ゴールド急落、102円と1.36もオプションの攻防戦

gold2014.5.27

ドルインデックス2014.5.27

チャートはゴールドとドルインデックの日足です

ゴールドはアジア時間から下落1293ドル付近から1264ドル付近に急落しました

強い米耐久財受注なども材料になり、全般的に株高、ドル高

ただドル高といってもレンジの中の動き

ドルの上昇の割にはゴールドの下落は2%強と大きく落ちています

週末のウクライナ大統領選挙という地政学的リスクに備えた
ゴールドロングの投げも出たようです

ウクライナ大統領選挙の混乱の可能性=地政学的リスクが

大統領選の無事通過=地政学的リスクの縮小でゴールド売りというわけです

ドルインデックスも80.50付近まで上昇

ドル円が102.15付近間で上昇、
ユーロドルが1.3610付近まで下落

しかしドル円は102のオプションがあり
102円台は輸出の売りに加え
オプションのガンマも潤沢で、売りがかぶさってきてるので、

102.20~30を抜けるのは容易ではないでしょう
とはいえ、
このガンマは102円付近で売れば101.70~80は買い戻しなので
両サイドともがちがち

またユーロドルも1.36はオプションバリアーがあるようで
手前はガンマ潤沢で、
こちらも買いが沸いてきますが、

この買いも1.3640~50では売りにまわるでしょうから、

こちらもがちがち

102と1.36の攻防戦がまだ続きそうです

5月28日20時より月例の岡三オンライン証券さんでのセミナーです

【夏相場を事前リサーチ】というタイトルで
、ファンダメンタルズから
夏に向けた投資戦略を練ります

前回はドル円の短期トレードの手法をお話しましたが

今回は少し長めに、ここからどの通貨が動くのか、

その場合は何が材料かファンダメンタルズから占います

もちろんチャートポイントなどのテクニカルターゲットも示します

ここのところ膠着相場が続いていますが、動き出す前に?

シナリオ作りに役立つセミナーを行います
是非ご覧ください

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

 

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

エリザベス女王がBOEを訪問

gold12.14.20122012

英紙テレグラフによると、エリザべス女王と夫君のエジンバラ公はBOEの金庫室のゴールドを見学に行ったようです。

彼女は1937年に11歳の時にもここを訪れているようです。

BOEのキング総裁がエリザベス女王に何か講釈垂れているのですが、壇上から手をポケットに突っ込んでしゃべっていることには驚きました。

態度がすごくビッグ、日本で陛下にこんな態度でしゃべることは許されないでしょう。

なんというかすごくフランクというか、王室と庶民の距離が近いというのか、英国も王室は尊敬を集めていますから、これが普通なのでしょうね。

さてチャートはゴールドですが、5月1525ドル付近まで下落した後に、1800ドルの手前まで上昇した後に1670~1750のレンジで3か月ほどやっています。

大橋ひろこさんも書かれていましたが、ファンド勢がギリシャ国債を安値で買った時にヘッジでゴールド買いをshていたようなのですが、今回めでたくギリシャが国債を額面の33%ほどで買い戻してくれたので、ヘッジのために購入していたゴールドを売ったとか。先週の話ですが噂がでていました。

通貨の代替品として買われていたゴールドですが、FRBがQE3やって、一昨日ツイストオペ終了で長期国債買い入れ決定でもゴールドの上値が重い。

通貨の代替品としても量的緩和で商品上昇にもならない、今回はQEの影響と比べてやや異なっているように思えます。

ドルもそれほど落ちないし、ドル円はむしろ上昇(これは円安の要因ですが)、少し今までQEとは異なる動きになっていることが気になります。

12月22日14時から投資LABさんで「2012年の振り返りと2013年の展望」というセミナーをやります。

選挙結果次第ですが、この円安、株高マーケットが長続きするのかどうか。

2013年はまずこれが重要なテーマです。

次に米国の景気は回復降るのか、米国の金融緩和の行方は

欧州は再び動揺するのかどうか

ここら辺をテーマに2013年の投資戦略を考えてみたいと思います

ぜひ見に来ていただければと思います。

ランキングに参加しています

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

鉄鉱石、石炭価格で豪州貿易赤字が拡大?

