りが加速し1.1195付近、ドル円も124円割れに

 

チャートはユーロドルの時間足です

5月15日の高値1.1460~27日の安値1.0820の38.2%もどしが1.1060~70

下落すれるとすればこのあたりがから1.11がサポートレベルになるでしょう

50%もどしが1.1140付近

61.8%もどしが1.1220付近

22日の戻り高値が1.1210付近、

1.0820起点のフィボナッチエクスパンション1.618倍が1.1190付近となっています

 

1.1190~1.1230にかけてはポイントが目白押し

この1.1220~30を上抜けするであれば1.1320~30付近が次のターゲットになるのでしょう

1.1220~30が止まるのであれば1.08~1.12のレンジ

その場合はドル円も123.40~50付近がサポートされドル買いのチャンスになるのかもしれません

ドイツアンワインド、ユーロドルのポイント

usdindex2015.4.30

えうるsd2015.4.30

ドルインデックスとユーロドルの日足です

ここまでユーロキャリートレードという感じで来たマーケット

ECBの量的緩和の効果が出てきて

ドイツ10年債利回りは0.1%を割れ(10年お金貸して利回りが0.1%以下ですよ!)

ドイツDAXは4月10日に12390.75の高値をつけ

ユーロドルは少し前ですが1.0460付近まで下落したが

それがおとといの米国GDP付近から逆回転

よわいGDP 出ドル売りの流れに

ここまでのシナリオは強い米経済、利上げ近し、ドル高、米国株高

それがかげりが出てきて、ここまでのポジションのアンワインド

債券王ビル・グロスはドイツ国債最大の売り場と御託債

昨日はユーロ圏のCPIが横ばいとなり、前月の-0.1%5ヶ月ぶりにプラス圏に

ドイツ国債売り、DAX売り、ユーロ買いもどしが一気に炸裂

さてこの流れが続くのかどうか

ユーロドルの1.1270~1.13付近とドルインデックスの94付近がポイントになりそうです

ここら辺少し時間差というかギャップがあるかもしれません

ユーロではドル売り、ドル円はドル買い、オセアニア通貨はまだドル買いと

まちまちなので

ただこのレベルを抜けると1.15とかあるのかなと思っています。

 

ユーロのショートカバーとサポート

ユーロドル2015.2.2

ユーロ円2015.2.2

上はユーロドル、下はユーロ円の時間足です

欧州序盤ユーロスイスが下落後の高値を更新

ユーロドル、ユーロクロスの上昇が目立ちます

ユーロドル、ユーロ円とも下落後に反発した1.1420、
134.35が
レジスタンスになっていますが、
安値からのそれぞれの高値の50%もどしも
サポートされており、

ここが下抜けできるか、高値を更新するかで
動きが出てくるのでは

雇用統計前にショートカバーやるのかな

2月14日はサンワード貿易さんで【バレンタインスクランブル】というセミナーをやります
大橋さん、上村さんなどと 株、為替、商品のバトルトークやります

きっちりしたセミナーというより、それぞれの人たちの投資スタンスが聞けて
面白いと思います
お時間あれば是非
大橋さんから来場の皆様にチョコ―レートプレゼントがあるようです 

