将軍リスクが去ったらトランプリスクが登場

 

 

こんにちはYEN蔵です

今日は雨は一服ですが、ドルの上昇も一服になってしまいましたね

 

上の表の右側は住宅着工許可件数で122.3万戸(予想の125万戸)で前月比4.8%の減少

左側は住宅着工件数で115.5万件(予想122万件)で前月比4.1%減少

 

弱い指標でしたが、ドル売りの原因はこれでなく、トランプ大統領の発言でした

トランプ大統領は助言組織の製造業評議会と戦略・政策フォーラムを解散するとツイッターで述べました。

米経済界の首脳で構成されていたふたつの組織ですが、

 

バージニア州で発生した白人至上主義者と反対派の衝突に対するトランプ大統領の発言から、

ふたつの組織から米企業の首脳たちの辞任が相次いでいたために閉鎖したようです。

経済諮問委員長のコーン氏もこの発言を問題視しており、産業界よりだったトランプ大統領から

経済人たちが離れていく状況になっていました。

昔の日本は経済は一流、政治は2流といわれていましたが、米国もそうなりつつあるようです

 

その後のFOMC議事要旨では、一部のメンバーが物価の弱含みが一時的であると確認できるまでは利上げを待つべきとの主張

ハト派的ともとらえられドル円は110円台前半へ

 

そして今日は109.65付近まで下落しましたが、

ドル円のチャートを見ても分かるように109.80付近が最近のレンジ108.70~110.95の50%、

109.60付近が61.8%戻しで、上昇前にもみ合ったこのレベルがサポートされ110円台を一時回復しています

 

109円台中盤がサポートできるようであれば、109.50~110.30、このレンジをどちらに抜けるかですね

 

Fedの利上げ時期後退なのか、トランプ発言でも米国株が崩れなかったのでリスクオフにはならなかったのが救いですね

ドル円の下落で日経平均はだめでしたが、マザーズは元気が良かったですね

 

好調な本邦GDP

 

今日の日経平均は192円安(-0.98%)TOPIXは-1.12%、マザーズ指数-1.01%

先週のリスクオフの相場を考えると、こんなもんだろうという下げでした。

 

金曜日に米国株が下げ止まったことた、ドル円が108円台後半をサポートし

109円台中盤に反発したことも日本株を支えたのかもしれません

 

そんな中で今日発表された日本の4~6月期のGDPは非常に強い数字でした

実質GDPは前期比1%成長、前年比4%(予想2.4%)と非常に強い数字で6四半期連続のプラス成長となり
2005年1~3月期から2006年4~6月期以来11年ぶりの長期連続成長です。

より生活感覚に近い名目GDPは1.1%成長、年率4.6%となりました。

 

個人消費が0.9%、設備投資が2.4%、住宅投資1.5%、公共投資5.1%の成長となりました

個人消費ではエアコンなどの白物家電や自動車の販売が好調だったことが個人消費を押し上げました

これらは家電量販店の決算が良かったことでも裏付けられました。

 

設備投資も建設、工作機械、ソフトウェア投資などが伸びて8四半期連続のプラス成長。

 

公共工事も2016年度第2次補正予算の執行が進み5年ぶりの高い伸びになりました

 

寄与度で見ると内需が前期比1.3%上昇で外需が0.3%マイナス成長となりました

輸出が前期比0.5%マイナスとなり前年と比べると6.6%成長でしたが足を引っ張りました

中国のスマホの販売の減速で電子部品の落ち込みが影響しました

 

4~6月期も含めて堅調な成長が続いており、個別企業の業績もそれらを裏付けています

 

しかし北朝鮮問題など外的要因がマーケット的には足かせが続いている状況です

戦争が起こらなければ、レンジが継続と見ていますが

米国のGDPは予想通りUPしましたがドル買い材料にななりませんでした

 

こんにちはYEN蔵です
週末は天気がいまひとつですね。ただ暑さが一服なのは助かります

 

