将軍リスクが去ったらトランプリスクが登場

 

 

こんにちはYEN蔵です

今日は雨は一服ですが、ドルの上昇も一服になってしまいましたね

 

上の表の右側は住宅着工許可件数で122.3万戸(予想の125万戸)で前月比4.8%の減少

左側は住宅着工件数で115.5万件(予想122万件)で前月比4.1%減少

 

弱い指標でしたが、ドル売りの原因はこれでなく、トランプ大統領の発言でした

トランプ大統領は助言組織の製造業評議会と戦略・政策フォーラムを解散するとツイッターで述べました。

米経済界の首脳で構成されていたふたつの組織ですが、

 

バージニア州で発生した白人至上主義者と反対派の衝突に対するトランプ大統領の発言から、

ふたつの組織から米企業の首脳たちの辞任が相次いでいたために閉鎖したようです。

経済諮問委員長のコーン氏もこの発言を問題視しており、産業界よりだったトランプ大統領から

経済人たちが離れていく状況になっていました。

昔の日本は経済は一流、政治は2流といわれていましたが、米国もそうなりつつあるようです

 

その後のFOMC議事要旨では、一部のメンバーが物価の弱含みが一時的であると確認できるまでは利上げを待つべきとの主張

ハト派的ともとらえられドル円は110円台前半へ

 

そして今日は109.65付近まで下落しましたが、

ドル円のチャートを見ても分かるように109.80付近が最近のレンジ108.70~110.95の50%、

109.60付近が61.8%戻しで、上昇前にもみ合ったこのレベルがサポートされ110円台を一時回復しています

 

109円台中盤がサポートできるようであれば、109.50~110.30、このレンジをどちらに抜けるかですね

 

Fedの利上げ時期後退なのか、トランプ発言でも米国株が崩れなかったのでリスクオフにはならなかったのが救いですね

ドル円の下落で日経平均はだめでしたが、マザーズは元気が良かったですね

 

ドル円は日本人機関投資家の勝ちでしたね


 
チャートはユーロ円の週足です
 
2014年12月の高値149.80付近から、2016年6月の安値109.50まで下落した後の上昇相場が続いています。
 
このレンジの50%戻しの129.50~60をはさんだ動きでしたが、

今日は7月11日の高値130.75を越えたあたりからストップバイで一気に131円にのせました
 
ドル円の110.90への上昇もユーロ円の上昇でしたね
 
こうなると次の目標は61.8%戻しの134.50~60付近でしょうか
 
ユーロ円が130~135のレンジにシフトしたのでしょう

 

しかし昨晩110円を割ったときは一気に下落しそうな雰囲気でしたが、サポートされましたね
 
生保の買いだったようです
 
しかし相場の端っこはなんでマーケットの雰囲気が一気に走りそうになるのでしょうか
 
当然ですが抜けないとそこがターニングポイントになります
 
そういうところは出来高が膨らんで、ポジションが増える分反発のエネルギーもたまるんでしょうね

 
FXメルマガやっています。初回10日間無料で読めます。


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』

米国のGDPは予想通りUPしましたがドル買い材料にななりませんでした

 

こんにちはYEN蔵です
週末は天気がいまひとつですね。ただ暑さが一服なのは助かります

 

金曜日は結局ドル安が加速してしまいました
 
注目された米国の第2四半期GDP(上のグラフ)は、第1四半期の1.2%から2.6%に加速しました
 
数字の内訳(下のグラフ)は
 
個人消費が1.9→2.8%
 
民間設備投資が-1.2→2%
 
これらが成長率を加速させ第1四半期の1.2%の落ち込みは一時的だったことが確認されました
 
GDPの数字は2.6%と予想と一致しましたが、一部には2.8%以上の成長も予想されていたためにドルのサポート材料にはならずにドルはむしろ下落してしまいました。
 

それにはもうひとつの指標の影響もありましたが、後ほど書きます
 
ドル円110.50~60サポートできないと更に下がりそうですね

 
FXメルマガやっています。初回10日間無料で読めます。


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』

米6月耐久財受注

 

5月の耐久財受注は-1.1%と予想の-0.6%を下回り、ドル円、株価失速

米国雇用統計 米国貿易収支

 

2日の米国指標は5月の雇用統計(上のグラフ)と貿易収支(下のグラフ)

