イタリア政権樹立で国債上昇の不思議

イタリア10年国債利回り4.30.2013

イタリアは下院でレッタ新内閣の信任投票が行われ、賛成453、反対153で信任されました。

新政権は本日の上院での信任投票を経て正式に発足します。

民主党中心の中道左派、ベルルスコーニ前首相率いる自由国民中心の中道右派、モンティ前首相率いる市民の選択の連立で、緊縮財政派の中道左派とモンティ派と景気刺激策派の中道右派のいわばごった煮内閣。

本当にうまくいくのかな~という不安も

ここらへんが内閣支持率が41%とモンティ政権発足時の70%を大きく下回り、今後の政局運営

に不安を残します。

おまけにモンティ政権の緊縮路線を方向転換し、中道右派にすり寄るように成長・雇用促進に

軸足を移しました。

6月の不動産税徴収を取りやめ、7月予定の付加価値税引き上げも先送りするかもしれません

そのかわり福祉制度強化、若年層の雇用促進、女性労働参加促進に取り組みます

不思議なのは債券の動き。

緊縮財政放棄なら株価が上昇するのはわかりますが、イタリア国債の価格も上昇し、

利回りをが低下しています。

チャートはイタリア10年国債利回り

3.92%と4%を下回ったの2010年10月以来の低水準になりました

不思議はことです

ま~政権が一応成立して、政治混乱が終わることを好感したのでしょう。

先週の弱いドイツ指標、ECBの利下げ観測でユーロは一時下落しましたが、

イタリア政権樹立で1.31台を回復。

ECB、雇用統計まちですが、16日の高値1.32ぐらいまでは反発かとみています

5月22日に外為どっとコムさんで【個人投資家に足らないこと&持つべき視点】という

セミナーを行います。

これは前回4月3日に行った同じテーマの続編です。

前回のセミナーでは1日の時間軸の使い方や、外為どっとコムさんのオーダー状況の

利用の仕方などをお話ししましたが、次回も色々と役立つ方法をお伝えします

ご期待ください

東洋経済オンラインさんで、「1ドル100円突破のX デーはいつか」という記事を書きました。

遠のいてしまいしたが

東洋経済オンラインさんで、年度末、日銀政策決定会合までの予想とオプションの影響を書きました。

東洋経済オンラインさんで日銀総裁と今後の日銀の緩和とマーケットの影響にに関して書きました

東洋経済オンラインさんで連載が始まりました

ドル円、クロス円の調整について書きました。

ランキングに参加しています

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ

米GDPの結果でFOMCを占う

米GDP4.28.2013

米GDPグラフ4.28.2013

金曜日は、やはりドル円は下落してしまい97円台中盤まで突っ込みましたが、

終値は98円台ですが、今週のイベントをを控えて99円で天井を付けたのか

動きを見極める週になりそうです。

そのドル円の下落を加速させた米国のGDPを見てみましょう。

第1四半期米GDPは年率2.5%と第4四半期の0.4%からは上昇しましたが

しかし予想が3%と強かったので(予想レンジは2.3~3.3%)失望感からのドル売りという流れでした

経済はいろいろな分野で拡大し、個人消費支出は3.2%と第4四半期の1.8%から拡大

これは良い傾向です。何しろ米国のGDPのうち個人消費が60%以上を占めますから

民間住宅投資は12.6%と第4四半期の17.6%からは減速しましたが、8四半期連続増加で好調維持です

ただ民間設備投資は2.1%と第4四半期の13.2%から大きく減速、ここが今後どうなるか。

米国の最大850億ドルの歳出削減の影響が設備投資に影響を与えてくるのか見極める必要があります

ガソリン価格は上昇しましたが、インフレは抑えられていて、PCE価格指数(個人消費支出)は

0.9%の上昇にとどまり第4四半期の1.6%から低下し、2012年第2四半期以来の小幅な伸びになりました。

コアPCE価格指数(食品・エネルギーを除く)は1.2%上昇、第4四半期の1%からは上昇しましたが

FRBの物価目標である2%を大きく下回っています。

このようにGDPは悪くないですが、今後の米経済が850億ドルの歳出削減や増税の影響で

減速するのかどうか見極めなければいけません。

FRBも今週FOMCがありますが、そのあたりを材料にするでしょう。

懸念を持てば、コアPCE価格指数が2%を下回っている中で、金融緩和の維持には問題が

ないので出口戦略が来年以降にずれ込むのか、ここら辺がポイントになります。

東洋経済オンラインさんで、「1ドル100円突破のX デーはいつか」という記事を書きました。

遠のいてしまいしたが

東洋経済オンラインさんで、年度末、日銀政策決定会合までの予想とオプションの影響を書きました。

東洋経済オンラインさんで日銀総裁と今後の日銀の緩和とマーケットの影響にに関して書きました

東洋経済オンラインさんで連載が始まりました

ドル円、クロス円の調整について書きました。

ランキングに参加しています

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ

日銀展望レポートは強気です

100円トライを再び失敗、ドル円は短期的にしたかなとも思っています

しかし本日米国のGDP、ミシガン大学消費者信頼感指数の発表があり、強めの予想なので

数字次第では99円台への反発の可能性も

ただそれで抜けなければ、いよいよ重たいということになるのですが

日銀は予想通り何もなかったのですが、期待していたのでしょうか?

