2014年最後マーケットと2015年の注目点

レンジ2015.1.1

usdindex2015.1.1

皆様新年明けましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします

上のグラフは昨日のマーケットの騰落率

下のグラフはドルインデックスの月足です

2014年最終日は年末、月末のドル買いがでたのか
ドルの上昇で終了しました

ドルインデックスは年初の80.43から90.64に12.7%と

1997年以来の上昇で2006年以来の90台まで上昇しました

今年の大きなテーマはFedの利上げがいつになるのか?

今の状況だと6~9月のどこか

利上げに向けてドルの上昇が続くのでしょう

ダウは160ドル安と米国株は下落

8営業日で6%と急騰していた分の調整でしょうか

ダウは年間7.5%上昇と6年連続で上昇

SP500は年間11.4%上昇

ナスダックは1年間3.4%上昇しました

大統領選挙の前年の米国株は堅調とのアノマリーがあります

ダウは1833~2011年までで大統領選挙の前年の上昇率は際立っています

ただ上昇局面も6年目を向かえ、しかも利上げがある今年はどうなるのか?

利上げの初動では株価が急落することはないので
来年まで持つのかもしれませんが、

米国の利上げがあると新興市場ががたつくことが多く

それが引き金でリスクオフというパターンにも注意したいところ

まずは1月25日のギリシャの総選挙、ウクライナ問題、原油価格

ここら辺がリスクオフ要因なので要注意

新年、最初のイベントは1月9日の米雇用統計です

今月も岡三オンライン証券さんでガチンコ雇用統計のライブ放送やります

武部さんと一緒に為替はもちろん、債券、株式の動きもお伝えしますので

是非ご覧ください

今週の日経ヴェリタスで岡三オンライン証券の大杉社長のインタビューが掲載されています

そこで大杉社長も述べられていますが300人で始まった
セミナー視聴者の方々も
12月のときは1400人となりました

重要情報満載でお伝えしますので、是非多くの方にご覧いただきたいと思います

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

リスクオフ相場からドル買い相場へ

米CPI2014.10.23

usd index2014.10.23

昨晩はドル堅調相場でした

まず欧州序盤にECBのストレステストで数行が失格との報道

ECB報道官は憶測と否定しましたが、
これでユーロドルが1.36台後半に下落

そして米9月CPI(上のグラフ)

総合指数 

前月比 +0.1% 予想横ばい 8月 -0.2%

前年比 +1.7% 予想1.6%  8月 1.7%

コア指数(除く食品・エネルギー)

