ドル上昇は続くか、重要なレジスタンスは?

 

 

こんにちはYEN蔵です

今日も天気が冴えないですね、夏休みなのにこの天気じゃプールと海の家とか季節産業は商売上がったりですね

海に行きた~い

夏はいつ戻ってくるのでしょうか

 

さて昨晩の米国指標は結構強かったですね

まず上の表は7月の小売売上高です。前月比0.6%(予想の0.4%)増加と7ヶ月ぶりの強い数字。自動車が売れたようです

前年同月比では4.2%となりました

 

2番目の表は8月のNY州製造業業況指数です。currentというのは現況で25.2(予想は10)、前月は9.8、2014年9月以来

expectedは6ヶ月先の業況見通しで45.2と前月の34.9から上昇しました

 

米国の景気は割と堅調です

 

この数字を受けて米10年債利回りは2.27%付近まで上昇しドル円も110.85付近まで上昇しましたが、

その後は下落して110.40~80のレンジ

 

今日は米国の住宅着工、FOMC議事要旨が発表されるので注目されます

 

109円で買ったドル円は売ったり買ったりしながらキープ中です

111.60~70は月間ピボットがあるので、ここは重要なレジスタンスと見ています

さ~て欧州序盤はドル買いできましたが、111円抜けられるか、

 

 


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』