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

ユーロ圏も異次元でユーロ下落

ユーロ圏CPI2015.1.7

12月ユーロ圏CPIは前年比-0.2%

11月の+0.3%、予想の-0.1%を下回りました

マイナスになったのは2009年10月以来です

エネルギーや加工食品を除いたコア指数は+0.7%と10、11月と変わらず

エネルギーー価格が-6.3%、未加工食品が」-1%となり

エネルギー価格の下落が総合指数を押し下げました

チャートはCPIとユーロドルの動きです

CPIの低下→ECBの追加緩和期待→ユーロドルの下落の流れがわかります

ドイツ10年債利回りは0.439%と過去最低値を更新

次元の世界が世界中で起こっています

今日は欧州株式市場堅調で、雇用統計前に今日は
ショートカバーがはいってる感じですね

新年、最初のイベントは1月9日の米雇用統計です

今月も岡三オンライン証券さんでガチンコ雇用統計のライブ放送やります

武部さんと一緒に為替はもちろん、債券、株式の動きもお伝えしますので

是非ご覧ください

今週の日経ヴェリタスで岡三オンライン証券の大杉社長のインタビューが掲載されています

そこで大杉社長も述べられていますが300人で始まった
セミナー視聴者の方々も
12月のときは1400人となりました

重要情報満載でお伝えしますので、是非多くの方にご覧いただきたいと思います

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

ユーロドルはギャップの上限1.2が重要

ユーロドル2015.1.5


ドイツCPI2015.1.5

2日のドラギECB総裁のインタビュを受けてユーロドル売りが加速

1.2を割れて2010年6月の安値1.1875を割れて1.1860付近まで下落しました

その後反発して1.1975付近まで、
ギャップを埋めに来てますが、
ギャップの上限の1.2がやはり重要

サポートされていたところなので、抜ければレジスタンスになる可能性が高く

ここが抜けられなければ1.18~1.2のレンジになるのでは

下のグラフはドイツのCPI
22時に発表されます

水曜日のユーロ圏CPIの前哨戦になりますが

前年比で前回+0.6%、予想は0.3%

前月比で前回0%   予想は0.1%

これが意外と強かったりすると、ユーロドルはショートカバーされて

1.2を完全に超えると、一旦底打ちかもしれません

新年、最初のイベントは1月9日の米雇用統計です

今月も岡三オンライン証券さんでガチンコ雇用統計のライブ放送やります

武部さんと一緒に為替はもちろん、債券、株式の動きもお伝えしますので

是非ご覧ください

今週の日経ヴェリタスで岡三オンライン証券の大杉社長のインタビューが掲載されています

そこで大杉社長も述べられていますが300人で始まった
セミナー視聴者の方々も
12月のときは1400人となりました

重要情報満載でお伝えしますので、是非多くの方にご覧いただきたいと思います

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

ユーロ圏指標悪化でユーロ安


ドイツZEW


eurusd2014.10.14


eurusd horly2014.10.14

ユーロ圏の経済指標が弱く、ユーロは急落。

1番目のグラフはZEW10月ドイツ景況感指数(期待指数)
-3.8と、
9月の6.9から急落、予想の0も下回りました

10月ユーロ圏景況感指数(期待指数)も+4.1と前月の14.2から急落

8月のユーロ圏鉱工業生産指数も前月比1.8%減少と予想の1.6%減少を下回る

この数字でユーロドルは1.2640付近まで下落

3日の1.25~木曜の1.2790の50%戻しがこのレベル

金曜日は61.8%の1.26付近がサポートしています
(2番目の時間足のチャート)

ここら辺のオプションは、本日のピンが1.27が1.2ヤード
1.2625が2.4ヤード

何もなければ1.26~1.2750ぐらいのレンジになりそうですが

リスクオフ的な動きでクロス円も下落し日経平均先物も40円安
DAXは0.7%安ぐらいで推移中

米国株しだいですね

今日はJPモルガン、ウェルズ・ファーゴ、シティ、インテルの決算発表

金融株が米国株を支えるか、下抜けになるか
日経平均もダウが止まれば反発するのでしょうが

今週16日はサワード貿易さん主催の【落語・外為裁きを楽しむ夕べ】に出演します

サンワード貿易さんの植村さん、陳さん、FXアドバーザーの横尾さんと

為替、商品のオークセッションの後に、
柳家花緑師匠の落語を聞くという
盛りだくさんのイベントです

19時から秋葉原で、しょっと趣向を変えた面白いイベントなので是非

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

ユーロドルのコレクション狙い

usdindex2014.8.28

昨日はドルインデックスの82.50が重要と書きましたが下抜けしました

きっかけはECB高官の発言。

ECBが来週の理事会で行動を起こす可能性は低いという報道

28日発表のドイツCPIと29日発表のユーロ圏CPIしだいとのこと

欧州序盤はGfk消費者信頼感指数が8.6と低下したことで

ドイツ10年国債利回りは0.896%と過去最低

スペイン10年債利回りも2.087%、

イタリア10年債利回りも2.346%と過去最低を記録

しかし1.3251がサポートされ、この発言で1.3210付近まで上昇

その後もレジスタンスになっていた1.3185~90がサポートされ

日経平均の下落、ドル円の下落でドル売り
ユーロドルも1.32台を回復しています

1.3185~90がサポートしたことで1.3175ストップでユーロを軽くロング中

まずは月曜のシドニーでギャップを明けた1.3235~40付近が上抜けできるかどうか

そこを抜けたら戻り高値の1.3280~90付近がターゲットです

ま~あくまでユーロのダウントレンドはまだ継続中で、ユーロオージーを見ても重いし、
コレクション狙いなので
欲張らずに、どこかでショートに転じれればと思います

上昇したらストップを上げながら、細かくトレードします

いよいよ来週です、好評につき9月の雇用統計もやります。

9月5日の21時から武部さんとWEBセミナー
【武部力也とYEN蔵のガチンコ雇用統計】をやります。

1回目より2回目は格段に良くなったとお褒めをいただき、

3回目もさらにパワーアップするように武部さんも私もスタッフの方々もがんばっています。

他では見られないような株や、債券のお話を織り交ぜながら、

濃い内容で皆様の雇用統計トレードにお役に立つような実況中継をおこないますので、
是非ご覧ください。

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

 

ドイツ国債は1%割れ!、それでユーロは上?

