対内対外証券投資

先週木曜に財務省から発表された対内対外証券投資

対外証券投資は中長期債が2兆1768億円の売りこし
これは地銀が米国債、あるいはフランス国債を売ってたのではないかとの憶測

そのためユーロ円がさきに下落した、それがドル円に波及したというストーリー

対内証券投資は、外国人が2週連続で日本株の買い越し

さて明日の対内対外証券投資はどうなるか

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

米国大統領の成績表

 

これはどの大統領が雇用者数を就任から伸ばしたかのグラフです
http://fingfx.thomsonreuters.com/gfx/rngs/USA-ECONOMY/010030DQ0TY/jncw0n14k3c6.htm

 

リンドン・ジョンソンとビル・クリントンの業績が突出しています

総じて民主党の大統領のほうが成績がいいですね。

ただジョンソンもクリントンもリセッション(影の部分)が無かったことはラッキーだったのかもしれません
そう考えると2度のリセッションを敬家印したニクソンは頑張りました
レーガンも就任当初リセッションに見舞われましたが、挽回しました

ブッシュ子も2度リセッションに見舞われ不運だったですね
オバマも頑張った

さてトランプはどうなるか

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

日銀短観 


 

 

とりあえず表だけアップします

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

米GDPのおさらい

 

10~12月の米10~12月期GDP確報値(グラフ)は前期比年率2.1% で改定値の1.9%、予想の2%を上回りました

7~9月期の3.5%は下回ったが1年ぶりの高水準
2016年通期は1.6%で2011年以来の低水準
2015年は2.6%で2006年以来の高水準

 

個人消費3.5%増に上方修正 耐久財+11.4% 非耐久財+3.3% サービス+2.4%

在庫投資 寄与度は+1.01%

政府支出 寄与度は+0.03%

純輸出  寄与度は-1.82% 4期ぶりにマイナス 10~12月期はブラジルの悪天候で大豆輸出が急増下特殊要因とドル高の悪影響

民間投資の寄与度は1.47%ポイントと改定値の1.45%から上昇、前期の0.5%から良好となり2015年1~3月期以来の強い数字に

 

2016年10~12月期のGDPは個人消費がひぱったのですが、ホリーでー商戦が良かったことが原因
民間投資、企業収益も上向きで米国経済の好調さが続いていることが確認されました

ただ今後はトランプ政権の政策の実行力、本当に税制改革が早い段階ででできるのか、インフラ投資は可能か不透明感があります

またFedの利上げの影響がどこまで出るのか

2016年1.6%だったGDPが2017年は2%台に回復するのか、回復するのであればどこまで伸ばせるかがポイントに

 

 

 

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る