非農業部門雇用者数 13.8万人 予想18.5万人 前月 21.1万人→17.4万人に下方修正

失業率 4.3% 前月4.4% 2001年5月以来

U6(不完全失業率) 8.4% 前月8.6% 2007年11月以来 リーマンショック後の増加を打ち消す

労働参加率 62.7% 前月62.9%

平均時給 26.22ドル 前月比0.2% 前月0.3% 前年比2.5% 前月2.5%

長期失業者数 失業期間中央値10.4週 前月10.2週 平均失業期間24.7週 前月24.1週 27週以上の長期失業率24% 前月22.6%

結局失業率とU6失業率の数字外は弱いものとなりました

 

貿易収支は476億ドルの赤字と3ヶ月ぶりの高水準 前月437億ドル→452.8億ドルの赤字に修正

輸出 1909.75億ドル 0.3%減少 2ヶ月連続で減少

輸入 2385.92億ドル 0.8%増加 2ヶ月連続で増加

中国への赤字は276.32億ドル 前月比12.4%

日本への赤字は52.12億ドル  前月比28%減少

 

雇用統計でFedの利上げ速度の減速の思惑から米10年債利回りが低下してドル安

米国貿易赤字が増加してドル安となりました

米雇用統計を受けて126円トライでしょう

米雇用統計2015.6.5

米雇用統計2、2015.6.5

 

usdjpy15m 2015.6.5

雇用統計お疲れでした。まだトレード中かもしれませんね。

さて米雇用統計は予想を上回る強い数字でした

ロイターからの結果を貼り付けています

まずNFPは予想の23.6→28万人

4月分は22.3→22.1に下方修正でしたが、3月分は8.5→11.9万人に上方修正

これで3ヶ月平均は20.66万人となり20万人を上まりました

失業率は5.5%と5.4%から増加

しかしこれは労働人口が39.7万人増加と4月の16.6万人増加、3月の9.6万人減少から大幅増加した良い傾向です

U6(仕方なくパートタイマーで就業)失業率は10.8%と前月と変わらず

長期失業者数は250.2万人と4月の252.5万人から減少

 

時間当たり賃金は24.96ドルと4月の24.88ドル、0.1%増加から0.3%増加となりました

年率換算すると2.2%から2.3%に増加しました

 

総じて強い指標、労働人口の増加と賃金上昇は良い傾向です

 

米10年債利回りは2.39%と2.34%付近から上昇

現在ダウは24ドル安、一時80ドル超下落となりました

強い指標→利上げ前倒し→長期金利上昇→株下落となります

 

下のチャートはドル円の15分足

NYクローズの(点線)124.40の1シグマのレンジが125、2シグマが125.65付近

2シグマは止められましたが125円台前半がこれでサポートレベルになっています

株価の急落が無ければ125円前半をサポートして126円トライでしょう。

 

 

雇用統計の分析と今後の予想

米雇用統計2015.2.8

米雇用統計2015.2.8.2

金曜日の米雇用統計はサプライズでした。

まず非農業部門雇用者数は25.7万人  予想は23.4万人

しかも12月分が 25.2万人→32.9万人
11月分が35.3万→42.3万人に上方修正

特に11月分は17年ぶりの高さで3ヶ月で100.9万人の雇用が創出されました

平均は33.63万人とこちらも大きな数字
失業率は5.7%と5.6%から上昇しましたが、
これは労働人口が70.3万人と急増したため (前月は27.3万人の減少 )
雇用環境がよく求職者が増加するのは良い兆候です

注目された平均時給は24.75ドルと0.5%上昇

前月の-0.2%を相殺してなお上昇しました

ただ年率で見ると2.2%と最近は2%付近をうろうろ

リーマンショック前の3%以上から見られると賃金の上昇は緩やか

ここらへんがイエレン議長が一番気にするところ
ただ賃金の上昇が鈍いの世界的な傾向

さて強い雇用統計でFedの利上げ時期が早まるかという期待感から

米長期金利は上昇しドル高になり、ドル円は119円台を回復しました

しかし米国株は下落
今後、米国株が利上げを嫌気して急落しなければ、
小幅下落に留まれば
ドル円はサポートとされ、日経平均は上昇するのではと見ています

一方で金利の上昇で米国株の下落が大きくなれば
、リスクオフ的な動きで
円高、株安となるのでしょう

2月14日はサンワード貿易さんで【バレンタインスクランブル】というセミナーをやります
大橋さん、上村さんなどと 株、為替、商品のバトルトークやります

きっちりしたセミナーというより、それぞれの人たちの投資スタンスが聞けて
面白いと思います
お時間あれば是非
大橋さんから来場の皆様にチョコ―レートプレゼントがあるようです 