前月比 +0.1% 予想+0.1% 8月 横ばい

前年比 +1.7%  

前月比は予想を上回りましたが、グラフでみてわかるように前年比ではほぼ横ばい

5月以降の物価上昇の動きは落ち着いています

Fedが注視すPCEデフレーターは目標の2%に届かず

昨晩はドル高となりましたが、指標自体はむしろ最近の物価の安定を確認

決してFedの利上げ時期の前倒しになるような材料ではありませんでした

そのため債券市場はやや金利が低下しましたが

これは株価がダウが150ドルほど下がったためでしょう

オタワの議事堂での銃乱射に反応したようですが

リスクオフの株安、債券利回り低下というわけではなく

むしろドル円は107円台がしっかりしてドル高の流れになりました

2番目のチャートはドルインデックスの時間足

昨日はユーロの下落、CPIを受けて85.90付近まで上昇

先週15日の急落前のレベルが86付近だったので
急落をほぼ取り返しました

短期的には86.10~20付近を上抜けできるかどうか

ドルの方向性にとっては重要です

ここを抜けて上昇するにはドル円の107.50~60の上抜け

ユーロドルの1.26の下抜けあたりが必要になるのでしょう

先週からのリスクオフ相場が、株価が落ち着き

再びドル上昇相場になるのか
まだ不安定でも見合いが続くのか

今日の米国指標、各国のPMIあたりに注目です

落語聴きたい人は10月23日にゴールド落語会のイベントがあります

有料ですが、いってみようとお思います

あと大阪方面の方、25日にサンワード貿易さんの大阪で

【秋の為替をこう読む】というセミナーやります

札幌と2元中継です

最近の動き、これからどうなるのかお話します
お時間あれば是非

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

FOMC議事要旨でドル急落

米2年債利回り2014.10.9


ドルインデックス2014.10.9

FOMC議事要旨の発表を受けドルは急落

フォワードガイダンスの中の相当期間の文言を据え置いたこと

これに関しては賛否両論あったようですが、

次回10月28~29日でも議論されるでしょう

ユーロ圏や、日本、中国の経済減速の言及したこと

何よりドル高が米経済の一部に悪影響を及ぼし、

長期的なインフレ期待が若干低下するかもしれないと
ドル高に関して言及したこと

ここら辺がFOMC議事要旨が予想寄りもハト派的と見られ

米2年債利回り(上のグラフ)がサポートされていた0.5%を割れ

0.45%付近に急落

金利低下を受けドルインデックス(下のグラフ)も86付近から85.35付近に急落

ここからドルインデックスは85.20、85付近が前回とまったところ

そこらへんがドルのサポートレベルになるとすれば

ドル円なら107.70~80 あるいは107.40~50

ユーロドルであれば1.2780~90 1.2830~40付近が

ドル円のサポート、ユーロドルのレジスタンスになりそうです

今日は16時からラジオ日経さんの 【ザ・スマート・トレーダー】

という番組に出演させていただきます

体系は別にスマートではありませんが
よろしくお願いします

今週11日の土曜日は豊商事さん福岡支店でセミナーやります

3ヶ月にいっぺんぐらい呼んでただいています

こじんまりしたところで、質疑応答も時間をかけられるので

福岡近辺でお時間があるかたいかがですか

福岡は大好きな町です
たのしみな福岡出張です

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

ユーロドルのコレクション狙い

usdindex2014.8.28

昨日はドルインデックスの82.50が重要と書きましたが下抜けしました

きっかけはECB高官の発言。

ECBが来週の理事会で行動を起こす可能性は低いという報道

28日発表のドイツCPIと29日発表のユーロ圏CPIしだいとのこと

欧州序盤はGfk消費者信頼感指数が8.6と低下したことで

ドイツ10年国債利回りは0.896%と過去最低

スペイン10年債利回りも2.087%、

イタリア10年債利回りも2.346%と過去最低を記録

しかし1.3251がサポートされ、この発言で1.3210付近まで上昇

その後もレジスタンスになっていた1.3185~90がサポートされ

日経平均の下落、ドル円の下落でドル売り
ユーロドルも1.32台を回復しています

1.3185~90がサポートしたことで1.3175ストップでユーロを軽くロング中

まずは月曜のシドニーでギャップを明けた1.3235~40付近が上抜けできるかどうか

そこを抜けたら戻り高値の1.3280~90付近がターゲットです

ま~あくまでユーロのダウントレンドはまだ継続中で、ユーロオージーを見ても重いし、
コレクション狙いなので
欲張らずに、どこかでショートに転じれればと思います

上昇したらストップを上げながら、細かくトレードします

いよいよ来週です、好評につき9月の雇用統計もやります。

9月5日の21時から武部さんとWEBセミナー
【武部力也とYEN蔵のガチンコ雇用統計】をやります。

1回目より2回目は格段に良くなったとお褒めをいただき、

3回目もさらにパワーアップするように武部さんも私もスタッフの方々もがんばっています。

他では見られないような株や、債券のお話を織り交ぜながら、

濃い内容で皆様の雇用統計トレードにお役に立つような実況中継をおこないますので、
是非ご覧ください。

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

 

