昨日のセミナーの内容

昨日は投資LAB(岡藤ビジネス・サービスさんで会場セミナーでした。

参加された皆さんありがとうございました。スタッフの皆さんお疲れ様でした。

1時間半の持ち時間なのに大暴走して2時間半もしゃべってしまいました。

お付き合いいただきありがとうございました。

今回はオプションの基本について話しました。

次回(6月19日)はもう少し踏み込んで相場に与える影響なども話したいと思います。

オプションはなかなか情報がないと思いますが、このブログでもなるべく情報を伝えていきたいと思います。

オプションボラ5.15.2010

これはオプションのところで話した先週のドル円のボラティリティ(変動率)の推移です。

5月初めまでドル円の1週間物のボラティリティは10%前後で推移していました。

リマーンショック以降20%付近で推移し、その後10%まで下落し落ち着いていた(90-95円でドル円が膠着してしまったため)ボラは5月6日の87円台までの下落で19%まで上昇しました。

その後93円までドル円が反転してボラは11.8%まで下落しています。

NYT

PIIGS債務残高

上の図は5月8日に書いたPIIGS(ポルトガル、イタリア、アイルランド、ギリシャ、スペイン)をめぐる各国債務とその債券をどこの国が保有しているかという米国のニューヨークタイムズにでた図です。

そのしたはその各国の債務と、それぞれの国債を保有するドイツ、フランス、英国の保有量です。

ドイツはこれらの国の債券を債務を63兆円ほど、フランスは80兆円ほど、英国は37兆円ほど保有しています。

各国の金融機関などがこれだけギリシャなどの債権債務を保有していれば、ギリシャなどを破綻させないために救済処置をとるのも理解できます。

しかしECBの債券買取などでユーロ売りの材料になっています。

昨日のセミナーではそんな話を中心にしました。

今日の日経新聞をみたら金融欄にグロソブのユーロ圏の持ち高を下げているという記事が出ていました。

ランキングに参加しています

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

banner_11


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』