誰がフェイスブック株を急落させたか

フェイスブックは、保有する5000万人の情報が流出ということで株価が
急落しています
ニューヨークタイムズとガーディアンの17日の報道で発覚しました

 

英分析会社のCA(ケンブリッジ・アナリティカ)が不正にデーターを取得
2016年の大統領選挙で、トランプ有利に働くように利用したと
報道しています。

 

CAが英ブレグジットや大統領選挙にかかわっていたというのは2017年に
英紙ガーディアンや情報誌ファクタがすでに報道していました。

 

CAはもともと新興国などで選挙の情報操作などもやっていた
情報分析会社です。
この会社のスポンサーは、金融市場でも有名なヘッジファンド
ルネッサンス・テクノロジーです。
運用資産は720億ドルといわれる巨大ヘッジファンドです
創業者はジェームズ・シモンズで数学の博士でクオンツ運用の
ファンドです。

 

創業者は10年前に引退、現在のCEOはロバート・マーサです
マーサは共和党最大級の献金者でウルトラ保守
反クリントンで、元大統領補佐官のスティーブ・バノンの
スポンサーとも言われています。
娘のレベッカはトランプ政権の行こうチームの一員でした

 

CAはビックデーターと心理学の統計を組み合わせて、効果的に
広告を打つなどして、選挙民の心理を誘導したといわれています
ブレグジットでの離脱支持派の手法ででも利用されたようで
トランプ大統領とブレグジットに多大な貢献があったようです

当然これらの統計手法はルネッサンスの投資手法に利用されて
いるかもしれませんね

 

英当局はCAの捜査に着手したようで、米議会もFBの
ザッカーバーグの議会への召喚を検討しているようです

 

もともとマスコミは情報操作に使われてきましたが
個人情報を取られて、それが選挙に影響を与えるとなると
広告や報道をもっと疑ってかかる必要がありそうですね

 

ここら辺の報道は英紙がーディアン、ファクタ、日経新聞
などにも掲載されています。
これらの記事を参考にしました


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』

無料メルマガを不定期で発行。
登録お願いします。


世界中のトレーダーが利用しているサクソバンク。おススメのFX会社です。

サクソバンク証券


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』