経済・物価情勢の展望、いわゆる展望レーポートがでました。

2013年中ごろには緩やかな回復経路に復していく と言っています

回復経路?難しいですよね日銀の言葉使い ま~経済が回復傾向ということでしょう

それは

1、米国、中国?の回復で海外が回復→円安傾向もあり輸出が増加

2、日銀が量的、質的緩和を確実にし実質金利が低下し、民間需要を刺激

3、公共投資が高水準で増加

4、政府による規制緩和などで潜在需要の掘り起こし

これらが回復のシナリオです。それに加え消費税増税前の駆け込み需要が後押し

1は中国が少し?ですね

あと4は規制緩和、制度改革、これが一番重要なのですが掛け声で終わらなければいいのですが

これが行われていれば失われた20年はなかったはず

しかし、この流れ自体は賛成ですし、できればいいと思っています

昨日、麻生さんが参院の委員会で株が上がるのは悪いことなんですか?悪くないです

円安は行き過ぎると負の側面ありますが、株はありませんから

それがフェアーバリューならね

そのために規制、制度改革ですから 頑張ってくださいね

東洋経済オンラインさんで、年度末、日銀政策決定会合までの予想とオプションの影響を書きました。

東洋経済オンラインさんで日銀総裁と今後の日銀の緩和とマーケットの影響にに関して書きました

東洋経済オンラインさんで連載が始まりました

ドル円、クロス円の調整について書きました。

ランキングに参加しています

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ

日経平均高値更新

日経平均4.24.2013

昨日のAP通信記者のtwitter アカウントのハッキングによる偽情報で上下ストップで

ドル円もひどい動きになりました

とはいえ99円を挟んだ動きでやや膠着状態

100円のオプションバリアー粉砕を月曜日に失敗した後は、ややドル円市場は動きが鈍くなりました

昨日一部バリアーがエクスパイアリー(期日到来)しましたが、まだ残っているようで攻防戦が続くのでしょう

為替に比べて株のほうは株高の勢いが継続

5月下落のアノマリーでやや高所恐怖所になりつつあります

しかしチャートをみてもわかるように日経平均はレジスタンスになっていた12611円をブレークし

13843.46を示現しました

甘利越え(13000円)どころか14000円に近づいています

2008年6月6日の戻り高値14489.44がそろそろ射程に入ってきました

この株を見るとゴールデンウィーク前に高値をやるのか

しかしゴールデンウィークを挟む来週はイベント盛りだくさん、怖いけど売れない

上昇してしまうんでしょうかね

東洋経済オンラインさんで、年度末、日銀政策決定会合までの予想とオプションの影響を書きました。

東洋経済オンラインさんで日銀総裁と今後の日銀の緩和とマーケットの影響にに関して書きました

東洋経済オンラインさんで連載が始まりました

ドル円、クロス円の調整について書きました。

ランキングに参加しています

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ

100円のバリアーが再びおもしに

円実質実効レート4.22.2013

100円のバリアーはまだ厚いようで、抜けそうで抜けませんね

103付近のバリアーも構築されつつあるようで、100円が完全にブレークすると

100~103のレンジになるのでしょう。

ここまでバリアーが一番厚かったのは83円の時

この時は11月21日から12月12日に83円を抜けるまで3週間ほどかかりました

さて100円はいつ抜けるか

チャートは日銀のホームページにある円の実質実効レートです

赤線が左メモリで、ドル円のレート

青線が実質実効レートで右側の目盛り

実質実効レートは

実効為替レートは、特定の2通貨間の為替レートをみているだけでは捉えられない、相対的な通貨の実力を測るための総合的な指標です。具体的には、対象となる全ての通貨と日本円との間の2通貨間為替レートを、貿易額等で計った相対的な重要度でウェイト付けして集計・算出します

