ニュージーランド急落の真相は?

audkiwi2014.7.20

日経平均が15600に乗せてきたので、ドル円もようやく102円付近まで上昇しましたが、
101.80~102.20までは31日にエクスパイアリーを向かえるオプションのピンが(ストライク)
4.7ヤードドル(47億ドル、円にして約4800億円)あるという噂なので
まだレンジのマーケットが続くのでしょう。
 やるとすれば101.75買って101.95売るぐらいしかできないでしょう

 さてチャートはオージーキウィ(オーストラリア/ニュージーランド)です

今日はニュージーランドの乳業大手フォンテラが酪農家向けの乳価見通しを
 7キウィから6キウィに引き下げたことを嫌気してニュージーランド売りになりました

ニュージーランドドルは0.8550付近から0.8510付近に
下落ニュージーランド円は87.10付近から86.70付近の下落しました

オージーキウィは2013年12月に1.1030~40を下抜けした後
 1.0490付近まで下落した後反発しています

レジスタンスになっていた1.1030~40を上抜けしつつあります
まだ完全に抜けたかどうかわかりませんが
抜ければ1.12付近まで上昇しそうですその場合豪ドル上昇、キウィ下落の流れです

来月の米雇用統計では、再び力蔵の登場です。
今月の米雇用統計で岡三オンライン証券さんで ガチンコ雇用統計のセミナーをやりましたが、
ご好評につき8月1日の米雇用統計>でも再登場です。
いろいろご意見をいただき、岡三オンラインさんらしく FXだけではなく
個別株や日経先物、オプションをトレードしている方も多いようなので、
それらの投資家の方々のご意見もうけて、
日経先物やオプションの話もしたいと思います
8月1日は21時から是非御覧ください

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

ニュージーランドの利上げはあるか? 

audkiwi2014.7.18

nzdusd2014.7.18

ニュージーランドCPI2014.7.18

ニュージーランドドルが久々に暴落しています

高値を更新してましたが0.88がキャップされて下落中

きっかけになったのニュージーランドのCPIです(3番目のグラフ)

16日発表された第2四半期のCPI(消費者物価指数)は
前年比1.6%
第1四半期の1.5%からは加速しましたが
予想の1.8%を下回りました

前期比で見ても0.3%上昇と予想の0.4%を下回りました

2011年の第2四半期の5.3%からは随分落ち着きましたが

2013年第2四半期の0.7%からはインフレが加速し

ここら辺がRBNZの利上げサイクルのきっかけになっています

RBNZは2014年3月、4月、6月にそれぞれ0.25%利上げし

2.5%から3.25%まで引き上げています

CPIが予想を下回り24日のRBNZ理事会での利上げ観測が微妙になっています

乳業大手のフォンテラの定期入札で、乳製品価格が下落したこともあり

利上げサイクル一服の観測も出てきています

通貨が高いこと、乳製品価格(ニュージーランド最大の輸出品)の低下で

利上げを一旦停止の観測もでています

16日時点でのロイターの調査では16人中13人が来週の利上げを予想

ただ利上げ確率は91%から80%に低下

また仮に利上げをしても、今年はもう利上げはないとの予想も出ています

CPIをきっかけにニュージーランドドルは下落しています

0.8650~0.8750のレンジに入ってきました

オージーキウィが上昇しています
6月4日に1.1032につけた後に、
7月10日に1.0621まで下落しました
そこから6連騰中

38.2% 2.618倍 1.0770~75

50%        1.0820~30

7月2日戻り    1.0835

4.236倍      1.0860~65

61.8%       1.0870~75

ここら辺が上値のめどになると見ています

来月の米雇用統計では、再び力蔵の登場です。

今月の米雇用統計で岡三オンライン証券さんで
ガチンコ雇用統計のセミナーをやりましたが、

ご好評につき8月1日の米雇用統計>でも再登場です。

いろいろご意見をいただき、岡三オンラインさんらしく
FXだけではなく
個別株や日経先物、オプションをトレードしている方も多いようなので、

それらの投資家の方々のご意見もうけて、
日経先物やオプションの話もしたいと思います

8月1日は21時から是非御覧ください

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

RBAの利下げについて

2013

audnzd5.07.2013

注目されたRBA理事会は0.25%の利下げで政策金利のオフィシャルキャッシュレートを2.75%にしました。

利下げに関しては50・50だったので、大きなサプライズはないもの豪ドルはやや下落。

声明文では(ロイターより)

1、世界経済は来年上向くが、今年は成長トレンドの若干下回る

2、主要国では、米国が引き続き緩やかな拡大局面にあり、中国の成長は依然として力強いだけでなく、一段と持続可能なペースで推移している。日本は需要の促進とデフレ脱却を目的にした大幅で新たな政策イニシアチブを発表した。ユーロ圏ではリセッション(景気後退)が続いている。

