日本株、ドル円、日本国債の関係

日経平均5.13.2013

usdjpy5.13.2013

JGB5.13.2013

ドル円は木曜日に100円を超え、本日102円も超えて上昇トレンドが加速しています。

最近のドル円、株、債券のマーケットの動きを比べてみたいと思います。

4月4日の日銀の金融緩和以降の以降、3つのマーケットは相互に連動しながら動きました。

チャートは上から、日経平均日足、ドル円日足、JGBの利回り日足のチャートです。

ここまで株と為替の動きはほぼ連動して動いていましたが、今回は株が先行しました。

株は5月7日に14000円を超えて上昇しました。

5月2日の連休前の引けが13694.04と4月26日の高値13978.98から下落して引けていました。

ゴールデンウィークということもあったのでしょうが、株はやや調整し、連休後に7日に

それまでの分を埋めるように14000円を超えて上昇を続けて本日14849.01の高値を更新しました

そして5月9日のニューヨーク市場でドル円は100円をブレークしました。

翌日5月10日にJGBは0.59%から0.7%に急騰(利回り上昇、価格低下)しました

今回の動きが日本株が手動、そして為替が動いて、最後に債券がついて来る動きでした

なんあk株が引っ張るのは珍しいなと思うのですが

日銀金融緩和で、余った資金が株に行っているのわかるのですが、株がリードするのは不思議な

感じがします

為替見て株というよりは、最近は株見て為替なんでしょうか

東洋経済オンラインさんで、「1ドル100円突破のX デーはいつか」という記事を書きました。

遠のいてしまいしたが

東洋経済オンラインさんで、年度末、日銀政策決定会合までの予想とオプションの影響を書きました。

東洋経済オンラインさんで日銀総裁と今後の日銀の緩和とマーケットの影響にに関して書きました

東洋経済オンラインさんで連載が始まりました

ドル円、クロス円の調整について書きました。

ランキングに参加しています

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る