米長期金利の動きに注目

 

上の表は米10年債利回りのチャートです

昨晩は強い8月米耐久財受注を受けて長期金利は上昇しました。

数字は1.7%と前月の-6.8%、予想の1%を上回りました。

またGDPの先行指標となるコア資本財は前月比0.9%と前月の1.1%は

下回りましたが、予想の0.3%を上回りました

 

注目されたトランプ大統領の税制改革案は

  • 連邦法人税率を現行の35%から20%
  • 個人所得税に関しては現状の7段階の税率を12、25、35%に簡素化
  • 35%を超える区分の追加を検討
  • 個人事業主やパートナーシップなどのパススルー企業に対する税率を25%
  • 米企業の95%がパススルー企業といわれているが、現状はこれらの企業に最高税率39.6%が課税

 

このようになり20%の法人税減税は実現できれば、かなりアグレッシブな減税案です

こちらも好感されドル、株価をサポートしました

 

しかし欧州時間に入ると米長期金利もやや低下し

ユーロドルは1.17台前半から反発、ドル円も112円台後半に下落しています

今日は米GDP、新規失業保険申請件数などの発表が注目されます

 


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』