3、コモディティ価格は最近数カ月で若干低下しているが、歴史的には依然として高水準にある。

4、国際的に見ると、金融の状況は引き続き非常に緩和的だ。リスクスプレッドは縮小し、大半の金融機関の資金調達状況は改善している。高格付け企業と高いソブリン格付けの借り入れコストは極めて低い水準にある。

5、オーストラリアの成長率は、2012年通年ではトレンドに近いが、12年下半期はトレンドをやや下回っており、この傾向は2013年に入っても続いているもようだ。

6、雇用は増え続けているが、労働力の増加ペースよりも遅い。このため、失業率は依然として比較的低い水準であるものの、若干上昇している。

7、資源セクターへの投資は今年ピークを迎える可能性が高いなか、他の分野については需要が今後数年で一段と力強く拡大する余地がある。消費は上向き、住宅投資は適度な水準で安定している。資源以外の分野の事業投資は今後1年でやや増加する見通し。生産能力を増強した設備の操業が始まり、原材料輸出は増加している。

8、こうした動きは、1年半前に始まった利下げに支援された面もあり、すべて成長持続の助けとなるだろう。

9、最近の物価統計は、インフレ水準が目標と一致、あるいは予想をやや下回っていることを裏付けている。消費者物価指数(CPI)はここ1年で2.5%上昇し、基調インフレ率もおおむね同様の動きを示している。これらの数字は、炭素価格に若干押し上げられた。