ドルインデックスは82.78、82.50がポイント

usdindex daily2014.8.27


usdindex 30min2014.8.27

岡三さんのブログにも書きましたが、昨晩は米国指標が強くドルインデックスが上昇

上が日足で、2013年9月3日の高値82.78に迫る82.73まで
引けは82.69でした

2013年9月3日のときはと現在は

ドル円 99.85 103.95

ユーロドル 1.3166 1.3182

ポンドドル 1.5555 1.6575

豪ドル   0.9060  0.9343

キウィ   0.7795  0.8375

ドルスイス 0.9364 0.9162

ドルカナダ 1.0532 1.0898

昨年9月よりドル高ななのはドル円とドルカナダだけです

あとはポンドやオセアニア通貨はドル安

短期的にはドルインデックスの82.50が割れるとドル売り加速しそうですが

豪ドルが強いのはユーロオージーのせいだろうな

いよいよ来週です、好評につき9月の雇用統計もやります。

9月5日の21時から武部さんとWEBセミナー
【武部力也とYEN蔵のガチンコ雇用統計】をやります。

1回目より2回目は格段に良くなったとお褒めをいただき、

3回目もさらにパワーアップするように武部さんも私もスタッフの方々もがんばっています。

他では見られないような株や、債券のお話を織り交ぜながら、

濃い内容で皆様の雇用統計トレードにお役に立つような実況中継をおこないますので、
是非ご覧ください。

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

 

ドルインデックスの動きが重要

usd index horly2.15.2014

usdindex daily 2.15.2014

先週の動きは終わってみるとドルの下落でした。

チャートはドルインデックスの時間足と日足

ドル円は0.7%ほど下落して101円台後半で終わりましたが、

ポンドが引っ張り2.1%の上昇、ユーロドルは0.6%、豪ドルは0.9%上昇しました

このためクロス円はユーロ円はほとんどフラットでしたが、

ポンド円は1.4%上昇、豪ドル円は0.2%上昇
ランド円は2.7%上昇し、
円高というわけではありませんでした
結局はドル円と日経平均だけが下落した、リスクオフというわけでもありませんでした

ドルインデックスは先週80.70付近から80.10付近へ下落し80.17付近で終了
1月24日の安値80.23を下抜け
ここから
12月30日の80.05、
12月27日の79.82、
12月18日の79.69付近がポイント

80付近がサポートできればドル円の101.50付近がサポートされ
101.50~103.50のレンジ
戻るのか

そのとき対欧州、対オセアニアでドル高が進みクロス円が下落してしまうのか

日経平均が14000円をサポートして、ドル円が101.50をサポートできないと
クロス円も下落に転じるリスクがあり、来週はここら辺がポイントになるのでしょう


岡三オンライン証券さ
んで2月26日20時からWEBセミナーを行います
今回は【デイトレ集中講座】です
今回はデイトレの基本から実践的売買テクニックを披露しまうs
セミナーでデイトレをマスターしていただければと思いますお待ちしています

 

ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログへ
人気ブログランキングへ

新興国が崩れリスクオフに

usdindex1.24.20142014


audjpy1.24.2014

昨日の中国のPMIをきっかけに、世界的なリスクオフの流れになりました

とはいえ今日の上海総合指数は0.8%高

チャートはドルインデックスと豪ドル円です

ドルインデックスは81.40付近から80.60付近まで急落

先週のドル円の急落時のレベルまで下落
一時割り込みましたがサポート中

ユーロ、ポンドの上昇などがありましたが

スイスが一番強く、ついで円、ユーロ、ポンド、 
オセアニア通過は弱く
新興国通貨も下落

やはりリスクオフの流れになっています

新興国やオセアニア通貨は下げがきついです

豪ドル円は、昨年8月の安値86.40~10月の高値95.65の
50%戻しの91がブレーク

61.8%戻しの90円も割れつつあります
この流れが続きそうです

1月25日土曜日は、大阪でサンワード貿易さんのセミナー開催です

東京都大阪の会場に別れて、東京は 今井きよしさん北野琴奈さん

大阪会場は池水雄一さん、石川久美子さん、私です

東京、大阪で討論会もあります

大阪の方、もしお時間あれば、会場でお目にかかりましょう

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

ドルインデックスの方向

ドルインデックス11.21.2013

昨晩からは明らかにドル買いの流れ
チャートはドルインデックスの時間足で
今週レジスタンスになっていた80.90付近を上抜けしましたが
14日の高値81.30が再び抑えられました
 
