米国の赤字

2009

本日の日経新聞の1面を御覧になった方はご存知だと思いますが、衝撃的な数字が並んでいます。

米国2009年度(2009年10月~2010年9月)の財政赤字1兆7520億ドル(171兆円)
米国のGDP(国内総生産)の12.3%、過去最高4590億ドルの3倍です
ちなみに日本の財政規模(支出)は80兆円台です

GM最終赤字3兆円、債務超過8.4兆円、この会社再生できるのでしょうか
かつて米国の自動車メーカーは、議会で日本の市場の閉鎖性と、円安のために日本の自動車が競争力があると訴え続けていましたが、米国民もさすがにそれが真実でないことに気づいたのでしょう、調査では自動車メーカへの公的資金注入には否定的な意見が多いようです。

これら悪材料でも欧州株、米国株は安定していました。
米国株指数は下落しましたが、銀行株指数は上昇、一昨日の米国政府の銀行への救済策、昨日の英国の銀行救済プラン(損失の90%保証、期間5年)は好感され銀行株の買戻しが入っています。

昨日ロンドン午後の値決め(16時)に日本人投資家からのドル買いが出たようで(ユーロ円もでていたようです、ちなみに昨日は米国7年債券の入札でした9
ドル円は98.72まで上昇しました。

チャートはドル円の日足です。
8月15日の高値110.65から1月21日の安値87.10の半値戻しは98.82
ここが天井になり反転下落しています。
本日は朝方から日本時の輸出勢から、月末でもありドル円、クロス円の売りがでているようです。

昨日が高値となり94-98円のレンジになるのか、さらにここから上値を追うのか分岐点に差し掛かっています。

ランキングに参加しています、応援よろしくお願いします
にほんブログ村 為替ブログへ banner_11

【podcastはじめました】
YEN蔵のマーケット天気予報と題して週一回月曜か火曜に先週の総括、今週の展望、今週は通貨と国力の関係に関して語っています。
この番組では、皆さんのご質問をお待ちしております。番組の中でYEN蔵が
回答しますよ。お気軽にどうぞ!
宛先は:yenzopodcast@gmail.com


「YEN蔵の市場便り」FXマガジンにて執筆中
!



ご購読はこち らから

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

銀行救済案でドル買いに 

昨日は金融市場の状況好転を受けてのドル買いとなりました。
・米国大手銀行19行に追加資本注入をにらみ、資本査定を開始、資本注入が必要な場合は6ヶ月以内に注入
・FRBバーナンキ議長は銀行への資本注入は50%以内で、株主の価値をゼロにする方法ではおこなわない
・来週にもバッドバンク構想をを発表
バッドバンクとは銀行の不良資産を銀行が買い取り、優良資産だけの銀行と分離する方法

これらのニュースで銀行株が上昇、ドル買いにつながりました。

米国債の入札も順調にこなしていることもドルにはグッドニュースとなっています

ランキングに参加しています、応援よろしくお願いします
 にほんブログ村 為替ブログへ banner_11

 【podcastはじめました】
YEN蔵のマーケット天気予報と題して週一回月曜か火曜に先週の総括、今週の展望、今週は通貨と国力の関係に関して語っています。
この番組では、皆さんのご質問をお待ちしております。番組の中でYEN蔵が
回答しますよ。お気軽にどうぞ!
宛先は:yenzopodcast@gmail.com


「YEN蔵の市場便り」FXマガジンにて執筆中
!



ご購読はこち らから

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

米国債券の入札について

読者の方から以下のご質問がありました

 霞仙人  YEN蔵さん、いつも有益な情報ありがとうございます。

米国債の入札ですが、期限はいつまででしょうか。

2年債券 410億ドル 24日
5年債券 310億ドル 25日
7年債券 250億ドル 26日

となります。
昨日の2年債は応札倍率2.63倍でした。あまり話題になっていませんでしたが
想定内ということだったのでしょう。
昨日の記事の過去最高の数字が間違っていたので修正しておきました。

ランキングに参加しています、応援よろしくお願いしますにほんブログ村 為替ブログへ


「YEN蔵の市場便り」FXマガジンにて執筆中
!



ご購読はこち らから

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

ユーロ円のレンジブレーク

2009

昨日円は全面安となりました。
米国大手銀行の国有化問題が一旦沈静化したことで、米国株が200ドル以上上昇となるなど、市場が落ち着きを取り戻しました。
しかし最近は株価とドル円、クロス円の関係も崩れ(依然は株安=円高でしたが)、ここ最近の円安は行き過ぎた円買いの反動という需給的な側面が強く出ています。

昨日も東ヨーロッパの経済危機問題がくすぶっており、ユーロドルは反発が弱くなっています。
しかしドル円の上昇に比べて遅れていたユーロ円が昨日大きく上昇しました。

チャートはユーロ円の日足とボリンジャー・バンドです。
昨日バンド幅が縮小から発散して日足でバンドをブレークしました。
日足のレンジブレークですから大きなトレンドの転換となります。

ただドル円のターゲットの97円、ユーロ円はフィボナッチエクスパンションの1.618が125.37となっていること。
円安のスピードの速さとこれらのレジスタンスのポイントを考え、一旦少し下げ可能性を考えています。

ランキングに参加しています、応援よろしくお願いします
 にほんブログ村 為替ブログへ banner_11

【podcastはじめました】
YEN蔵のマーケット天気予報と題して週一回月曜か火曜に先週の総括、今週の展望、今週は通貨と国力の関係に関して語っています。
この番組では、皆さんのご質問をお待ちしております。番組の中でYEN蔵が
回答しますよ。お気軽にどうぞ!
宛先は:yenzopodcast@gmail.com


「YEN蔵の市場便り」FXマガジンにて執筆中
!



