中国の株価対策いろいろ

中国の株価対策2015.7.8

上海総合指数2015.7.8

 

今日は上海総合指数が5%強の下落

欧州は落ち着いていますが、米国株は下落

これで明日は上海市場はオープンできるのかな

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

米雇用統計失望で利上げ時期が微妙に

米雇用統計2015.7.2     米雇用統計2.2015.7.2

 

注目された米雇用統計は失望となりました。

しかし市場がそれほど動かないのは、数字自体がそれほど大きな変化でなかったことと

マーケットの注目がギリシャ問題に向かっているからなのかもしれません。

非農業部門雇用者数が23.3万人と予想の23万人を上回りました

ただ5月分が28→25.4、4月分が22.1→18.7に下方修正

失業率は予想の5.4%が5.3%に低下しました

しかし労働人口が43.2万人減少で、これが失業率低下の原因でよくない失業率の低下でした

その分、労働参加率が62.6%に低下しました

時間当たり賃金が24.95ドルで前月と同じでで、これも失望でした。

ここまでが失望だったポイント

良かったポイントは

パートタイムも含むU6失業率は5月の10.8%から10.5%に低下

長期失業者数は250.2万人から212.1万人に減少しました

 

この数字を受けて短期金融市場が予測する12月までの利上げ確立は

48%に低下しました

米10年債は昨日の2.42%から2.37%に低下

ダウは52ドル安

ドル円は123.10付近と小動きです

ニューヨークが3連休で、今日はもうやる気が無いのでしょう

 

このままニューヨークが動かなければドル円は123円の維持

日経平均先物は20400付近をサポートできれば

再度明日123.50~60、20600円をためしにいくのでしょう

ただ週末のギリシャ国民投票を控え、上昇の加速はないかもしれません。

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る