FRBの金利政策

レンジ10.30.2008

昨日ロンドン時間ではアジア勢、ロシア勢から大量のユーロ売りの利食いがでて1.32台が天井となりました。

またイタリア、ギリシャ国債の暴落を引き金にユーロの下げが加速しました。

また資産売却を加速しているAIGのがらみのドル買いのリパトリエーションも出ていた模様です。

米国の7-9月期のの実質GDPは前年比-0.3%と予想の-0.5%よりは強い数字でしたがマイナス成長であることはかわりがありません。

10-12月期のマイナス成長も予想され、さらなる利下げが予想されています。

サンフランシスコ連銀のイエレン総裁は、米景気が弱いままならゼロ近辺まで引き下げる可能性があるとコメントしています。

金利先物市場では12月16日のFOMCでのFF金利引下げの織り込みは、0.25%が57%、0.5%が43%となっています。

日銀の政策決定会合は、通常12時前後に発表されるがなにかあればずれ込むこともあります。

0.25%の利下げ、超過準備に対する金利の付与、CP購入等のオペレーションの効果向上策も期待されています。

利下げがない場合は、やはり株価にマイナス、為替も円高方向に振れる可能性があります。

ユーロ円10.30.2008

チャートはユーロ円の4時間足です。

やはり141.73から113.31の61.8%戻しの131付近は一旦天井になりました。

10月10日の安値の132.21とこの131付近がやはり重要なレジスタンスなっています。

当面120円台をサポートされていることから、23.6%戻しの120付近61.8%戻しの131というレンジ内の動きを想定しています。


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』