米雇用統計を受けて126円トライでしょう

米雇用統計2015.6.5

米雇用統計2、2015.6.5

 

usdjpy15m 2015.6.5

雇用統計お疲れでした。まだトレード中かもしれませんね。

さて米雇用統計は予想を上回る強い数字でした

ロイターからの結果を貼り付けています

まずNFPは予想の23.6→28万人

4月分は22.3→22.1に下方修正でしたが、3月分は8.5→11.9万人に上方修正

これで3ヶ月平均は20.66万人となり20万人を上まりました

失業率は5.5%と5.4%から増加

しかしこれは労働人口が39.7万人増加と4月の16.6万人増加、3月の9.6万人減少から大幅増加した良い傾向です

U6(仕方なくパートタイマーで就業)失業率は10.8%と前月と変わらず

長期失業者数は250.2万人と4月の252.5万人から減少

 

時間当たり賃金は24.96ドルと4月の24.88ドル、0.1%増加から0.3%増加となりました

年率換算すると2.2%から2.3%に増加しました

 

総じて強い指標、労働人口の増加と賃金上昇は良い傾向です

 

米10年債利回りは2.39%と2.34%付近から上昇

現在ダウは24ドル安、一時80ドル超下落となりました

強い指標→利上げ前倒し→長期金利上昇→株下落となります

 

下のチャートはドル円の15分足

NYクローズの(点線)124.40の1シグマのレンジが125、2シグマが125.65付近

2シグマは止められましたが125円台前半がこれでサポートレベルになっています

株価の急落が無ければ125円前半をサポートして126円トライでしょう。

 

 

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

雇用統計の分析と今後の予想

米雇用統計2015.2.8

米雇用統計2015.2.8.2

金曜日の米雇用統計はサプライズでした。

まず非農業部門雇用者数は25.7万人  予想は23.4万人

しかも12月分が 25.2万人→32.9万人
11月分が35.3万→42.3万人に上方修正

特に11月分は17年ぶりの高さで3ヶ月で100.9万人の雇用が創出されました

平均は33.63万人とこちらも大きな数字
失業率は5.7%と5.6%から上昇しましたが、
これは労働人口が70.3万人と急増したため (前月は27.3万人の減少 )
雇用環境がよく求職者が増加するのは良い兆候です

注目された平均時給は24.75ドルと0.5%上昇

前月の-0.2%を相殺してなお上昇しました

ただ年率で見ると2.2%と最近は2%付近をうろうろ

リーマンショック前の3%以上から見られると賃金の上昇は緩やか

ここらへんがイエレン議長が一番気にするところ
ただ賃金の上昇が鈍いの世界的な傾向

さて強い雇用統計でFedの利上げ時期が早まるかという期待感から

米長期金利は上昇しドル高になり、ドル円は119円台を回復しました

しかし米国株は下落
今後、米国株が利上げを嫌気して急落しなければ、
小幅下落に留まれば
ドル円はサポートとされ、日経平均は上昇するのではと見ています

一方で金利の上昇で米国株の下落が大きくなれば
、リスクオフ的な動きで
円高、株安となるのでしょう

2月14日はサンワード貿易さんで【バレンタインスクランブル】というセミナーをやります
大橋さん、上村さんなどと 株、為替、商品のバトルトークやります

きっちりしたセミナーというより、それぞれの人たちの投資スタンスが聞けて
面白いと思います
お時間あれば是非
大橋さんから来場の皆様にチョコ―レートプレゼントがあるようです 