金曜日は結局ドル安が加速してしまいました
 
注目された米国の第2四半期GDP(上のグラフ)は、第1四半期の1.2%から2.6%に加速しました
 
数字の内訳(下のグラフ)は
 
個人消費が1.9→2.8%
 
民間設備投資が-1.2→2%
 
これらが成長率を加速させ第1四半期の1.2%の落ち込みは一時的だったことが確認されました
 
GDPの数字は2.6%と予想と一致しましたが、一部には2.8%以上の成長も予想されていたためにドルのサポート材料にはならずにドルはむしろ下落してしまいました。
 

それにはもうひとつの指標の影響もありましたが、後ほど書きます
 
ドル円110.50~60サポートできないと更に下がりそうですね

 
FXメルマガやっています。初回10日間無料で読めます。


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』

カナダの重要サポートレベル

 

 

 

昨日カナダ中央銀行は政策金利を0.25%引き上げ0.75%にしました

約7年ぶりの利上げでしたが、予想通り

しかしGDPの見通しを2017年2.6→2.8%、2018年を1.9→2%に引き上げたことでドルカナダは1.26台後半に下落

1.27台中盤にショートカバー中です

上のチャートはカナダのCPI, 1.2~1.5%(種類による)と低水準です。

今後の利上げは経済の状況しだい、CPIも見ておきたいですね

2番目野のチャートは本日発表の新築住宅価格指数、前月比0.7%と予想の0.3%を上回りました、前月は0.8%

最後のチャートがドルカナダの月足

2007年11月の安値0.9998~2016年1月の高値1.4690の38.2%戻しが1.2530~40

2016年5月の安値は1.2460

この38.2%戻し付近の1.2450~1.2550がとりあえず下値のめどでしょうか
 
FXメルマガやっています。初回10日間無料で読めます。

米雇用統計にはびっくり みんな油断してたのかな

最近やや影響力の落ちていた米雇用統計の結果が大きく相場を動かした。

 

米5月雇用統計は非農業部門雇用者数が前月比3.8万人増加と予想の15.8万人増加を大きく下回った。前月分も16万人増加から12.3万人増加に下方修正された。3~5月の平均は11.6万人増加となり、1~3月期の19.6万人から大きく落ち込んだ。昨年10~12月期は28.2万人だったことを考えれば、これがクリスマス商戦の特殊要因だったことを考慮に入れたとしても米雇用状況が大きく鈍化した。

 

雇用者の内訳は民間就労者が2.5万人増加となり予想の15万人増加を大きく下回った。前月分も17.1万人から13万人増加に下方修正された。
失業率は4.7%と前月の4.9%から低下し2007年11月以来とリーマンショック前のレベルに低下した。
失業者数は48.4万人減少と前月の4.6万人増加から大幅に減少、雇用者数は2.6万人増加と前月の31.6万人減少から小幅に増加した。
また労働人口が45.8万人減少となったことも失業率を押し下げた。しかし労働人口の減少は労働参加率の減少という形になった。
労働参加率は62.6%となり前月の62.8%から低下した。これは1977年9月以来の低水準だった62.4%に近づいた。

 

経済的理由からのパートタイムとなっている人も含めたU6失業率(不完全失業率)は9.7%となり2008年5月以来の低水準となっている。
失業期間の中央値は10.7週となり、4月の11.4週から短くなった。
平均失業期間は26.7週となり前月の27.7週から短くなり、長期失業期間とみなされる27週以上の失業者の割合が25.1%と前月の25.7%から低下し2009年3月以来の低水準となった。

 

平均時給は前月比0.2%上昇で25.54ドルとなり予想と一致した。前月分の0.4%(0.3%から上方修正)からは鈍化した。
しかし前年比で見ると2.5%の上昇となり4月と一致し2009年7月以来の高水準となった。

 

