年率10%以上の投資先は?

 

上の表は日経新聞のこの記事からの抜粋です

世界的な金利の低下を受けて新興国というか、かなり危険な国への債券投資が

2017年は増えているという記事です(1兆4712億ドル)

 

なにたらリーマンショックショック前のサブプライム投資を思い起こさせます

対象国はセネガル、アルゼンチン、ギリシャ、イラク、ウクライナ、サウジなど

ま~サウジを除き格付けはB-からB+は投資適格のBBBをはるかに下回ります

というか格付け会社の格付け見なくても、イラクとかウクライナとかまだ戦闘が

続いている国への投資は危なさそうですよね

ちなみにBの格付けは信用力に問題があり、絶えず注意すべき要素があるという

基準です

この下のCCCは債務不履行に陥っているか、その懸念が強いというものです

 

しかもこれらの債券の利回りが4~7%だそうです

しかも為替リスクつき

 

それなら配当利回り1.5~2%の株に投資したほうがいいと思いますが

破綻のリスクは小さいし、何より株の場合はまずい企業の場合は生き残れれば

かなり上昇する可能性もありますし

 

こんな債券に投資するのはリスクの取れるヘッジファンドか富豪なんでしょうね

 

と思っていたらHS証券ではアルゼンチン国債ではないですが、

アルゼンチンペソ立ての債券も扱っているのですね

別に宣伝しているわけではありませんよ

 

アルゼンチンペソ建て欧州復興開発銀行ゼロクーポン債

欧州復興開発銀行はムーディーズがAaa、S&PがAAAの格付けなので

破綻のリスクはきわめて少ないですが、アルゼンチンペソの為替リスクだけですね

ゼロクーポン債というのは1月12日の単価85.14で買えば、2019年8月16日の償還時に

100で元本が返ってくるのでその分がクーポンで10.743%あるということです

10%の金利でアルゼンチンペソのロングを持って為替リスクをとる投資です

 

ま~私はハイイールド投資はやりませんが、世界にはこんな投資先もあります

 

無料メルマガを不定期で発行。
登録お願いします。


FXメルマガやっています。初回10日間無料で読めます。


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』





YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』