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

年明けはドル高の流れが顕著に

レンジ2015.1.2

2015年最初の日はドル高で終了しました

グラフは昨日の各通貨の騰落率です

ユーロ圏の12月の製造業PMIは速報値の50.8から50.6に下方修正

ドイツ紙ハンデルスブラットのインタビューに答えドラギECB総裁は

物価安定の責務を果たせないリスクが、半年前より高まっている

2015年初めみ行動する用意があると発言。

これによりユーロドルは1.2付近まで下落、
1.2のバリアー、ストライクは
でかいのでしょう、
ぎりぎりで止まりましたが、上値は重い

ユーロ以上に下落したのがポンド
節目の1.55を下抜けし1.55%の下落
英12月製造業PMIが予想を下回ったことや

英銀のRBSが不動産担保証券の不正取引で

米当局から77億ドルの罰金を科される可能性という報道も
ポンドの下落要因となりました

ドル高ではあるのですが、ドル円は0.63%の上昇に留まり

クロス円は全般的に下落しました。

前日ニューヨークダウは160ドルの下落
2日は9.9ドルの上昇

SP500,ナスダックは小幅下落となりました

ISM製造業景気指数は55.5に低下したことも株安の材料に

ドル円が120円台であれば日本株にとってはプラスなのですが

海外株式の下落でリスクオフ的なクロス円の下落

ドル高、日本株高になるのか、
海外市場で株式市場の調整が続き、リスクオフ的な動きとなり
株安になるのか

週明けの東京市場の動きを注目したいと思います

昨年は年初から株安、円高になりましたが、

それを警戒して29日は日経平均は89.12円安、
30日は279.07円安と下落して終了
(ここの部分は279.07円高となっていたものを修正しました、申し訳ないです)

海外市場の株価が軟調の中で、日本株はどうなるのか
月曜日はここに注目しています

新年、最初のイベントは1月9日の米雇用統計です

今月も岡三オンライン証券さんでガチンコ雇用統計のライブ放送やります

武部さんと一緒に為替はもちろん、債券、株式の動きもお伝えしますので

是非ご覧ください

今週の日経ヴェリタスで岡三オンライン証券の大杉社長のインタビューが掲載されています

そこで大杉社長も述べられていますが300人で始まった
セミナー視聴者の方々も
12月のときは1400人となりました

重要情報満載でお伝えしますので、是非多くの方にご覧いただきたいと思います

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

ドル円の終値と日経平均

usdjpy30m 2014.12.31

2014年の最終立会い日の日経平均は279.07円安の17450.77で終了

全般的で利食いの売りが出たのか上値の重い動きで、
リスクオフ的な動きになってしまいました

リスクオフ的な流れを受けて欧州時間でもドル円は120円を割れて下落が加速

ロングの投げが一気に出たようで、119.円割れで一旦底打ち

上のチャートはドル円の時間足

16日の安値115.55~23日の高値120.81の38.2%が118.80でピタリと止まりました


usdjpy2014.12.31

2番目のチャートはドル円の30分足

反発は119.75~80付近まで

120.81~118.85の50%もどしが119.82付近
今はここら辺がレジスタンスになっています

東京市場が休みの間に海外は本日、1月2日と2営業日あります

ここで119.80を抜けて120円台で折り返してくるか

118.80を抜けたら115.55~120.81の50%もどしの118.15~20付近までの

リスクもあルと思います

5日の東京でドル円が120円台で帰ってくるか、118円台前半でかえってくるかで

動きが全然違ってくるのではないでしょうか

118円だいだとやはり17000円を試しに行く展開になってしまうのでは

119円台でうろうろして帰ってきたら17200~300円はサポート?

こんなイメージですが、さて2日間東京が休みの間のドル円が気になりながら

2015年を迎えます
皆さん1年間ありがとうございました
来年もよろしくお願いします

新年、最初のイベントは1月9日の米雇用統計です

今月も岡三オンライン証券さんでガチンコ雇用統計のライブ放送やります

武部さんと一緒に為替はもちろん、債券、株式の動きもお伝えしますので

是非ご覧ください

今週の日経ヴェリタスで岡三オンライン証券の大杉社長のインタビューが掲載されています

そこで大杉社長も述べられていますが300人で始まった
セミナー視聴者の方々も
12月のときは1400人となりました

重要情報満載でお伝えしますので、是非多くの方にご覧いただきたいと思います

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

ドル円のサポートレベル

16

ドル円のチャートだけ
 38.2% が115.50
50%が   113.50
煩悩線が 114.20

 とりあえずポイントになりそうなところだけ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

ドル円は119.40~50、一旦天井でした

usdjpy2014.12.12

昨日は日経平均が一時300円超の下落となりましたが

17000円をサポートして155円安の17257.40で終了

ドル円は日経平均の下落を受け117.45付近まで下落しましたが反発

昨日は2度ほど、急上昇した局面がありました

117.60付近から118にのせた局面、東京の午前中

118.20付近から118.80付近に上昇した局面 欧州序盤

米国の指標後も上昇しました

東京時間の動きは本邦の買いとだったようですが

噂されていた信託銀行の買いだったのかもしれません

ロンドン序盤の買いも怪しいですね

選挙前に株価が下がるのも、ドル円が急落するのも良くないですし.....