今回の雇用統計は、米通信大手ベライゾン・コミュニケーションが4月からストライキを行い、この分が35000人減少すると予想されていた。
この分は6月1日に復帰したので6月分の増加要因になる。

 

しかしこれを含めても非農業部門雇用者数の減少が大きすぎる。製造業と建設業の落ち込みが大きかった。

 

弱い数字に対しては悲観的な見方が広がりCMEのFEDWATCHでは6月利上げの織込み度が3.8%とほぼゼロに、7月分も前日分の59%から31.3%に低下した。

 

長期間続いた雇用の回復がさすがにピークを打ったのか。あるいは今年2~3月は天候が穏やかだったことで伸びが衰えなかった分の反動が出たのではないかという説もある。

 

WSJ(ウォール・ストリート・ジャーナル)紙の著名Fedワッチャーのヒルゼンラス記者は6月の利上げは後退したが7月がまだ視野の中という記事を書いた。今後7月に利上げが行われるのかどうかは米国指標及びFed高官、地区連銀総裁などの発言への注目がますます高まろう。

 

 

米雇用統計失望で利上げ時期が微妙に

米雇用統計2015.7.2     米雇用統計2.2015.7.2

 

注目された米雇用統計は失望となりました。

しかし市場がそれほど動かないのは、数字自体がそれほど大きな変化でなかったことと

マーケットの注目がギリシャ問題に向かっているからなのかもしれません。

非農業部門雇用者数が23.3万人と予想の23万人を上回りました

ただ5月分が28→25.4、4月分が22.1→18.7に下方修正

失業率は予想の5.4%が5.3%に低下しました

しかし労働人口が43.2万人減少で、これが失業率低下の原因でよくない失業率の低下でした

その分、労働参加率が62.6%に低下しました

時間当たり賃金が24.95ドルで前月と同じでで、これも失望でした。

ここまでが失望だったポイント

良かったポイントは

パートタイムも含むU6失業率は5月の10.8%から10.5%に低下

長期失業者数は250.2万人から212.1万人に減少しました

 

この数字を受けて短期金融市場が予測する12月までの利上げ確立は

48%に低下しました

米10年債は昨日の2.42%から2.37%に低下

ダウは52ドル安

ドル円は123.10付近と小動きです

ニューヨークが3連休で、今日はもうやる気が無いのでしょう

 

このままニューヨークが動かなければドル円は123円の維持

日経平均先物は20400付近をサポートできれば

再度明日123.50~60、20600円をためしにいくのでしょう

ただ週末のギリシャ国民投票を控え、上昇の加速はないかもしれません。

 

 

 

 

 

米雇用統計の結果はゴルディロックス?

4月米雇用統計結果2015.5.94月米雇用統計結果2、2015.5.9

昨晩は岡三オンライン証券さんで恒例の【ガチンコ雇用統計】をやりました

いつもどおりたくさんお投資家の皆さんにご覧いただきました。ありがとうございました

 

雇用統計の結果は上の表のとおりです

非農業部門雇用者数は前月の8.5万人(12.6万人から下方修正)→22.3万人増加しましたが予想の23万人はやや下回りました

失業率は前月の5.5%→5.4%に低下し予想の5.4%どおりになりました

時間当たり賃金は24.84ドル→24.87ドルに0.1%上昇となり予想の0.2%を下回りました

建設業が9000人減少から4.5万人増加、輸送保管が8.1万人から15.2万人に増加、ここら辺は天候の影響でしょうか

 

労働人口は9.6万人減少から16.6万人増加し労働人口の増加でも失業率の低下は良い失業率の低下でした

パートタイマーも含むU6失業率も10.9%から10.8%に低下

労働参加率は62.7%から62.8%に上昇

非農業部門雇用者数は20万台を回復しましたが3ヶ月平均は19.1万人

失業率、労働参加率、賃金上昇はまあまあでしたが、総じて予想通りに結果でした

3月が悪すぎたので、4月の回復にはやや不満足かもしれませんが、

5月以降の回復を見てみないとわからないというところがマーケットの総和ではないでしょうか

というのは

米2年債利回りが0.635→0.571%

米10年債利回りが2.178→2.142%に低下

ダウは267ドル高の18191.11ドルで終了しました

債券利回りはここ1週間の上昇の反動もあったのでしょうが、

Fedの利上げが9月から12月にとの予想が増えたという印象で、ゴルディロックス相場

低金利継続で債券安、株高、ドルはそれほど上がらないという解釈になったのでしょう

 

 

日本の貿易収支黒字で円高?