鉄鉱石価格10.03.2012

鉄鉱石価格2 10.03.2012

石炭価格10.03.2012

石炭価格2 10.032012

8月のオーストラリアの貿易収支が20.27億豪ドル赤字となり豪ドルは下落が加速しています。

貿易赤字の原因は上のチャートです。

一番上から鉄鉱石価格トン当たり 2007年からと1980年から、石炭価格トン当たり2007年からと1980年から(世界経済のネタ帳から引用)

2011年2月に187.18ドルを付けた鉄鉱石は8月に107.8ドルまで下落しています。

50ドルまで下落するという予想もでてきました。

石炭価格は2008年7月に192.86ドルをつけた後に8月には93.44ドルまで下落しています。

オーストラリアの2大輸出は鉄鉱石と石炭なので、これが貿易赤字を拡大させ、豪州の経済減速に影響を与えています。

1980年からの鉄鉱石価格は12ドル台で2003年までまでその価格、石炭価格も2003年まで27ドル台でしたが、鉄鉱石は15倍に、石炭は7倍も吹き上がっています。

それもこれも中国の影響です。中国恐るべし

しかし日本はその割にはインフレにならないのは円高の影響でしょうかね

ランキングに参加しています

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

ゴールドの動きとドルの動き

gold 9.27.2012

 gold 9.27.20124h paint

リスクオフ気味ですが、トレンドのでないマーケットが続いています。

QEに反応しやすい商品、ゴールドの動きを見てみましょう。

チャートはゴールドの日足と4時間足のチャートです。

9月の初めに1695ドル近辺だったゴールドは、ECBとFOMCの決定を受けて1787ドル付近の高値をを付けました。

しかし2月29日の高値1790.50を付近を超えることができずに、昨日は1736.40付近まで下落後に1755ドル付近に反発しています。

1800ドル付近が依然として重要なレジスタンスとして機能しています。

もう少し詳しいチャートが4時間足です。

8月31日のバーナンキ講演で1660→1690に上昇

9月7日のECB理事会翌日に1690→1740に上昇

9月13日のFOMCで1735→1775に上昇

このようにゴールドは各中央銀行のイベントごとに上昇し、追加緩和の動きに反応してドル売りゴールド買いが進んでいることがわかります。

しかし9月21日に1787ドルの高値を付けた後は下落を開始し、昨日はサポートされていた1750~55を抜けて1733.50付近まで下落後に1755付近まで反発しています。

この1760付近を完全に上抜けしないと、上値が重い感じがします。

下値のめどとしてはFOMCでのスタート地点の1720ドル付近、抜ければECBでのスタート地点1680ドル付近ではないかと思っています。

QEに一番反応しやすいゴールドの方向性が定まらないうちは、ドル売りまで調整が長引かもしれません。

ゴールド売り=ドル買い=ユーロ売り・豪ドル売り、ゴールド買い=ドル売り=ユーロ買い、豪ドル買いが一般的なリスクオン、リスクオフです。

もちろん中国の問題で豪ドルやゴールドが売られやすいなどの特殊要因もありますが、基本はこの動き。

QE3後の調整局面が終わるのかどうか(ドル売りに再び転じるかどうか)、ゴールドの動きに注目しています。

ランキングに参加しています

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

商品価格の上昇は不安です

CRB 日足 7.19.2012

CRB 月足 7.19.2012

コーン 7.19.2012

大豆 7.19.2012

代表的な商品指数のCRB指数が久々に300を超えてきました。

5月4日に300をした抜けして以来の久々の300台回復です。

2月24日に326.02の高値を付けた後は下落を開始し、今回の春からのリスクオフの流れを早々とリードしたCRB指数は(CRBは割と動きが速いと思います)、6月4日に266.99、6月22日に266.78とダブルボトムを売って上昇を開始285~295でもみ合いましたが本日300をブレークしました。

チャートは上からCRB日足、月足、コーン、大豆です。

CRB指数の290~300付近は上昇するときも下降するときもポイントになるところで、今回300を抜けてリスクオンかと楽観したいところなんですが、そうとも言えません。

コーンと大豆のチャートを見てください。

米国の干ばつで、穀物価格が急上昇しています。

豆腐の価格もあってしまうのでしょうか?

コーンは家畜の飼料ですから、これで中国の豚肉とか上昇すると中国経済に影響があるかもしれません。

何しろ中国のCPIは豚肉の値段に影響を受けますから。

中国だけでなく、世界中の中央銀行が金融緩和で何とか経済を支えているときに、食品価格やエネルギー価格の上昇は不況時のインフレにつながり、金融緩和の流れにも水を差すかもしれません。

穀物価格の上昇CRBの上昇がリスクオンでなく、インフレの原因あるいは、回復しかけた経済の減速要因になると心配です。

7月26日、20時からインヴァスト証券さんで【ギリシャ、スペイン問題と中央銀行の戦い】というお題でセミナーを行います。

最近は世界各国の中央銀行が緩和姿勢を強めて、その影響が為替に大きな影響を与えています。

市場の注目が欧州から中央銀行の動きにやや傾きつつあります。

わかりにくい金融政策を詳しく解説するとともに、今後の為替に対する影響もお話しします。

ぜひご参加ください

ランキングに参加しています

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

サマーラリー?は終了?