ご購読はこち らから

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

米国政府の巨額資金調達

昨日はポンドが買い進まれました。
一部銀行のリパトリによる海外資産売却、英国への本国送金がでたようです。
しかしドル買い需要も根強くドル円、ユーロドルなどではドル上昇となりました。

ドル円に関しては本邦年金の買いも噂されていました。

また今週からは米国中期債券の入札があります。

2年債券410億ドル(過去最高は400億ドル)
5年債券310億ドル(過去最高は300億ドル)
7年債券250億ドル(過去最高98億ドル、1993年以降停止、今回復活)

合計970億ドルと過去最高です(先々週の長期債券入札は670億ドルとやはり過去最高でした)

財政政策を積極的におこなう米国は資金調達のため、これだけ巨額の米国債券発行をおこなっています。
資金調達がうまくいっているうちはドル買いとなりますが、ひとたびうまくいかなくなると米国長期金上昇などの弊害も出てきます。

ランキングに参加しています、応援よろしくお願いします
 にほんブログ村 為替ブログへ banner_11

 【podcastはじめました】
YEN蔵のマーケット天気予報と題して週一回月曜か火曜に先週の総括、今週の展望、今週は通貨と国力の関係に関して語っています。
この番組では、皆さんのご質問をお待ちしております。番組の中でYEN蔵が
回答しますよ。お気軽にどうぞ!
宛先は:yenzopodcast@gmail.com

先週はメールマガジンで94円までの上昇を的中させました


「YEN蔵の市場便り」FXマガジンにて執筆中
!



ご購読はこち らから

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

クロス円の買い手

stgjpy2.23.2009

欧州時間に入り円売りが加速しています。
ドル円が93円をサポートし反転。
ユーロドルは1.3000付近まで上昇しましたが、ECB(欧州中央銀行)総裁のトリシェが『ユーロ圏の金融システム、深刻な緊張状態にある』と述べたため反転下落。

しかしクロス円の本邦投資家の買いでクロス円が上昇。
ユーロ円も122円近辺まで上昇しましたが、ポンド円の上昇がそれを上回り139円台まで上昇しました。

チャートはポンド円の一目均衡表です。
本日日足で雲の中に突入しています。

ランキングに参加しています、応援よろしくお願いしますにほんブログ村 為替ブログへ

先週はメールマガジンで94円までの上昇を的中させました


「YEN蔵の市場便り」FXマガジンにて執筆中
!



ご購読はこち らから

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

金曜日のユーロ上昇の理由

金曜日はユーロドルが引けにかけてショートカバーで上昇しました。
緊急欧州首脳会談で材料が出ました。

ユーロ圏共同政府債案です。
ユーロ加盟の16カ国の政府共同保証で共同ユーロ債を発行。
残りは各国政府が発行する新しい債券市場の創設です。

これができれば米国国債市場を上回る巨大な債券市場ができ、日本、中国、中東など外貨の運用を行っている国の資金がユーロにシフトする可能性もあります。
このことが金曜日のユーロ買いの要因のひとつです。

また米国のドッド上院議員が、米国銀行の国有化の可能性に触れたこともドル売りの一因になっていたようです。

ランキングに参加しています、応援よろしくお願いします にほんブログ村 為替ブログへ banner_11

【podcastはじめました】
YEN蔵のマーケット天気予報と題して週一回月曜か火曜に先週の総括、今週の展望、今週は通貨と国力の関係に関して語っています。
この番組では、皆さんのご質問をお待ちしております。番組の中でYEN蔵が
回答しますよ。お気軽にどうぞ!
宛先は:yenzopodcast@gmail.com

先週はメールマガジンで94円までの上昇を的中させました


「YEN蔵の市場便り」FXマガジンにて執筆中
!