ドイツ10年国債利回り2014.8.14

今日はユーロ圏の重要指標が目白押し。

4~6月期のドイツGDPは前期比-0.2%、前年同期比+1.2%

予想の前期比-0.1%、前年同期比+1.4%を下回りました
これでユーロドルは1.3355付近までやや下落

注目されたユーロ圏7月CPIは前年同月比+0.4%と予想通り

前月比では-0.7%と予想の-0.6%を下回りました

ユーロ圏4~6月期のGDPは前期比横ばい、前年比+0.7%

予想は+0.1%、+0.7%

チャートはドイツ10年国債利回りです

GDP発表前に1%を割れて0.998%と市場最低値に

ユーロ圏では日本と同じようにデフレ気味が進行中

資金の受け皿としてドイツ国債に資金が向かっているのでしょうが
日本国債に続いての1%割れ

CPI、GDPがほぼ予想通りだったために利回りは反発

ユーロドルも1.3395付近まで反発

1.33台前半はまだオプションのストライクがあり

1.33はオプションのバリアーが観測される中で買いもあり、

一旦ショートは撤退というところでしょうか

最近の高値1.3440~50付近を上抜けできるかどうかがポイント

昨日も1.3415~20でとめられましたが、
ここが抜けないと、
やはり1.34台は売りということでしょう

しかしマイポジションは、昨日からキウィのロングなのですが

こちらは0.8530~40が抜けるかどうかがキー
抜ければ0.86ぐらいまでショートカバーしそですが

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

 

ECB後の動きの理由

イタリア2年国債利回り2014.6.9

先週のイベントECB理事会では予想を上回る追加緩和でした

リファイナンス金利 0.25%→0.15%

デポ金利 0%→-0.1%

限界貸出金利 0.75%→ 0.4%

リファイナンス金利0.1%予想よりは高かったですが、これでコリドーが0.75%→0.5%に縮小

TLTO(ターゲット長期資金供給オペ) 民間融資向け資金を期間4年、最大4000億ユーロ供給

MRO(固定金利資金供給オペ) 2016年まで延長

SMP(証券市場プログラム)で供給した資金をオペで吸収する不胎化を停止

(資金吸収をやめ資金をそのまま放置)

ABS(資産担保証券)購入の準備

さまざまな政策のあわせ技で、予想を上回る結果でした。

それではなぜユーロは上昇?
やはりこの1ヶ月で1.39から1.36にユーロが下落しショートがたまっていた

5月末に1週間物のユーロプットオプションは5.8%が
直前に9.5%まで上昇
それだけオプションロングが増えて、したサイドの手当てができていた

1.35、1.3550、1.36のオプションがあった

これらの材料で1.35をサポートした後にショートカバーされたというところでしょう

こうなると次回以降は国債の大量買い取りの量的緩和が期待されます

というか、この緩和で効かなければ、もう手段がそれしかないでしょう

そこらへんを期待して欧州債券市場では利回りが低下しています

チャートは2年ものイタリア国債の利回り
ECB後に急低下しています

債券市場と為替市場は反対に動いていますが

はたして為替はショートカバー後、ユーロ下落のトレンドにもどるのかどうか

ユーロオージーなんかはすこしさげはじめました

6月21日(土)は14時からサンワード貿易さんのセミナーを名古屋で行います

【YEN蔵が語る夏の陣】です

名古屋方面の皆さん、是非遊びに来てください

もちろん東京、大阪からでも大歓迎です
お待ちしています

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

 

ECBの予想とインパクト

ECBコリドー2014.6.5

いよいよECB理事会ですね。
明日は米雇用統計と、動き出しそうです

昨日の岡三オンライン証券さんのブログYEN蔵のトレードタイムにも書きましたが

今日のECBのアクションに対する動きを予想してみましょう

その前にECBの金融政策がどのように行われているかを示したのが
上の図です

ECBのコリドー

ECBは3つの金利を操作しています

リファイナンス金利 主要金利で0.25%です

デポ金利 銀行が資金余剰のときにECBに資金を預けるときに使う預金金利 0%です

Marginal Lending facility 限界貸出金利 市場で調達できない銀行がECBからお金を借りる金利 0.75%です

そしてこれらの金利の差がコリドーと呼ばれています

今回予想されるのは

1、リファイナンス金利 0.25%→0.1% 
これだけならすでに織り込み済みでユーロ上昇の可能性も

2、デポ金利 0%→-0.1か-0.15%  これも織り込み済み

3、LTRO(長期資金供給オペ)の再開 これがあるとユーロは下落か

4、フォワードガイダンスの強化     内容次第ですが、これもユーロ下落材料、

5、いろいろの策のあわせ技       これも効果的で、ユーロの下落材料

6、FRB、BOE、BOJのように国債、MBSの買い入れ量的緩和 これなら凄いインパクト

こんなところですが、イメージだと

1だけなら(記者会見の内容は別として)動かずか、ショートカバー

1,2なら1.35台~1.36

1~4なら 1.35を割れていずれ1.32~1.33?

1~5なら 1.3~1.32?

1~6なら 1.3割れ

あくまでインパクトの強さなので、レートはどうなるかわかりませんが
こんなな感じをイメージしています

もちろん1~2だけでも、記者会見でドラギECB総裁が超ハト派的になれば

ユーロ下落の可能性はあります

Lets see です

6月21日(土)は14時からサンワード貿易さんのセミナーを名古屋で行います

【YEN蔵が語る夏の陣】です

名古屋方面の皆さん、是非遊びに来てください

もちろん東京、大阪からでも大歓迎です
お待ちしています

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

 

1 / 2112345...10...最後 »