3月貿易収支2015.4.22

2月経常収支2015.4.22

 

日経平均は終値で2万円を回復して上昇トレンドバッチリですが

為替のほうは少し停滞気味ですね

今日は本邦の貿易収支が発表されました

輸出が6兆9274億円と8.5%増加し、7ヶ月連続の増加

輸入が6兆6981億円赤字と14.5%と3ヶ月連続で減少でした

差し引き2293億円の黒字と33ヶ月ぶりの黒字となりました

輸入の減少は原油が50.7%減少、石油製品が38.3%減少、LNGが12.3%減少と明らかに原油の下落が材料でした

ただ輸出も数量ベースで見ると3.3%増加、金額ベースでも8.5%と健闘しています

今日のドル円は119.75~80がレジスタンスになり下落しましたが

この指標が原因ですかという質問もいただきましたが、あまり関係ないと思います

貿易収支や、下のグラフの経常収支は長期に影響はあっても短期の影響は余りありません

特に貿易収支は買いきり、売り切りなんで長期的には為替に大きな影響を与えます

問題は貿易黒字の傾向が続くのかどうか

輸出再度から見ると、中国の景気の回復、世界景気の回復が持続sるのかどうかがポイントです

一方で輸入は原油価格にかかっています

WTIが40台前半まで下落しダブルボトムをつけて55~57ドル付近まで上昇しており

大底は打った感じがします

原油価格の下落の影響はタイムラグがあり、しばらく続くでしょうが

輸出が継続的に伸びていかないと、黒字定着は難しいかもしれません

ただ2014年貿易赤字は9兆1343億円、13年の13兆7563億円の赤字からはかなり縮小しており

前年と比べて貿易赤字の縮小は今年も続くのではないかと思われます

そういう意味では円安圧力の要因のひとつが弱くなったともいえます

 

 

