FOMCとドルの方向

ドルインデックス5.012013

昨日はドル円が96.99まで下落、ユーロドルが1.3185付近まで上昇とドルが急落しました。

噂されていた97~104のDNT(ダブルノータッチ)オプションのトリガーがヒットしにいったようです。

チャートはドルインデックスです。

サポートされていた82.10付近をブレークして急落。

2012年7月の高値83.75を超えられずに今月高値の82.84付近から下落しています。

ドルインデックスの81~81.50付近のゾーンは上昇するときはレジスタンスに、

下降するときにはサポートになっており、ここをどちらかに抜けてしまうと、ドル上昇、

ドル下落の傾向が継続します。

その重要レベルに差し掛かりつつあるので、ここがサポートされるか、下方ブレークするか

見極めたい。

今日はFOMCです。

据え置きでしょうが最近出口戦略に言及するか一部メンバーからコメントが出始めています。

しかしバーナンキさんはインフレ率が落ち着いている限り、失業率が6.5%を下回るまで

金融緩和継続と数値目標を示しています。

6.5%が見えてくるまでは、今のメンバーはハト派が多いので政策変更はないと思います。

今年中に6.5%がないとは言えませんが、難しいのでは

6.5%見えてくるレベル7~7.2%ぐらいでしょうかね

いずれにせよ7%前半か7%が割れるまでは動かないとはもうのですが、どうでしょうか

5月22日に外為どっとコムさんで【個人投資家に足らないこと&持つべき視点】という

セミナーを行います。

これは前回4月3日に行った同じテーマの続編です。

前回のセミナーでは1日の時間軸の使い方や、外為どっとコムさんのオーダー状況の

利用の仕方などをお話ししましたが、次回も色々と役立つ方法をお伝えします

ご期待ください

東洋経済オンラインさんで、「1ドル100円突破のX デーはいつか」という記事を書きました。

遠のいてしまいしたが

東洋経済オンラインさんで、年度末、日銀政策決定会合までの予想とオプションの影響を書きました。

東洋経済オンラインさんで日銀総裁と今後の日銀の緩和とマーケットの影響にに関して書きました

東洋経済オンラインさんで連載が始まりました

ドル円、クロス円の調整について書きました。

ランキングに参加しています

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る