ドル円のターゲット、トルコ、FOMC

usdjpy1.29.2014

トルコ中央銀行がびっくりの利上げで、市場はリスクオン全快になりました。

翌日物貸出金利    7.75%→12%  予想10%

翌日物借り入れ金利  3.5%→8%   予想3.5%

指標レポレート     4.5%→10%   予想4.5%

上限金利である貸出金利だけでなく、下限金利も引き上げ

引き上げ幅が予想より大幅に
これらのサプライズでトルコリラは急騰

インドも金利引き上げ
中国の理財商品デフォルト回避で
新興国ショックが和らぎました

チャートはドル円の時間足です

1月2日の高値105.45~27日の安値101.75

23.6%戻し 102.60~65

38.2%戻し 103.10~15

50%戻し  103.60~65

61.8%戻し 104.00~05

102.75起点のフィボナッチエクスパンション

1.618倍 103.10~15

2.618倍 103.75~80

時間足24本移動平均 103.05付近

時間足120本移動平均 103.20付近

時間足480本移動平均 103.75付近

こんな感じです

24時間~1週間の平均値が103.05~20

23.6%サポートが102.60(昨晩上昇後の安値付近)

50%戻し~1ヶ月の平均値、2.618倍が103.60~80付近

103.50~60もオプションがあるので、上値は103.50~80のゾーンが
抜けられるかどうか

短期的には103円か102.50~60がサポートできるかどうか

FOMCにむけてこんな感じですね

100億ドルの縮小は織り込んで

無し~50億あるいは150億~200億
をやった場合どう反応するのか、

やはり上昇相場継続でしょうか

今夜は北野誠さん「FXやったるでに出演です。
大変な時にあたってしまいました以下北野さんのTWITTERより

これで終わるか?どこで止まるか???」と題し、田代岳さんをお迎えして突如勃発した新興国リスク懸念による乱高下相場の行方を詳しく解説! http://www.radionikkei.jp/kitanofx/

 ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします <a  href="http://fx.blogmura.com/"><img  border="0" src="http://fx.blogmura.com/img/fx80_15.gif" alt="にほんブログ村 為替ブログへ" height="15" width="80"></a><a  href="http://blog.with2.net/link.php?722532"> </a><a  href="http://blog.with2.net/link.php?722532"><img  border="0" src="http://image.with2.net/img/banner/banner_24.gif" alt="人気ブログランキングへ" height="31" width="88"></a> 

