南アフリカは利下げ

こんにちはYEN蔵です
 
昨晩ECB理事会のドタバタに参加の皆さんお疲れ様でした
結局ユーロは上昇、欧州序盤もユーロ強いですね
 
さて世界が金融引締めに向かう中で、金融緩和に動いた国があります
南アフリカです
 
SARB(南アフリカ準備銀行)は政策金利のレポレートを7%から6.75%に引き下げ。引き下げは2012年7月以来です
 
利下げは予想外で一部には政治的な圧力ではとの思惑もありましたが
SARB総裁のKganyago氏は政治的な圧力を否定しました
 
 
 
上のグラフは南アフリカのCPI、下はGDPです
CPIは5.1%に低下、GDPは第1四半期は前期0.7%の減少、第4四半期の0.3%減少に続き2期連続のマイナス成長です
 
これを見ても南アフリカ経済の減速は顕著で、景気支援の利下げは合理的でしょう

 

 
 
上のチャートはドルランド、下はランド円です
 
利下げ発表を受けて1ドル=13.06ランドまでランド売りとなりましたが、ドル売りの流れもありその後13.003付近に下落しています
 
ランド円は8.53円付近まで下落しましたが、その後8.571円付近に上昇しています
 
ランド円は50%戻しの0.53円付近が短期的なサポートとして機能しています

 
FXメルマガやっています。初回10日間無料で読めます。


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』