日銀HPより

実質実効レートによると80台前半に低下し、リーマンショック前の80台前に低下してきています。

この時ドル円の名目レートは120円付近

あのころと同じぐらいの実質的な価値ということならば、リストラされた日本の輸出企業は

かなり競争力が高まっている可能性があるのかもしれません

むしろ実質実効レートが80を割れてしまうと、かなり円が弱くなる可能性もあり

輸入品が上がっちゃうのでしょうね

東洋経済オンラインさんで、年度末、日銀政策決定会合までの予想とオプションの影響を書きました。

東洋経済オンラインさんで日銀総裁と今後の日銀の緩和とマーケットの影響にに関して書きました

東洋経済オンラインさんで連載が始まりました

ドル円、クロス円の調整について書きました。

ランキングに参加しています

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ

我慢できずに円売り

usdjpy4.19.2013

eurjpy4.19.2013

gbpjpy4.13.2013

audjpy4.13.2013

zarjpy4.19.2013

nzdjpy4.19.2013

みんな買いたくてしょうがなかったけど買えない

で麻生さんが、コンファームしてくれたので買い始めたということでしょう

G20での日本、円安けん制懸念が薄れたことで欧州時間に入り円売りが加速

しかし今回、4月11日の高値から4月16日の安値への調整で、各通貨でフィボナッチを

チェックしてみましたが、上昇にやはり強弱があります

ドル円は61.8%戻しの98.40~50付近がレジスタンスでしたがブレーク

ユーロ円は129.80まで反発した後61.8%の128.70~80付近がレジスタンスでしたがブレーク

ポンド円は61.8%戻しの150.90~00がレジスタンスでしたがブレーク

豪ドル円は50%戻しの102.00~10付近がレジスタンスでブレークしましたが61.8%の102.80~90でピタリと止められています

ニュージーランド円は50%戻しの83.40~50がレジスタンスでしたがブレークして61.8戻しの84.00~10がピタリと止められています

ランド円は50%戻しの10.787付近がレジスタンスでしたがブレーク

今回の戻りを見るとドル円、ユーロ円、ポンド円が先行、豪ロス円、ニュージーランド円はやや遅れていて、ランド円はもっと遅れている

しかし短期のフィボナッチが意外に有効でした

東洋経済オンラインさんで、年度末、日銀政策決定会合までの予想とオプションの影響を書きました。

東洋経済オンラインさんで日銀総裁と今後の日銀の緩和とマーケットの影響にに関して書きました

東洋経済オンラインさんで連載が始まりました

ドル円、クロス円の調整について書きました。

ランキングに参加しています

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ

外国人は日本株買っています

対外証券投資4.18.2013

対内証券投資4.18.2013

昨日は欧州の最タカ派のドイツ連銀のバイトマン総裁が、正当化できる情報が出てきたら利下げの可能性と述べて利下げに言及したことでユーロドルは1.3付近まで急落。

フランスやイタリアでなくどいtsが言ったことがポイント

米国株もBOAの決算が普通?だったことやアップルの急落でダウは-138ドル、

ナスダックは-59ポイント下落

Sell in May(5月には売れ)の嫌な連想がありますが、東京市場は堅調

日経は-44円ですが朝方の-180円から急反発

TOPIXは-0.87

JASDAQ は+0.67

マザーズは+19.68

と特に新興市場の強さが目立ちます

前は米国株が下がれば下がっていましたが、海外市場と日本市場の連動が薄くなり

日本株は引き続き堅調です

その材料の一つに外国人の買いがあります

表は財務省は毎週木曜日に発表する対内、対外証券投資

まず下の表の対内証券投資

海外の(からの)投資家がどれだけ日本国債や日本株を買ったかという週間のデーター

海外からですから外国人とはは限りませんが、日本人は少数でしょう

株式の買い越しが3月17~23日の2676億円売り越しを除き、3月10日からず~と買い越し

特に4月7~13日hあ1兆5690億円の買い越し

これだけ買えば上がるでしょうということですね

日銀後に海外勢が大量に買い越したのがわかります

一方上の表は国内投資家が外の資産をどれだけ売買しているかのデーターです

先週は株を1577億円売り越し、中長期債を319億円売り越し、短期債を586億円売り越し

国内勢はず~と売り越しなので、円安で外ものをむしろ処分している状況です

こう見ると円安は海外勢(短期筋)の円売り、株高も海外勢の株買いが主流

ということがわかります

外国人の株買いが続くうちは、株は堅調かな

東洋経済オンラインさんで、年度末、日銀政策決定会合までの予想とオプションの影響を書きました。

東洋経済オンラインさんで日銀総裁と今後の日銀の緩和とマーケットの影響にに関して書きました

東洋経済オンラインさんで連載が始まりました

ドル円、クロス円の調整について書きました。

ランキングに参加しています

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ

ユーロ円は半値でピタリ、ドル円はオプションエクスパイアリーに注目