さて欧米株式も上昇し、今日はリスクオン的な動きでした

ドル円は119.40~50付近は一旦天井ではないかと

岡三さんのブログで書いたドル円のロングは利食いました

8日の高値121.83~11日安値117.43の

38.2%もどし 119.10

50%もどし  119.60

61.8%もどし 120.10

117.43起点のフィボナッチエクスパンション

1倍    118.80

1.618倍 119.40

2.618倍 120.30

50%もどしの手前、1.618倍付近、ストキャスチックスの反転など

また本日の安値117.43から2円の上昇

今日のところは一旦終了かと思っています

119.60~70を抜ければ 120.30~40

押し目は119.00~10 118.70~80付近

もし119円付近があれば 118.70ストップでロングでいいかもしれませんが

ここが戻りの天井で、調整が長引く可能性もまだ否定できません

明日の動き次第ですね

12月20日13時から投資LABさんで久々の会場セミナーを行います

【YEN蔵のトレードアイデア~長い時間と短い時間の融合トレード】というタイトルです

友人のJACKさん執筆の【百人百色の投資法】出版記念です

この本は株式、FX、不動産の個人投資家にJACKさんがインタビューして
それぞれの市場の投資の極意を聞き出しまします
とっても面白い本です

こちらで紹介したトレード法を、今回はお伝えしようと思います

私が日々のトレードで利用している、極めて効果のあると私は思っている手法を
お届けします

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

円高の引き金は中国の政策変更?

上海総合指数2014.12.9

上のチャートは上海総合指数です

ここのところ13連騰でしたが、昨日は5.4%と急落。

その原因はブルームバーグによると資金繰りのための担保の要件の引き締めです

中国証券登記結算はAAAより低い格付けの債券、
AAより低い発行体の債券を
担保にしたレポ取引で
担保の受け入れを中止すると発表しました。

レポ取引は短期の金融機関の資金の貸借で社債を担保に入れますが

これが今後要件が厳しくなり9兆1100億円ほどの社債が利用できなくなるとのことで

社債市場が売られ、国債、株式が売られ、人民元も売られました

地方政府は銀行から直接融資が受けられないので
LGFV(Local Goverment
Financial Vehicles)というSPC経由で
資金を調達しています。

LGFVは金融機関を通じて財テク所品として一般投資家に売られています。

当局は地方債市場の試験運用を拡大し、360兆円ほどある地方債務の

透明性向上を目指していますが、今回このLGFVがらみの債券が売られました。

今回はLGFVへの信用の低下が引き金になりましたが、
LGFVに対する需要の低下
償還の問題など、また地方政府の資金繰りなど、
この問題はまだ長引きそうです

とりあえずドル円はストップをつけ118円割れまでやり119円台を回復

日経平均先物は280円安と明日の東京市場は厳しそうです

ただダウが64ドル安とそれほど落ちていないこと、

ドル円が119円台が維持できれば、押し目は浅いかもしれません

12月18日は外為どっとコムさんで、
神田調査部長と 年末特別対談を行います 
 

去年も行いましたが、今年1年間のドル円を振り返り、

エントリーポイントベスト3の今年の相場の勝負ポイントを振り返り解説します

また来年の相場についても考えたいと思います

会場とオンラインの2本建てセミナーになります

お時間があれば是非会場にお越しください

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

ドル円1.5円で調整終了か?

週間レンジ2014.11.23

グラフは先週の週間レンジです

木曜まではドル円の上昇、クロス円の上昇で円売りでしたが

金曜日にユーロの下落で、ドル高のマーケットになりました。

生保のヘッジ外しが水曜、木曜日にでて円売りが加速

生保のフローが止まると、円売りもひと段落しました

今週は月曜は東京が休み、木曜がサンクスギビングでNYが休みです

ただ11月最終週は14年間日経平均が上昇
NY株も強いアノマリーがあります。

とはえここまで日米ともに株価は上昇

10月31日から外国人が驚異的な日本株の購入で

ここからさらに株価が上昇するのか?