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

ドル円のターゲット

usdjpy1.27.2014

これで下落が止まらなければ、アルゼンチン・ショックと命名されるのでしょうかね

なんか最近、ドル円とに日経平均との連動性がいまひとつです

ニューヨークダウは16000ドルを割れてしまいましたが

日経平均はかろうじて15000円をサポート

ドル円も102円割れがサポートされています

ドル円の戻しがそれなりなのに、日経ついてきませんね

さてドル円のフィボナッチ分析ですが

今回の上昇の起点10月25日安値96.94~1月2日の高値105.45

23.6% 103.40~45

38.2% 102.15~20

50%  101.20~25

61.8% 100.15~20

105.45起点のフィボナッチ・エクスパンション

1.618倍 102.85~90  1月13日はピタリととまりました

2.618倍 101.30~35

4.236倍 98.80~85

20日移動平均線  103.77

60日移動平均線  102.63

120日移動平均線 101.02

102円がサポートできなければ101あるいは100円なのでしょうね

ここが正念場

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ 

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

新興国が崩れリスクオフに

usdindex1.24.20142014


audjpy1.24.2014

昨日の中国のPMIをきっかけに、世界的なリスクオフの流れになりました

とはいえ今日の上海総合指数は0.8%高

チャートはドルインデックスと豪ドル円です

ドルインデックスは81.40付近から80.60付近まで急落

先週のドル円の急落時のレベルまで下落
一時割り込みましたがサポート中

ユーロ、ポンドの上昇などがありましたが

スイスが一番強く、ついで円、ユーロ、ポンド、 
オセアニア通過は弱く
新興国通貨も下落

やはりリスクオフの流れになっています

新興国やオセアニア通貨は下げがきついです

豪ドル円は、昨年8月の安値86.40~10月の高値95.65の
50%戻しの91がブレーク

61.8%戻しの90円も割れつつあります
この流れが続きそうです

1月25日土曜日は、大阪でサンワード貿易さんのセミナー開催です

東京都大阪の会場に別れて、東京は 今井きよしさん北野琴奈さん

大阪会場は池水雄一さん、石川久美子さん、私です

東京、大阪で討論会もあります

大阪の方、もしお時間あれば、会場でお目にかかりましょう

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

ヘッジファンドも注目しているドルカナダ

usdcad1.23.2014

チャートはドルカナダの月足です。

昨日、カナダ中央銀行は政策金利を1%に据え置き

インフレ率に対して強い懸念を示し、
金利に関しては、引き上げ、引き下げ両方あり、
経済動向しだい

カナダドルは下落しているが、まだ高い

ハト派的な声明にドルカナダは上昇(カナダ売り)しました

今年はヘッジファンドもカナダ売りに注目しているようです

ドルカナダは2002年1月には1.62付近で、そこから下落を開始

2007年11月に0.9060付近で底打ちし

2009年3月に1.3060まで上昇

2011年7月に0.94付近まで下落して
2009年9月以来の1.11台まで上昇してきてます

1.3060~0.94の38.2%戻しが1.0780~90で抜けましたが
押し目があるとすればここまで?

50%戻しが1.1220~30 当面のターゲット

61.8%が  1.1650~60
1.1770~80は1.62からの38.2%もどしにもあたります

レジスタンスになっていた1.07~1.08を抜けてきましたから

上昇トレンドが続くなら、ここがサポートされる必要があります

2002年1.62からの暴落が底を打って、どこまで戻すのか
当面1.1~1.17のレンジかもしれません

1月25日土曜日は、大阪でサンワード貿易さんのセミナー開催です

東京都大阪の会場に別れて、東京は 今井きよしさん北野琴奈さん

大阪会場は池水雄一さん、石川久美子さん、私です

東京、大阪で討論会もあります

大阪の方、もしお時間あれば、会場でお目にかかりましょう

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

ドル円105、日経平均16000円を超えられるか

日経平均先物1.21.2014

usdjpy1.21.2014

チャートは日経平均先物5分足と、ドル円の時間足です。

日経平均先物は15910円まで上昇しましたが、16000円がまたキャップされてしまいました。

昨日までは中小小型が上昇、日経平均が下落でしたが、

本日はJASDAQが+0.04%ですが
マザーズは-0.5%

大型中心の上昇でした

一方ドル円は、WSJ(ウォール・ストリート・ジャーナル)の著名FEDウォッチャーの

ヒルゼンラス記者が、次回FOMCで資産買い入れ枠を
750億ドルから650億ドルに縮小すると

この記事でドル買い材料ですが、市場はむしろリスクオンの流れに

ドル円の時間足24時間の移動平均は104.32、
120時間は104.26

やはり平均値は104.20~30付近でもみ合ったところですね

とりあえず104.40~50のレジスタンスは抜けましたが、
105円が16000円同様に遠いです
105円台のオプションも減少してきて上抜け期待ですが

16000円挟み、105円台後半でもみ合いでしょうか

1月25日土曜日は、大阪で<b>サンワード貿易さんのセミナー開催です
東京都大阪の会場に別れて、東京は 今井きよしさん北野琴奈さん
大阪会場は池水雄一さん、石川久美子さん、私です
東京、大阪で討論会もあります
大阪の方、もしお時間あれば、会場でお目にかかりましょう

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

日経上昇の金曜日アノマリーは有効か?