eurjpy4.16.2013

昨晩寝る前には、まだ普通の相場だったのに、ゴールドの急落とボストンの事件で

2~3日かけて調整する分を1日でやってしまったような動き。

チャートはユーロ円の日足です

日銀前の安値119.10~131.10の50%戻しの125.10~15がピタリとサポート

20日移動平均線の125.50付近もサポートされています

しかし23.6%戻しの128.30付近も今のところレジスタンスに

一旦底を打ったと思うのですが、今日はドル円は97~98にオプションエクスパイアリー(期日到来)が

あるようで97~98を挟んだレンジになるんじゃないかと思っています。

東洋経済オンラインさんで、年度末、日銀政策決定会合までの予想とオプションの影響を書きました。

東洋経済オンラインさんで日銀総裁と今後の日銀の緩和とマーケットの影響にに関して書きました

東洋経済オンラインさんで連載が始まりました

ドル円、クロス円の調整について書きました。

ランキングに参加しています

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ

G20前の調整はどこまでか?

usdjpy4.15.2013

100円のオプションバリアーに絡む売り、利食い等々、100円という心理的な節目と

さまざまな要素がからんで100円ブレークには失敗しました。

またニューヨーク市場終了間際にでた、米国財務省、半期・為替政策報告書も円高材料になりました。

1、日本に対して前回のG20のコミットメントを順守して、競争的な通貨引き下げを控えるように促す。

2、日本の政策が内需の伸びの支援を意図したものか緊密に注視する

なかなか厳しい内容です

2月15、16日のG20を前にして2月12日にはG7緊急声明が発表され、為替を競争力強化の政策目的にしない

という確認をしました。

これでG20を日本は何とか乗り切ることができましたが、今回も15,16日のワシントンでのG20を前にして

また為替のことでやり玉にあがりそうな雰囲気になってきました。

ま~前回のG20も玉虫色の決定で大きな影響を受けませんでしたが、今回は前回のG20のころの

93~94円から比べるとかなり円安方向ですから少し心配ではあります。

今週は調整の週になりそうですね

チャートはドル円の4時間足です

日銀政策決定会合前の92.50付近から99.95の23.6%戻しが98.10~20

38.2%戻しが97.10~20

50%戻しが96.20~30

20日移動平均線が96.60~70

日銀前の高値が96.60付近

やはりこの96円台中盤が重要ではないかと思っています

そこまで調整するどうか

東洋経済オンラインさんで、年度末、日銀政策決定会合までの予想とオプションの影響を書きました。

東洋経済オンラインさんで日銀総裁と今後の日銀の緩和とマーケットの影響にに関して書きました

東洋経済オンラインさんで連載が始まりました

ドル円、クロス円の調整について書きました。

ランキングに参加しています

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ

金利差から見ると100円は行き過ぎ?

日米2年債4.12.2013

日米10年債4.12.2013

100円のオプションバリアー攻防戦は続いてますね

99.30~80で2回転位取れました

ま50~70ぐらいならもっととれたかもしれませんが、メイントレンドの上昇に逆バル

スケベショートですから、ここら辺は少しでも取れえばラッキー

ぐらいの感覚で欲張らずに

2~3回転してくれば、最後にショートをじっくり持てますし、抜けても100円超えたら

すぐにカットですから、どちらにも動けます。

今日は金利差とドル円のお話し

昨年は日米2年国債と日米10年国債の利回りの差にドル円が比較的素直に連動しましたが

アベノミクスと黒田さん以降は全く連動しなくなってしまいました

今回の日銀前までは少しは連動していましたが

要するに金利差が開けばドル円の買いに反応する動きが連動しなくなってきたということです

それにしてもこの2年債利回りとドル円は逆相関でひどい

日銀以降でJGBの長期債の利回り低下(最近やや戻してますが)しましたが、短期債の利回り上昇で

日米金利差が縮小してしまいました。

長期債は日銀が買うので価格が上昇、利回り低下、一方で日銀が以前より買わなくなるかもしれない

短期債は売られて利回りは上昇という動きです。

債券市場が今回の異次元の緩和にやや混乱しているという感じですね

というか異次元ですから落としどころをさがしているのでしょう

この金利の動き見ると100円あたりは一旦トップになるのかな~

でも金利差で動いてないし、悩むところです

明日は13:30から横浜で豊商事さんのセミナーやります

横浜近郊の方でお時間ございましたら

東洋経済オンラインさんで、年度末、日銀政策決定会合までの予想とオプションの影響を書きました。

東洋経済オンラインさんで日銀総裁と今後の日銀の緩和とマーケットの影響にに関して書きました

東洋経済オンラインさんで連載が始まりました

ドル円、クロス円の調整について書きました。

ランキングに参加しています

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ

1 / 212