米国雇用統計 その2

NFP5、2015.4.4


NFP3,2015.4.4

米雇用統計の続きです

米国は移民の国ということで、さまざまな人種が生活しています

ニューヨークに旅行された方は多いと思うのですが

またニューヨークに在住されていて私より詳しい方も多いと思います

ニューヨークにはチャイナタウン、リトルイタリーとか人種ごとの

あるいは民族毎のコミュニティーなんかもあります

シティバンクのディーリングルームに行ったときは、

やはりさまざまな人種と民族が働いていました

当然雇用統計でも人種ごとの失業率も発表されます

上のグラフがそれです

一番失業率が低いのがアジア系で3.1%

シティのディーリングルームでもぱっと見20~30%が
アジア系という感じ
あくまでイメージですが

1世が移民で英語も話せずに低賃金の仕事でがんばり

2~3世がいい大学をでてウォール街の金融機関に就職する

必ずしもそれが幸せというわけでもないですが
そんなサクセストーリーもあると聞いたこともあります

1990年に初めてニューヨークいったときに

友人がNYU(ニューヨーク大学)に留学していて案内してくれたのですが

コリアン・デリというお店があり、
日本のコンビに見たいな店が
ちらほら見かけました

コリアン・デリをググると違う業態が出てきますが

あくまでそれじゃないですからね

これは1990年代ニューヨーク界隈の、

もしかしたら私の友人が通っていたNYUあたりだけで

通用した単語なのかもしれません

何でコリアン・デリなのかといえば、
韓国・朝鮮系移民の人が
経営しているケースが多いから

八百屋・果物屋といえば昔はイタリア系だったらしいのですが

アジア系の手先の器用さ、清潔さでイタリア系を駆逐して

八百屋・果物屋+コンビニみたいな業態をコリアンデリと呼んでいたようです

コリアンデリ経営者の息子・娘たちが
アイビーリーグの大学でて
ウォール街の金融機関に就職していたのかもしれませんね

ま~2000年以降はIT業界なんでしょうが

いまでもあるのかなコリアンデリ

米国の失業率にはこのように明確に人種間の差があります

2番目のグラフは経済的な理由からパートタイムで働いている人の数と

それらの人々を含めた失業率

660万人の人がパートタイマーで、

これらの人を失業者にカウントすると失業率は10.9%に上昇します

イエレンFRB議長が注目しているいくつかのポイントのひとつがこれです

パートタイマーは総じて賃金が安く、

これらの人々が正社員となって賃金が上昇しないと

物価も上昇せず、利上げの継続が難しい

フルタイムの仕事に就けずに、
賃金の上昇が緩やかというのは
先進国共通の悩みですね

ここら辺はピケティの格差の拡大にも繋がるテーマです

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

米雇用統計はOMG!!

NFP2015.4.4


NFP2,2015.4.4


NFP4,2015.4.4

Oh My Gosh!

昨晩は岡三オンライン証券さんで、恒例のガチンコ雇用統計をやりました

今回は10回記念ということで、友人のウルフ村田が遊びに来てくれて

1時間半のロングバージョンで盛り上がりまして

しかし、しかしです!!

米雇用統計は驚きの結果

これは大変なことになると思いましたが、

グッドフライデーで欧州、米株式市場が休場で参加者がいないのか

以外に反応が緩やかでした

上から、米雇用統計の各項目と
非農業部門雇用者数の推移

項目はロイターから、グラフはFTからです

非農業部門雇用者数が予想の24.5万人に対し12.6万人

失業率は5.5%と横ばい

2月分は29.5から26.4万人

1月分は25.7から201万人

合計で8.7万人も下方修正
結構ぶれるんですよね

だから今回の結果も来月の修正があるのか、

3か月分ぐらいのトレンドを見る必要がありますね

失業率が変わらなかったのは労働人口が9.6万人減少のためか?

ただ良い側面もありました

注目の時間当たり賃金は24.79から24.86ドルに0.3%上昇

長期失業者数は270.9から256.3万人に減少

U6失業率 11から10.9%に低下

ここら辺が評価されたのかもしれません

FTのグラフを見てください

2014年後半から25~30万人の非農業部門雇用者数が普通でした

2014年11月なんて42.3万人とありえん数字が出ていました

しかし2013年は15~20万人ぐらいで推移しており

20万を超えてきたのが2013年後半からです

米国は移民の国なので15万ぐらいが
失業率を下げるほどの
大きな雇用増加のボトムラインといわれています

(ここら辺は人口の増加もあり微妙に変わってくると思いますが)

ですから15~20万人が継続できれば、じわり失業率は低下してきますし

それほど悪くはない

ま~25万人以上がズ~ト続いていたのが良すぎた面もあります

過去の推移を見ると25万が続くというのできすぎで
15~20万で十分という感じです

今後の推移が15~20万で落ち着くのか

再び20万以上となるのか

あるいは今回の12.6万を中心に10~15万になるのか
見極めることが必要でしょう

そもそも2013年ごろは失業率6%割ったら利上げを始めると言ってたのにもう5.5%です

むかし5%といえば完全雇用と言われていたのに

にもかかわらず賃金が上昇しない

何故?という感じです

普通失業率が低下し、人が雇えなくなれば賃金が上昇するはずです

この経済学で言うところの需要と供給のバランスが
昔のようにならないところに、

リーマンショック以降の
経済の変化があるのでしょう

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

1 / 1212345...10...最後 »