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

年明けはドル高の流れが顕著に

レンジ2015.1.2

2015年最初の日はドル高で終了しました

グラフは昨日の各通貨の騰落率です

ユーロ圏の12月の製造業PMIは速報値の50.8から50.6に下方修正

ドイツ紙ハンデルスブラットのインタビューに答えドラギECB総裁は

物価安定の責務を果たせないリスクが、半年前より高まっている

2015年初めみ行動する用意があると発言。

これによりユーロドルは1.2付近まで下落、
1.2のバリアー、ストライクは
でかいのでしょう、
ぎりぎりで止まりましたが、上値は重い

ユーロ以上に下落したのがポンド
節目の1.55を下抜けし1.55%の下落
英12月製造業PMIが予想を下回ったことや

英銀のRBSが不動産担保証券の不正取引で

米当局から77億ドルの罰金を科される可能性という報道も
ポンドの下落要因となりました

ドル高ではあるのですが、ドル円は0.63%の上昇に留まり

クロス円は全般的に下落しました。

前日ニューヨークダウは160ドルの下落
2日は9.9ドルの上昇

SP500,ナスダックは小幅下落となりました

ISM製造業景気指数は55.5に低下したことも株安の材料に

ドル円が120円台であれば日本株にとってはプラスなのですが

海外株式の下落でリスクオフ的なクロス円の下落

ドル高、日本株高になるのか、
海外市場で株式市場の調整が続き、リスクオフ的な動きとなり
株安になるのか

週明けの東京市場の動きを注目したいと思います

昨年は年初から株安、円高になりましたが、

それを警戒して29日は日経平均は89.12円安、
30日は279.07円安と下落して終了
(ここの部分は279.07円高となっていたものを修正しました、申し訳ないです)

海外市場の株価が軟調の中で、日本株はどうなるのか
月曜日はここに注目しています

新年、最初のイベントは1月9日の米雇用統計です

今月も岡三オンライン証券さんでガチンコ雇用統計のライブ放送やります

武部さんと一緒に為替はもちろん、債券、株式の動きもお伝えしますので

是非ご覧ください

今週の日経ヴェリタスで岡三オンライン証券の大杉社長のインタビューが掲載されています

そこで大杉社長も述べられていますが300人で始まった
セミナー視聴者の方々も
12月のときは1400人となりました

重要情報満載でお伝えしますので、是非多くの方にご覧いただきたいと思います

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

ドル円の終値と日経平均

usdjpy30m 2014.12.31

2014年の最終立会い日の日経平均は279.07円安の17450.77で終了

全般的で利食いの売りが出たのか上値の重い動きで、
リスクオフ的な動きになってしまいました

リスクオフ的な流れを受けて欧州時間でもドル円は120円を割れて下落が加速

ロングの投げが一気に出たようで、119.円割れで一旦底打ち

上のチャートはドル円の時間足

16日の安値115.55~23日の高値120.81の38.2%が118.80でピタリと止まりました


usdjpy2014.12.31

2番目のチャートはドル円の30分足

反発は119.75~80付近まで

120.81~118.85の50%もどしが119.82付近
今はここら辺がレジスタンスになっています

東京市場が休みの間に海外は本日、1月2日と2営業日あります

ここで119.80を抜けて120円台で折り返してくるか

118.80を抜けたら115.55~120.81の50%もどしの118.15~20付近までの

リスクもあルと思います

5日の東京でドル円が120円台で帰ってくるか、118円台前半でかえってくるかで

動きが全然違ってくるのではないでしょうか

118円だいだとやはり17000円を試しに行く展開になってしまうのでは

119円台でうろうろして帰ってきたら17200~300円はサポート?

こんなイメージですが、さて2日間東京が休みの間のドル円が気になりながら

2015年を迎えます
皆さん1年間ありがとうございました
来年もよろしくお願いします

新年、最初のイベントは1月9日の米雇用統計です

今月も岡三オンライン証券さんでガチンコ雇用統計のライブ放送やります

武部さんと一緒に為替はもちろん、債券、株式の動きもお伝えしますので

是非ご覧ください

今週の日経ヴェリタスで岡三オンライン証券の大杉社長のインタビューが掲載されています

そこで大杉社長も述べられていますが300人で始まった
セミナー視聴者の方々も
12月のときは1400人となりました

重要情報満載でお伝えしますので、是非多くの方にご覧いただきたいと思います

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

ドル円のサポートレベル

16

ドル円のチャートだけ
 38.2% が115.50
50%が   113.50
煩悩線が 114.20

 とりあえずポイントになりそうなところだけ

1 / 3712345...10...最後 »