結局リスクオンでした

 

 

 

こんにちはYEN蔵です

昨晩は米雇用統計に皆さんどきどきしたことでしょう

私もどきどきしました
結構日本株を持っていたので、雇用統計の発表直後はアチャーという感じでした

最初の表が雇用統計のまとめですが、

非農業部門雇用者数が15.6万人と予想の18万人を下回ったことや、

失業率が4.4%に上昇したこと

時間当たり賃金が前月比で0.1%しか上昇しなかったことで

 

マーケットは失望し一時ドル円は109.55付近に下落、

ユーロドルは1.1980付近まで上昇しドル売りになりました。

 

しかしその後に発表されたISM製造業指数が58.8と前月の56.3を上回り

2011年4月以来の高水準で予想の56.5も上回りました(2番目のグラフ)

またミシガン大学消費者信頼感指数確報値は96.8と7月の93.4から上昇

これも好材料でした

 

結局雇用統計は弱かったけど、ISMは強くて米国経済はまだ堅調ということで

ドルは買い戻されたのでしょう。

 

一方でいちばん下のFEDWATCHを見てください

次回利上げの織り込み度は来年6月でやっと過半数を超える程度で

2017年12月はおろか2018年3月でも低いままです

 

利上げが無いということで米国株は上昇したのでしょう。

ただ10年債利回りは前日の2.122%から2.1657%に上昇しています

 

日本も米国も4~6月期のGDPが強く、その経済の好調さがまだ継続しているようです

一方で米国の利上げ観測が遠のき、ECBもトーンダウンしています

この強い景気で低い金利は株高をサポートしている感じです

 

ただ米国ハリケーンの影響が今後足を引っ張るかもしれません

とりあえずうドル円は110円台回復で月曜の日本株は大丈夫そうですね

 

 

FXメルマガやっています。初回10日間無料で読めます。


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』





YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』