市場は新年度入りです

週間レンジ2014.12.28

先週は東京が23日は休日、24~26は海外市場が休日とあって
あまり動意がないマーケットでした。

グラフは週間のレンジですが、ドル高の流れは継続

そんな中でドル円が0.73%上昇したことでクロス円も上昇して
円売りの流れも継続でした。

ドル高の中でニュージーランドドルは0.28%上昇したために

ニュージーランド円は0.98%と週間では1番のパフォーマンスでした。

原油価格はWTIが54.73ドルで終了するなど安値圏絵推移していますが

ロシアンルーブルは53.50付近までドル安ルーブル高で一旦落ち着いていることもあり

資源国通貨はランド円+0.83%、カナダ円が0.63%と反発

株式市場では25日が本年最終受渡日で
26日から実質新年度相場いり

為替のほうはドル円のバリューデート(受け渡し日)は26日取引分が30日

29日分が来年5日で、クロス円も5日になりますから
29日からが実質新年度いり相場ですね

海外勢もクリスマス明けから、新年度いり、休養十分できますから
動き出すかもしれません

年末はバリューデートが東京の休日で円がらみだけ先に伸び

スワップが東京が休みなのに多めにつくので、ある意味、得した気分になりますが

東京が休みのうちに、株価が下落してリスクオフになる可能性もあるので

長い休日は楽しくもあるのですが、ポジション、特に株を持っている人間には
心配ですよね

株式市場もまだ2日ありますから、掉尾の一振(とうびのいっしん)で上昇するのかどうか

来年の動きを占う上でも重要な週になります

長い休暇になルカ他が他もいらっしゃるでしょうが
もうひと頑張りですね

新年、最初のイベントは1月9日の米雇用統計です

今月も岡三オンライン証券さんでガチンコ雇用統計のライブ放送やります

武部さんと一緒に為替はもちろん、債券、株式の動きもお伝えしますので

是非ご覧ください

今週の日経ヴェリタスで岡三オンライン証券の大杉社長のインタビューが掲載されています

そこで大杉社長も述べられていますが300人で始まった
セミナー視聴者の方々も
12月のときは1400人となりました

重要情報満載でお伝えしますので、是非多くの方にご覧いただきたいと思います

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

週間為替、株、債券

週間レンジ2014.5.12~16

先週はカナダ円を除き円高傾向

ユーロドル下落も継続

オセアニア通貨は下げ止まり

日本株下落

中国、欧州株は上昇

ダウ、SP500は下落
ナスダックは上昇

日米独の10年債利回りは低下

米国の利回り低下が止まるかどうかで、ドル円の101.20~30が維持できるか決まるでしょう

5月28日20時より月例の岡三オンライン証券さんでのセミナーです

【夏相場を事前リサーチ】というタイトルで
、ファンダメンタルズから
夏に向けた投資戦略を練ります

前回はドル円の短期トレードの手法をお話しましたが

今回は少し長めに、ここからどの通貨が動くのか、

その場合は何が材料かファンダメンタルズから占います

もちろんチャートポイントなどのテクニカルターゲットも示します

ここのところ膠着相場が続いていますが、動き出す前に?

シナリオ作りに役立つセミナーを行います
是非ご覧ください

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

 

今週のマーケットの特徴は

週間レンジ1.03.2011

表は先週の各通貨オープン、ハイ、ロー、クローズ。

フィボナッチ・リトレースメント、61.8%、50%、38.2%

レンジ(ハイ-ロー)

レンジ(オープン-クローズ)

それぞれの値幅と変動率

ピボット

先週の動きを見るとドル円が2.23%上昇、ドルスイスが3.47%上昇、ユーロドルが3.28%、豪ドルが2.33%、キウィが1.96%下落しドルの上昇が目立ちました。

ドルスイスでのドルの上昇が一番大きく、ユーロでのドルの上昇が2番目でした。

ユーロドルは1.34台から下落しましたが、金曜日の雇用統計後も1.29付近まで下落し安値を更新しました。

来週もこのドル買いの流れが継続するのかどうか。

ユーロドルは1.29にオプションバリアーがありましたが、ブレークしてさらに下落するのかどうかが、まずは月曜日のポイントです。

一方クロス円はユーロ円は1.13%下落、豪ドル円は0.19%下落でしたが、ポンド円は2%、キウィ円は0.225上昇とまちまちの動きでした。

先週は、クロス円というよりは、やはりドルのマーケットでした。

ランキングに参加しています

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ

今週のレンジ

4月25日のレンジ

レンジ4.25

週間レンジ4月21日~4月25日

週間レンジ4.20

今週はやはりスイスがマーケットを主導しました。

ドルスイスが1.77%上昇し、ドル上昇を引っ張りました。

ユーロも1.34%の下落、そのためユーロ円、ユーロポンドもそれぞれ

0.8%、0.67%下落しました。

株価は世界各国で概ね堅調、特に日経は2.87%と大幅に上昇しました。

$ベツベ

チャートはドルスイスの日足です。

クローズは、2月13日の高値1.1006と3月17日の安値0.9638の50%戻し

近辺でした。

最近のボックス圏の上限の1.0450ブレークは失敗しました。

ここを抜けられれば、ドル買いに拍車がかかるかもしれません。

その場合のターゲットは、61.8%戻しの1.0547、2月1日の下限1.0730

100%戻しの1.1106となります。

ボリンジャーバンドも木曜日から収縮からブレークしつつあります。

今後のドルの動きを占う上で、スイスが再び1.0450近辺をキャップされ、

レンジになるか、上方ブレークしていくか注目しています。

昨晩のドル売り

昨日のレンジ

レンジ3.14

                                       

                                                                           

週間レンジ

レンジ3.10-3.14

おはようございます

ついにドル円は終値で100円割れ、ドルスイスもパリティ(1$=1.0000スイス)を突破してしまいました。

米証券会社ベア・スターンズに対する資金供給が信用不安を連想し米国株の下落を誘ったことでリスク回避円高方向への流れとなりました。

銀行株指数は-4.23%下落、アメックス金融株指数は-2.83%下落、ベアスターンズ株は-47.37%も下落しました。

個別株でストップ高、ストップ安のない米国株の下げは強烈ですが、しかし1日で株価が半分になってしまうボラティリティの高さはさすがに唖然としてしまいます。

また一部で来週のFOMCで利下げが1%となるとの予想もあり、ドル売りに拍車がかかりました。

今週のレンジ

レンジ3.2週