ご購読はこち らから

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

ドルインデックスの動き

2009

チャートはドルインデックスです。
先週ドル円が94円台に上昇、ユーロドルが1.25台に下落したことでドルインデックスは88.25まで上昇しました。
11月の高値88.46を抜けることなく反転。

ユーロドルが1.25を割れることなく反発、1.28台で引けました。
今週は米系証券の顧客向けリポートで目標を1.35にユーロの上昇を示唆しました。
このリポートでは東ヨーロッパに対していままで悲観的でしたが、すでに通貨の下落(ポーランド、ハンガリーなどの通貨)はそれを織り込んだために、底値に近いと述べています。

そして東ヨーロッパの動揺はユーロの下落に結びついていましたが、これもすでに価格に織り込まれたために、ここからユーロは反転上昇するというのがこのリポート主旨のようです。

またドル円は90円レベルがサポートされて94円台まで上昇しました。
投資家の買い、輸出企業などはすでにかなりドルを売却してしまったために94円レベルまで上昇してもあまり輸出企業からドル売りは出てきていないようです。
しかし1月6日の高値94.65は依然抵抗ラインになっています。

今週はユーロの上昇、ドル円の下落になるのか。
とはいえドル円も90円付近は、いまやしっかりサポートされているので90-94のレンジになるのか、ドルインデックスの動きに注意しつつ戦略を立てたいと思います。

ランキングに参加しています、応援よろしくお願いします にほんブログ村 為替ブログへ banner_11

【podcastはじめました】
YEN蔵のマーケット天気予報と題して週一回月曜か火曜に先週の総括、今週の展望、今週は通貨と国力の関係に関して語っています。
この番組では、皆さんのご質問をお待ちしております。番組の中でYEN蔵が
回答しますよ。お気軽にどうぞ!
宛先は:yenzopodcast@gmail.com

先週はメールマガジンで94円までの上昇を的中させました


「YEN蔵の市場便り」FXマガジンにて執筆中
!



ご購読はこち らから

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

セミナーの紹介

今日は業者さんの宣伝をさせてください
ODL JAPANです。

こちらは私も利用しているチャートシステム【MT4メタトレーダー4】が利用でき、チャートからトレードができ便利です。
このメタトレーダー4は正直かなり優れもののチャートシステムです。
チャートシステムとしては、これに勝るものはいまのところないと思います(無料で利用できるものでという意味で)

ODLが2月28日にセミナーを開きます。
【オバマ新政権、中東情勢と為替市場】がテーマのひとつです。
こういうセミナーは他ではなかなかありません。

イスラエルでは選挙で第一党左派カディマが過半数を取れず、第二党の右派リクードのネタにヤフ党首が首相になりそうな情勢です。
オバマ政権が中東和平を進展させようとしても、右派リクードのネタニヤフ氏は和平に懐疑的な強硬派です。
イスラエルの政治の行くへは中東情勢に大きな影響力があり、ひいては原油の値段、為替にも大きな影響があります。
中東情勢は是非抑えておきたいポイントですね。

カディマの党首のリブニ氏は女性ですが、最強の情報機関モサッド出身です。
イスラエルの首相は軍人や、このように情報機関出身者も多くイスラエルの置かれている準戦時体制というのが政治家の経歴に求めるものも違うのでしょう。

このようなセミナー御興味があれば面白いと思います
締め切りは2月23日(月曜日)23:59までということなのでお早めに。

ランキングに参加しています、応援よろしくお願いします にほんブログ村 為替ブログへ banner_11

【podcastはじめました】
YEN蔵のマーケット天気予報と題して週一回月曜か火曜に先週の総括、今週の展望、今週は通貨と国力の関係に関して語っています。
この番組では、皆さんのご質問をお待ちしております。番組の中でYEN蔵が
回答しますよ。お気軽にどうぞ!
宛先は:yenzopodcast@gmail.com


「YEN蔵の市場便り」FXマガジンにて執筆中
!



ご購読はこち らから

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

米銀国有化の噂

今週は東欧の危機を理由に売りを加速させていたユーロが反転しました。
きっかけはドイツのメルケル首相が、IMFを通じた東欧への支援に用意があると発言したこと。
また米銀の一行がいままで東ヨーロッパの通貨の売り、ひいてはユーロの売りを推奨していましたが、昨日の顧客向けリポートで、東ヨーロッパの問題はすでに市場に織り込まれたとの観測で、買戻し、またユーロの目標値を1.35としたことがユーロの上昇を加速させました。
(筆者はレポートを見ていないのであくまで市場の噂です)

しかしニューヨーク時間で再びドル円の買いで94円台、ユーロ円も120円台をつけたところが天井となってしまいました。
120円台を維持することができずあっさり下落。

昨晩米国株式市場では銀行株が再び大きく下落しました。
シティグループは2.51ドルと1991年以来、バンク・オブ・アメリカは3.93ドルと1984年以来の安値となりそれぞれ14%ほど下落しました。
英国経済紙FT(フィナンシャル・タイムス)ではシティの国有化の噂のついても言及しています。

これらの株安はクロス円の頭を押さえてユーロは再び1.25台、ユーロ円も118円台まで下落してきています。

ランキングに参加しています、応援よろしくお願いしますにほんブログ村 為替ブログへ

2月9日から有料メールマガジンを執筆することになりました。為替に勝つための戦術、情報を大きな流れを踏まえたうえで、短期トレードににも生かせるように工夫しています


「YEN蔵の市場便り」FXマガジンにて執筆中
!



ご購読はこち らから

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

1 / 41234