CRB7.08.2012

日経平均7.08.2012

リスクオンの流れが木曜日のECBの利下げと、金曜日の雇用統計でリスクオフの転じたかもしれません。

最近はリスクオン、リスクオフといってもユーロは下落して豪ドルは上がるというように、まちまちの動きもしますが。

チャートはCRBの週足と日経平均の日足です。

水曜日のブログにも書きましたが、CRB指数は6月22日に266.78の安値を付けた後に上昇し6月5日に294.82の高値を付けた後に金曜日は286.92と安値引けした。

CRBはチャートでもわかるように295~300付近が長くサポートされて、5月初めに下方ブレークしてからは、そこが重要なレジスタンスになっている。

そしてそこが戻り高値になった。

一方日経平均は2月14日に日銀が金融緩和に動いた翌15日に9108.84→9260.34に上昇した。

日経平均の戻り高値は4日の9136.02.

まさに15日の引け値と、5月7日にギャップを開けた9200~9300円のギャップの下限がレジスタンスになった。

サマーラリーは(まだ夏じゃないですが)いったん終了で、今週からは調整が続くんだろうな。

ランキングに参加しています

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

商品市場の動きが重要

CRB7.04.2012 daily

CRB7.04.2012 weekly

商品市場が上昇しています。

先週のEU首脳会議の結果を受けた後、ユーロドルの上昇は一服しています。

しかし株式市場、商品市場は堅調に推移し、高値を更新しています。

独立記念日前の昨日のニューヨーク市場ではWTI原油先物8月物は87.66ドルと3.91ドル高。

金先物8月物は1621.80ドルと24.10ドルと上昇しました。

WTIに関してはイランがイスラエルを攻撃可能な中距離ミサイル発射実験成功などの地政学的リスクの影響もありますが、ここのところの商品市場は急ピッチに上昇しています。

チャートは代表的な商品指標であるCRBインデックスの日足と週足です。

3月に325付近で高値を付けたCRBインデックスは株式や為替に先んじてリスクオフの流れが鮮明になり、下落を始めました。

320割れでギャップを開けて下落し300割れでいったん反発しましたが、欧州債務問題などで、6月22日に266.78の安値を付けた後に、もみあいダブルボトムを形成し今週は3連騰して昨日は292.64で高値引きしました。

独立記念日の休み前、ECB理事会、米雇用統計発表前のショートカバーもあったのかもしれませんが急騰でした。

週足のほうを見ると290~295付近にサポートラインがあるのがわかると思います。

CRB指数はここ3年ほど290~295がサポートになったりレジスタンスになったりする重要なレベルです。

株式、為替に先駆けて動くCRBが大きくショートカバーされ、重要なレジスタンまで上昇したことは、マーケットが落ち着くサインなのか、あるいはイベント前のショートカバーに過ぎないのか?

イベントをこなし後にCRBが300以上にいればブル相場継続、290以下になら再びベア相場とみています。

ランキングに参加しています

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

FOMCの結果でドルと商品の方向は?

DXY6.21.2012

CRB weekly6.21.2012

CRB daily 6.21.2012

昨日書いたようにFOMCでは何かやるとしたら一番可能性が高いオペレーション・ツイストの延長、増額が決定されました。

声明では経済の見通しをやや弱気に修正。

更なる緩和に関しては、市場の動向や経済の状況次第を温存できたのはバーナンキFRB議長としてはベストシナリオだったかもしれません。

発表後の乱高下は別として、為替は結局行って来いの展開で発表後もあまり水準が変わっていません。

ドル円は有名レポートが原因で上昇しましたが、

FOMCと通過して、FRBの金融政策に一番影響を受けやすい商品とドルインデックスの動きを見てみましょう。

チャートはドルインデックと、商品指数のCRBインデックスです。

ドルインデックスをみると6月1日の83.54が天井となり下落トレンドが続いているのがわかります。

今週の81.20がサポートされていますが、81割れが5月に上方ブレークしたところで重要なサポートレベルになっています。

サポートレベルまでには、もう少しルームがあるので、ドル売りが80.60~81.00付近まで続く可能性があります。

ユーロドルが1.28~1.29ぐらいまでの上昇があれば、この付近を試しに行くかもしれません。

CRB指数のほうは、昨日のFOMCを受けて1.5%ほど下落し272.91でクローズました。

6月4日に266.99で底打ちし277.75まで反発しましたが280付近が目先レジスタンス、290付近は長らくサポートしていたところなので重要なレジスタンスレベルになっています。

2月24日の326.02からの下落トレンドが、6月4日に底打ちしていますが、ここが大底になったかどうか、まだ確信が持てません。

目先はやや上昇トレンドが続いているので、280をトライしに行く可能性もあります。

FOMCをこなして、ドルインデック、CRBともにやや減速しましたが、リスクオンの流れがまだ継続中とみています。もう一段ドルは下落、CRBは上昇で重要なポイントをブレークできるかどうか注目しています。