ドルがインデックスが81割れぐらいまで下落するのであれば、
ドル円の101はいったんお預けか
あるいは今日はドル上昇というよりは、特に欧州時間に入り円下落なので、
クロス円が底型のであれば、ユーロドル、豪ドルあたりが少し反発するのか

 いずれにせよ豪ドル、ユーロは反発したら戻り売りドル円は押し目買いのスタンスなのですが、
どこまでおすやら

22時30分の米新規失業保険申請件数、
24時のフィラデルフィア連銀景況感指数あたりを注目

24時45分にはパウエルFRB理事
25時にはバイトマン・ドイツ連銀総裁
26時30分にはラッカー・リッチモンド連銀総裁
27時にはブラード・セントルイス連銀総裁

 バイトマンさん、もしかして昨日のマイナス金利に触れないかな
ブラードさんは昨晩すでタカ派のコメントでしたからここらへんでひと波乱の可能性も

28日19時30分から、岡三オンライントレードさんで
 YEN蔵のFX塾【米ドル円、豪ドル円売買戦略】というセミナーを行います
ドル円、豪ドル円の相場予想だけではなく、
最近は日経平均との連動も強い、
これらの通貨のトレード手法をお話ししますご期待ください


ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

ドル下げ止まり、オセアニア通貨に注目

usdindex10.22.2013

audusd10.22.2013

nzdusd10.22.2013

本日発表の雇用統計を前に、為替市場はなぞの中国人です。(超閑散、様子見)

今日の雇用統計が、どれだけ信頼性があるのかはわかりませんが、とにかく政府機関閉鎖後

初めての雇用統計なので、今後の動きを占う上ではずせない指標です

昨晩もエバンズ・シカゴ連銀総裁が、「12月のFOMCで緩和縮小を決定するほど景気の回復が

十分なのかは自信を持つことが困難」と発言し、一時ドル安になりました。

ティーパーリングが3月間で伸びるならリスクオンということで、株式市場のほうは世界的に

堅調に推移しています。

本日日本株も日経平均が19円高と小幅上昇でした

さてティーパーリング延期ならドル安でしょう、ということでドルインデックス(1番目のチャート)

が79.55まで下落後79.80付近までドルの買戻しが出ています。

ドル円も98円台に乗せ強いのですが、オセアニア通貨が弱含みです。

チャートは、豪ドルの日足と、キウィの4時間足です。

どちらも高値圏から下落

昨日はオージーは0.1%下落、キウィは0.3%下落しました。

オージーは0.97のオプションバリアーがうわさされており、オプションに絡む売りが

出ていた可能性があります。

また2014年9月14日の高値1.0620付近から、8月5日の安値0.8845の50%戻しが

0.9720~30付近なので、この0.97台前半をブレークできるかどうかは、豪ドルにとって

重要なレジスタンスになりそうです

一方キウィも4月11日の高値0.8675付近、4月30日の高値0.8585が重要ポイント

いまのところ0.8430~40付近(9月19日の高値)がサポートされていますが

ここが下抜けするかどうか注目しています

10月31日は岡三オンライント証券さんで月例のYEN蔵のFX塾 【テクニカル分析徹底講座】を行います。

皆様から要望の多いテクニカル分析について、今回は基礎の基礎から勉強したいと思います。

初心者の方でもわかりやすく、中上級者の方にも復習できる内容を考えています。

この機会にテクニカルの勉強を一緒に始めてみませんか?