株価が上昇すればリスクオンになるのでしょうが
さてどうなるか

とりあえず週明けのドル円が117.30~40付近がサポートできるかどうかですね

最近のドル円の調整は1.5円がマックス
118.98からだと117.40~50付近が1.5円幅

12月5日は雇用統計で
岡三オンライン証券さんで
武部さんとガチンコ雇用統計を行います

回を重ねるごとに面白くなっていくと大好評です

為替だけでなく、株、ボンドを幅広くお話しするのと

22~23時と1時間ゆっくりやります
発表前は解説、ポイント、売買戦略

発表後は指標の解説、売買戦略
と盛りだくさんでお話します
ブルーンバーグを前に、指標結果も即座にお伝えします
是非、実に来てください

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

ショートクローズしました

usdjpy2014.11.20

ドル円ショートクローズしました

左のチャート煩悩線 38.2%の117.60~70はもともとのターゲット

右のチャート1分足のMA(赤線)サポート
MACDの反発で

117.80台でショートクローズしてロング転

書いてるうちに118.20まで来てしまい118.20付近のMA抜けず
一旦SQ

こんなマーケットでショートで取るのもとほおおですが

本来ロングでとらなきゃいかんですよね

昨日からの生保と見られるヘッジ外し
今日のロンドンの118.90上げたときは
、クロス円がついてこずに
過熱感あったので、怖かったですがショートにしてみました

ここら辺の理由は岡三さんのブログに書いてあります

FXぐろーばるナイト

日経CNBC(CS、ケーブルTVにマーケット情報番組を配信)や
NIKKEI Channel<Business>(日本経済新聞が発する映像ポータルサイト)にて
明日20時30分からこちらの番組に出ます

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

日銀がFRBの肩代わり

週間レンジ2014.10.27~31

とんでもない1週間になってしまいましたね。

FOMC、GPIFウェート変更、日銀黒田バズーカと材料が満載

最後の最後に日銀がFRBのQEを肩代わりでリスクオンという流れになりました

ダウもSP500も市場最高値更新ですよ
ちょっとはしゃぎすぎじゃないかな

グラフは各通貨の変動率
ドル円の上昇が3.7%と最大ですが、
ドルは1.45%の上昇
ドル高というよりは円安でした

ユーロは1.2%下落しましたが、豪ドルは変化無し
クロス円が全般的に強く、
ここら辺が豪ドル、ポンド、NZDなどで
ドルの上昇を抑えたのでしょう

豪ドル円、ポンド円、NZD円、ランド円などが強く
ユーロ円が
やや劣ったのは、ユーロはやはり上値が重い?

今日から11月ですが、週明けいきなり東京は休みで、

この強い流れが断ち切られるのは嫌ですよね

年末年始や、GW 休みは嬉しいけれど
相場やってると、
東京は休みが海外と比べて特に多い

為替は関係ありませんが、株は間が空いてしまい

今ならロングは流れが断ち切られるのが嫌だし

ショートなら気が気ではない

11月カレンダーみると、東京の営業日が18日しかなく
かなり少ないです

NYも2日休みになる
11月は動きそうなのですが、休みが多いですね

金融センターがあるところは休日が少ないです

ロンドン、NYはイースターで土日挟んで4日

クリスマスも1~2日ですから

ここら辺東京が金融センターになるなら休みはネック

というか国民全員で休むと混んでるし、旅行代金とか高いし

みんなが有給100%消化できる社会がいいですよね

これから外国人観光客を年間2000万人にするときに

国民の休日とか重なると、ますます予約取れなくなるかもしれないと

いまからいらぬ心配しています。

11月7日は雇用統計で
岡三オンライン証券さんで
武部さんとガチンコ雇用統計を行います

回を重ねるごとに面白くなっていくと大好評です

為替だけでなく、株、ボンドを幅広くお話しするのと

22~23時と1時間ゆっくりやります
発表前は解説、ポイント、売買戦略

発表後は指標の解説、売買戦略
と盛りだくさんでお話します
ブルーンバーグを前に、指標結果も即座にお伝えします
是非、実に来てください

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

1 / 3612345...10...最後 »