ランキングに参加しています

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

原油価格の上昇が世界経済の懸念材料

wti2.27.2012

gas2.27.2012

ドル円は81.66の高値を付けましたが、ちょと過熱感がでてきた感じがします。

日経平均は9736.11の高値を付けた後に下落し9633.93と13.45円安。

財務省が発表した2月上旬の貿易統計によると輸出は1.862兆円、輸入は1.854兆円で76.36億円の黒字になりました。

76.36億円!!さびしい数字ですが黒字は黒字

ここのところの円安の材料の一つ日本の貿易赤字が黒字となるかもしれません。

気になるのは昨年との比較。

昨年の2月上旬は輸出は1.971兆円、輸入は2.075兆円で1037億円の赤字でした。

昨年は赤字は赤字でしたが、輸出入とも今年より5~10%ほど多く、やはり去年に比べ経済活動が縮小している可能性があります。

これは日本のせいなのか、世界経済のせいなのか。

日本の貿易赤字、円安の原因の原油の値段ですが、WTIは109ドルと高値を更新してきています。(1枚目のチャート)

新興国の需要の拡大に加え、IAE(国際原子力機関)はイランがウラン濃縮を大幅に拡大と発表。イランに対する緊張が高まっており、これが原油価格を押し上げています。

もし実際軍事衝突となれば、短期的にさらに急騰するリスクがあります。

米国のガソリン価格は1ガロン3.6ドル付近と年初に比べ9%ほど上昇してきています。

ガソリン価格の上昇は米国の個人消費を減速させる危険が高く、最近のリスクオンの流れが一気に変化する危険性もあります。

原油価格の上昇は日本の輸入を拡大させますから、円安要因にはなりますが悪い円安になります。

2枚目のチャートは米国の天然ガスの価格。

掘削技術の発達で、ガスの供給が増加して米国のガス価格は低下しています。

しかし日本は原発の停止によるLNG(液化天然ガス)の輸入拡大でガスの支払いがふえ、おまけに高い値段のガスを買わされています。

ここら辺が改善されないと日本の貿易赤字の解消は難しいかもしれません。

ランキングに参加しています

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

米緩和スタンスで商品市場が上昇

CRB1.27.2012

FOMCでのハト派的スタンスで、ドル売りが進みましたが、昨日は利食いがでました。

ユーロドルは12月21日の戻り高値1.3195、(ここは昨年10月4日の安値1.3145ともほぼ一致)付近のレジスタンスを抜けられず1.32を手前に反転下落しました。

1.3050~60付近が目先サポートレベルになっています。

豪ドルも1.0685付近まで上昇しましたが、昨年10月27日の高値1.0750を前に反転下落しましたが、こちらも1.0570~80付近をサポートしています。

一方FOMCの金融政策に関係が深くQE3があるとすれば一番上昇しそうな商品価格は昨日も上昇しました。

チャートは代表的な商品指数のCRB指数ですが、レジスタンスになっていた315~316付近をクローズベースで上抜けしています。

CRB指数は昨年5月にQE2が終了すると下落をはじめ下落トレンドが続いていました。

295付近が2度サポートされて295~315でもみ合っていましたが、FOMC後に上抜けしつつあります。

CRB指数はQE2で上昇し、QE2終了とともに下落しました。

QE3があるとすれば、余剰資金の商品市場への流入を期待してまた上昇トレンドに向かう可能性が高いでしょう。

昨日上昇したのはWTI99.7(0.3ドル上昇)一時101ドル台まで上昇後下落。

ゴールド1726.70(26.6ドル上昇)

大豆  122.75セント(9.25セント上昇)

コーン 634.5セント(変わらず)

やはりゴールドの上昇が目立ち2日間で62.2ドルも上昇しました。FOMCの金融緩和でドル売りゴールド買いの動きが復活しつつあります。

QE3の思惑が商品市場を上昇させるかどうか注目しています。

日曜日はそこら辺の金融緩和と為替と商品の関係を詳しく解説します。今回資料がとっても役に立つと思います。

1月29日(日)はエイチ・エス・フュチャーズさんで、恒例の『専門家スペシャル対談』をやります。

大橋ひろ子さんエイチ・エス・フュチャーズの商品アナリストの田栗さん、渡邉さんと対談形式で言いたいことを言うオンラインセミナーです。

今年第一回目なので、今年の展望なんかを話そうと思っています。

参加者が形式にこだわらず討論する、一味違うセミナーを是非御覧ください。

ランキングに参加しています

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

1 / 612345...最後 »