東洋経済オンラインさんで、雇用統計、オリンピックを受けたマーケット展望を書きました。

タイトルは編集の方がつけたのですが、さすがにうまいですね。まねしなきゃ

ランキングに参加しています

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ

サマーズ辞退でドル売りの影響は?

ドルインデックス9.16.2013

先週の日経新聞は、オバマ大統領のサマーズ元財務長官へのFRB次期議長指名濃厚と1面トップで報じましたが、見事に外れてしみましたね。

ま~日本経済新聞がWSJやFT、ワシントンポストを差し置いてFRB議長人事を断言すること自体に違和感はありましたが。

グリーンスパンFRB議長以降は、市場を見方にあるいは煙に巻いて、何かあれば金融緩和で市場を落ち着ける、グリーンスパンプット、バーナンキプットと呼ばれる政策が主流になりました。

金融市場を超金融緩和で落ち着けて、実体経済を回復させていくという、いわば金融市場主義の手法が、ここ20年ぐらいの米国の、そして世界の手法になっていました。

バーナンキFRB議長は大恐慌の研究家です。

リーマンショック以降の100年に一度?といわれた金融危機を回避して大恐慌に突入することを阻止した功労者です。

米国経済はいち早く回復し、そして世界経済も回復して、さらに発展する勢いです。

そうなると危機管理のプロである大恐慌の研究者のバーナンキさんはお役ごめんなのかもしれません。

そしてバーナンキさんはブッシュ大統領が指名した共和党員です。

そしてサマーズさん、イエレンさんは民主党員。

中央銀行は政治から独立するべきなんでしょうが、この程度の政治の影響は米国でもあるわけです。

ここからオバマ政権、そして米国にとって重要なのは、経済の発展、失業率の6%程度への低下はもちろんですが、財政再建が重要なテーマになっていきます。

9月はFOMCのティーパーリングが重要なテーマですが、10月になれば米国の財政は重要なテーマになって来るでしょう。

今までの金融市場主義から、財政再建も含めた大きなテーマの解決に、オバマ大統領はイエレンさんよりサマーズ氏が適任と見たのでしょう。

しかしサマーズ氏は候補を辞退。サマーズ氏は非常に優秀な人ですが、敵も多いようで、議会での承認が無塚しい情勢での事態になったのでしょう。

議会の野党共和党はもちろんのこと、与党の民主党からも反対が出る可能性が高い中では、サマーズ氏が仮に大統領に指名されても難しい情勢でした。

サマーズ氏は量的緩和の必要性は認めながらもQE3は効果がなかったとの立場のようで、サマーズ氏がFRB議長になれば、金融緩和の縮小が早まる観測から、先週はドル買いとなりました。

チャートはドルインデックスの時間足です。

81.40~45付近がサポートされ、81.90付近まで反発していましたが、サポートレベルを下方ブレークして81.20~30付近に下落しています。

当面81.40~45付近をレジスタンスに、8月28日の安値81.15付近、抜けると8月20日の安値80.75付近が次のサポートになるでしょう。

イエレンさんはハト派なので、イエレンさんのFRB議長候補浮上で、ドル売り、アジア株の上昇になっています。

これでイエレンさんが有力候補になりましたが、まだ人選は不透明で、ガイトナー元財務長官やコーン元FRB副議長の名前などが挙がっています。

今週のFOMCと人選問題、ますます不透明になってきました。

9月26日に岡三オンライン証券さんで、【増税判断直前スペシャル、注目の増税問題、為替相場への影響と売買戦略】というセミナーを行います。

今回は消費税の増税がある場合、どのような影響を為替相場に与えるか話します。

このシリーズはFX上達セミナーYEN蔵のFX塾 なので、このテーマ以外にも質問や、トレード手法へのワンポイントアドバイスなども、いつもどおり行います。

東洋経済オンラインさんで、雇用統計、オリンピックを受けたマーケット展望を書きました。

タイトルは編集の方がつけたのですが、さすがにうまいですね。まねしなきゃ

ランキングに参加しています

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ

1 / 712345...最後 »