日経平均先物1.17.2014

usdjpy1.17.2014

上のチャートは日経平均日足

下のチャートはドル円時間足です

黄色の丸は金曜日の足
レンジだった
11月までは、週末に向けてのポジションクローズなのか

陰線になり下落することも多かったのですが

11月以降の上昇局面では、金曜日は陽線あるいは、
陰線でも前日比プラス

このアノマリーが有効なら、今日も日経平均上昇で終了でしょうか

ドル円は105円台のオプションまだあるようなんで、
なかなか遠いのですが
105.45~102.85の50%付近の104.10付近もサポートされてます

16000円と105円、どちらも遠くなってしまいましたが

来週ブレークできるか、そこが天井になるか

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

ドル円、ユーロ円のターゲット


うsdjpy1.15.2014

eurjpy1.15.2014

でかけなければいけないのでチャートだけです

ユーロ円とドル円
いいところまで戻ってきてます

もう一段上げられるかどうか

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

ドル円のターゲットと株の動き

usdjpy1.13.2014

東京市場は休みですが、ドル円は金曜日の安値103.80付近を抜けて急落

雇用統計を受けて米国株は

ダウ -0.05%

SP500 +0.23%

ナスダック +0.44%

米国株に関してはニュートラル

明けてアジア市場は

ハンセン +0.26%

上海総合 -0.19%

欧州市場序盤は

DAX +0.24%

CAC40 +0.3%

株式市場に関しては雇用統計は悪影響を受けていません

米10年債利回りは2.8579%と前日の2.9634%から急低下

失業率の低下を良しとしたのか

非農業部門雇用者数の低下がテパーリングのスピードが遅くなると評価しているのか

チャートはドル円です
1月6日にサポートされた20日移動平均線画ブレーク

5日線と20日線がデッドクロスしそうです

20日線を下回ったのは11月8日以来で、

そこからの上昇トレンドが、これで一旦終了した可能性もあります

105.45起点のフィボナッチエクスパンション

1.618倍 102.80~90

2.618倍 101.30~40

105.32起点
1.618倍 102.80~90

2.618倍 101.60~70

10月25日安値96.90付近~105.45

23.6% 103.40~50

38.2% 102.10~20

60日移動平均線 102.10~20

当面20日移動平均線の103.90~104円付近がレジスタンス

下値は 102.80~90 102.10~20付近がサポートできるか

日本株はやっていませんが
シカゴ日経平均先物は 85円安の15835円

現在クリック株日経225は 200円安の 15628円で推移しています

今日欧米株の動きとドル円の動きを注目です

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

米国の金融機関は復活したか

ダウ1.12.2013

citi1.12.2014

bac1.12.2014

jpm1.12.2014

土曜日は、株の伝説のファンドマネージャーのお話を聞くことができ

得るところががたくさんありました

ショックなお話も合ったのですが、彼のものの見方が大変面白かった

さてそのなかで、米国の金融機関のお話も

上からダウ、シティバンク、バンク・オブ・アメリカ、JPモルガンチャースの株です

ダウはここ20年で5倍に

JPモルガンは6倍に

シティの株価は変わらず、というか高値から10分の一に

バンク・オブ・アメリカは1.5倍に、高値から4分の一に

米国銀行界の優劣が勝ち組JPM

負け組 シティ、バンカメ

僕の古巣シティはとほほです

これ見ると米国の金融界の復活はまだまだ

まだ火種の可能性という説にも説得力があります

来週は米国金融機関の決算発表が立て続けです

JPモルガン 14日

バンカメ 15日

シティ   16日

注目してみたいと思います

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

105円のオプションはでかいようです

ADP1.09.2014

昨日発表の米12月のADP民間雇用者数は23.8万人増加になり(グラフ)

予想の20万人を大きく上回り、2013年1月の32.5万人
(このときは16万人の予想)以来の
高い数字になりました。

民間の給与明細書作成会社のADPの発表する民間雇用者数は

米労働省発表の雇用統計の2日前に発表されるために

雇用統計の前哨戦として注目されます。

ADP民間雇用者数と金曜日発表の米非農業部門雇用者数の数字は

必ずしも一致しませんが、高い数字が出たことで
米雇用統計への期待が高まり
予想のハードルがあがった可能性があります。

予想では非農業部門雇用者数は19.5~20万人増加予想が中心なってきています。

最近は20万人前後の数字が続いており、
20万人を越えるようならば
やはりマーケットに対しては株価を維持する動きになるのではないでしょうか。

ただ期待値が高くなりすぎると18~19万で失望とかなりかねません。

また仮に23~25万とか強すぎる数字が出ると

長期金利が上昇しすぎて株価下落、円高みたいな流れにならないといいのですが


usdjpy1.09.2014

ドル円は104.70~105の狭いレンジで推移しています

105.45~103.90の50%戻しの104.60~65付近が短期のサポート

103.90起点のフィボナッチエクスパンション1.618倍の105.10~15がレジスタンスに

本日エクスパイアリーのオプションストライクが104.50、105.、105.50に

まあまああるようです

また明日エクスパイアリーの105のオプションが2.5BIO(2500本ぐらい)
あるようで、
ここら辺のガンマトレードが105円膠着の原因かもしれません

明日の雇用統計でどちらかにブレーク待ちですね

明日10時から外為どっとコムさんで
米雇用統計 全員集合 に参加させていただきます

神田さん、久美子さん、川畑さんと3人でトークします

雇用統計のお供にご覧になってください

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

1 / 212