10、労働コストの増加はここ数四半期で若干緩やかになった一方、生産性の伸びには改善が見られる。このことは、非貿易財価格の上昇抑制につながる

11、中銀は引き続き、インフレ率が今後1─2年間、目標と一致すると判断している。

グラフはオーストラリアのCPIとオージーキウィの月足です。

CPIを見るとここのところ2%台前半で推移しているのがわかります

RBAの目標の2~3%内にあり、声明文でも9で述べています。

インフレが落ちついているので、オーストラリアの回復のペースが緩やかなので(声明文の5)、緩和を継続するということなのでしょう。

世界的な緩和競争で、緩和で豪ドルは売り、でも何を買うのかということに迷ってしまいます

いまのところ緩和予測がないニュージーランドあたりも選択肢ですが、キウィも対ドルで高値圏に

近いレベルです。

チャートはオージーキウィの月足です

1991年の高値1.4240付近から1997年の安値1.0285のあいだでここ20年ほど動いています。

2011年3月の高値1.3788から1.2付近まで下落してきており、やはりここのところ豪ドルはキウィに対して売られています。

ここら辺は金利に素直に反応している動きでしょう。

5月9日19時から岡三オンライン証券さんでWEBセミナーを行います

「円安・株高のシナリオとトレード戦略」というタイトルで

武部さんとガチンコ対談です

お互いの意見を1時間半、じっくりお伝えします

視聴者プレゼントもありますので、ぜひご覧ください

東洋経済オンラインさんで、「1ドル100円突破のX デーはいつか」という記事を書きました。

遠のいてしまいしたが

東洋経済オンラインさんで、年度末、日銀政策決定会合までの予想とオプションの影響を書きました。

東洋経済オンラインさんで日銀総裁と今後の日銀の緩和とマーケットの影響にに関して書きました

東洋経済オンラインさんで連載が始まりました

ドル円、クロス円の調整について書きました。

ランキングに参加しています

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

キウィは天井を付けたか

kiwi2.16.2012

昨日からキウィの下落が目立っています。

2月8日の0.8405、昨日の0.8420とダブルトップをつけて高値を更新しましたが、昨日は上髭をつけて陰線で引けました。

またRSIは前回2月8日の高値を更新できずにむしろ80→60へ下落し、ダイバージェンシーを起こしています。

0.82台は

0.8247 上昇前の高値

0.8245 前回0.8405をつけた後の安値

0.8233 20日移動平均線

と様々なサポートがあり、ここら辺が抜けてくると0.8150付近が次のサポートになります。

キウィは11月25日の安値0.7370の安値から2月15日の高値0.8420まで1050ポイント、14.2%も上昇しました。

この間豪ドルは0.9660→1.0840 12.2%上昇

ユーロドルは1.2621→1.3318   5.5%上昇

とキウィの上昇が際立っていました。

このためにユーロキウィ、オージーキウィのいずれもキウィの上昇が目立ちキウィの上昇が目立ちました。

先行して上昇したキウィが一旦ダブルトップをつけて下落していますが、調整が浅く終わるのか、あるいは高値を付けてトレンドが変換したのか注目しています。

2月19日(日)はエイチ・エス・フュチャーズさんで、恒例の『専門家スペシャル対談』をやります。

大橋ひろ子さんエイチ・エス・フュチャーズの商品アナリストの田栗さん、渡邉さんと対談形式で言いたいことを言うオンラインセミナーです。

今回も市場の動きや、注目材料に焦点をあてて、為替、株式、商品と幅広く市場を分析して各自の意見を披露します。

参加者が形式にこだわらず討論する、一味違うセミナーを是非御覧ください。

ランキングに参加しています

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

RBAは予想に反し金利据え置き

audusd2.07.2012

audjpy2.07.2012

audkiwi2.07.2012

euraud2.07.2012

予想に反したRBAの政策金利据え置きで豪ドルが全面高になっています。

市場では0.25%の利下げを予想していましたRBAはオフィシャル・キャッシュ・レートを4.25%に据え置き。

声明文では世界経済は欧州のリスクなどで下向き。12月からの各国の政策で欧州金融市場の緊張はやや緩和。

スティーブンスRBA総裁は、経済が減速した場合は、インフレ見通しからみて金融緩和の余地があると含みを持たせました。

市場では依然として利下げの予想がありますが豪ドルは上昇。

チャートは豪ドル、豪ドル円、オージーキウィ、ユーロオージーです。

豪ドルは前回高値の1.0760~70付近を完全ブレークし1.08台前半に上昇。

豪ドル円は82.90付近まで上昇、2011年4月11日の高値90~10月4日の安値72.04の61.8%が83.20付近。

ただこのレベルは10月31日の介入で一度ブレークして83.90付近まで上昇しています。

83~84付近は昨年8月にブレークするまで4か月ほどサポートされていた重要なレベルなので、ここを抜けられるかどうかポイントです。

オージーキウィは1.2820付近まで下落しましたが1.2930付近まで反発しています。

1月9日に1.3050を抜けて下落が継続していましたが1月31日以来の1.29台です。

ユーロオージーは、ひたすら下落中ですが1.2130付近まで安値を拡大しています。

世界的な金融緩和で通貨安政策が繰り広げられている中、4.25%と先進国では高い金利水準で人気を集めている豪ドルに消去法として資金が向かう動きが続いています。

2月24日(金)は投資LABさんでオンラインセミナーを行います。

【FXの資金フロー ~誰が相場を動かしているのか~】というテーマです。

市場を動かす大きなプレーヤーは各国中央銀行など、魑魅魍魎の世界です。

そこら辺のプレーヤーと彼らがいつトレードするかなどのアノマリーについても語りますので、ご期待ください。

ランキングに参加しています

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

コアラが勝つか羊が勝つか

オージーキウィ7.19.2011

RBAの議事録の発表後、オージーの下げが目立ちます。

議事録では、貿易収支の好調さ、鉱山向けの投資が活発で豪経済は中期的に明るい。

国内のインフレ圧力を評価するためには、さらに時間をかけることが賢明として、7月27日発表の第2四半期のCPIに注目が集まります。

ある時点で引き締めが必要になるとの表現が削除されたことにより、RBAの金融スタンスが引き締めから中立的に変更したとマーケットが判断したことが、豪ドルの下げ要因になりました。

年内1度の利下げ説も出てきており(短期金利が0.1%ほど低下の予想)、豪ドルにはおもしになっています。

チャートはオージーキウィの週足です。

オージーキウィは2008年10月の1.0635から3月に1.3790まで上昇した後に下げに転じて1.2550付近で推移しています。

豪ドルが5月に1.10の高値をつけた後に1.06台まで下落していますが、キウィは2009年3月の0.49から直近0.85台まで上昇して歴史的な高値まで来ています。

目先1.25がサポートされていますが、ここを抜けると1.0635~1.3790の50%戻し、また1.3790起点のフィボナッチ・エクスパンション4.236倍の1.2200~10付近が次のターゲットになります。(38.2%が1.2590で現在この付近で推移)

そうなるとキウィがますます上昇というよりも、豪ドルが下落するのではないかとみています。

7月30日に投資LABさんで「FXトレード予備校・夏季集中講義」と題して3回連続シリーズの講座の第1回目を行います。

初歩から学びたい人、もう一度基礎を学びたい人のための講座です。

ランキングに参加しています

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

今週はキウィが一番下落しました

週間レンジ6.13.2011

週間レンジ6.13.2011 2

オージーキウィ6.18.2011

今週の動きは結果として小動きになり、ユーロドルも0.26%の下落になりました。

クロス円はオージー円を除いてすべて下落、リスク回避的なクロス円の下落が目立った週となりました。

豪ドルは0.86%上昇、キウィは1.14%下落、豪ドル円は0.52%上昇、キウィ円は1.46%下落とキウィの弱さが目立ちました。

先週の木曜日に0.83の高値を示現したキウィは0.82を割れ、ここがレジスタンスとなり0.7970まで下げ幅を拡大しました。

0.7970付近は0.83基点のフィボナッチ・エクスパンション1.272倍でした。

金曜日のドル売りの流れでキウィも反発していますが、0.82付近が再び重要なレジスタンスになります。

チャートはオージーキウィです。

豪ドル上昇、キウィ下落ですから結果としてオージーキウィは上昇しました。

3月7日に1.3790の高値をつけたオージーキウィは4月18日の安値1.3180をブレークした後に下落が加速、戻り高値もこのレベルであり重要なレジスタンスになっています。

安値の1.28も1.3790を起点としてフィボナッチエクスパンション2.618倍で止まっています。

ランキングに参加しています

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

豪ドルは史上最高値

ユーロオージー12.22.2010

2010

オージー円 12.22.2010

昨日まではスイスフラン高に関して書きましたが、今日は豪ドルです。

最近は単純にドル買いドル売り、ユーロ買いユーロ売りの単純な相場ではなく、それぞれの通貨が単独に動いています。

その中で強い通貨がスイスフランと豪ドルです。

豪ドルも資源高の影響や、ドルもユーロも買えないという避難先的な流れで買われている要素もあるかと思います。

チャートは上からユーロオージ、オージーキウィ、豪ドル円のチャートです。

ユーロオージーはリーマンショックまでは1.54~1.74のレンジで動きも少ない通貨でしたが、リーマンショックで2.1145までユーロ高が進んだ後は2年間下げ続けて1.3105と史上最安値をつけました。(豪ドルの高値)

オージーキウィもリーマンショックで1.06まで下落した後はオージーが上昇

1.20~1.32のレンジで推移していましたが、いつもとめられていた1.3230付近をブレークして1.3440まで上昇し豪ドルが高値を更新しています。

一番下のチャートは豪ドル円です。

豪ドル円もここのところ80~83のレンジでしたが、レジスタンスだった83円をブレークして71円台まで下落した後の高値を更新しています。

5月21日の安値71.88からのフィボナッチ・エクスパンション1.27倍は84.15付近が直近のターゲットかなと思っています。

ランキングに参加しています

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

中国と豪ドル

豪ドル円12.13.2010

先週金曜の中国の預金準備率引上げにもかかわらず中国株は堅調で、上海総合は現地時間14:50現在で2921.08(+80、2.8%)、ハンセン指数も23340.84(+177、+0.76%)となっています。

経済がよいことと、貸出金利の引上げで預金準備率引上げが逆に好感されているというところでしょうか。

市場はリスクオンで株高、クロス円上昇になっています。

チャートは豪ドル円の日足です。

10月、11月に何度もとめられた83円付近まで上昇してきています。

豪ドル自体は若干の上昇なので、やはり先週から円安が目立ちます。

また豪ドルのクロスですとオージーキウィが1.3160と、強力なレジスタンスレベルの1.3230付近に近づいて、またユーロオージーも1.3385と最安値を更新中で豪ドルは全面高担っています。

ユーロオージ。オージーキウィは歴史的レベルなので、ここからは怖いレベルですが、豪ドル円は83を抜ければ84円台中盤ぐらいまでは期待できるかもしれません。

ランキングに参加しています

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

豪ドル、キウィ、オージーキウィ

キウィ12.09.2010

オージーキウィ12.09.2010

RBNZ(ニュージーランド準備銀行)は政策金利を3%に据置き。

ボラードRBNZ総裁は、

政策金利を低水準で維持する

通貨高が不均衡是正を阻害

第3四半期GDP予想を0.8から0.35に下方修正

これらの発言でニュージーランドドルは0.7435付近まで下落しました。

上のチャートはニュージーランドドルの日足。

重要なサポートの0.7400がキープされています(5月25日安値0.6560~11月4日高値0.7973も38.2%)

またレジスタンスは0.7660付近(23.6%)で、ここ3週間はこのレンジで推移しています。

下のチャートはオージーキウィの日足です。

豪州の雇用数変化が5.46万人と予想の2万人を上回る強い数字であったために豪ドルは上昇しました。

豪ドルの上昇とキウィに下落(その後反発しましたが)でオージーキウィは1.3170付近まで上昇しています。

しかし1.3230付近は何度も止められている強力なレジスタンスレベル。

オージーキウィが下落するのであれば、オージーの下落か、キウィの上昇です。

際どいレベルに近づいているオージーキウィの動きで豪ドル、キウィがどうのように動くか注目しています。

ランキングに参加しています

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

1 / 212