年明けはドル高の流れが顕著に

レンジ2015.1.2

2015年最初の日はドル高で終了しました

グラフは昨日の各通貨の騰落率です

ユーロ圏の12月の製造業PMIは速報値の50.8から50.6に下方修正

ドイツ紙ハンデルスブラットのインタビューに答えドラギECB総裁は

物価安定の責務を果たせないリスクが、半年前より高まっている

2015年初めみ行動する用意があると発言。

これによりユーロドルは1.2付近まで下落、
1.2のバリアー、ストライクは
でかいのでしょう、
ぎりぎりで止まりましたが、上値は重い

ユーロ以上に下落したのがポンド
節目の1.55を下抜けし1.55%の下落
英12月製造業PMIが予想を下回ったことや

英銀のRBSが不動産担保証券の不正取引で

米当局から77億ドルの罰金を科される可能性という報道も
ポンドの下落要因となりました

ドル高ではあるのですが、ドル円は0.63%の上昇に留まり

クロス円は全般的に下落しました。

前日ニューヨークダウは160ドルの下落
2日は9.9ドルの上昇

SP500,ナスダックは小幅下落となりました

ISM製造業景気指数は55.5に低下したことも株安の材料に

ドル円が120円台であれば日本株にとってはプラスなのですが

海外株式の下落でリスクオフ的なクロス円の下落

ドル高、日本株高になるのか、
海外市場で株式市場の調整が続き、リスクオフ的な動きとなり
株安になるのか

週明けの東京市場の動きを注目したいと思います

昨年は年初から株安、円高になりましたが、

それを警戒して29日は日経平均は89.12円安、
30日は279.07円安と下落して終了
(ここの部分は279.07円高となっていたものを修正しました、申し訳ないです)

海外市場の株価が軟調の中で、日本株はどうなるのか
月曜日はここに注目しています

新年、最初のイベントは1月9日の米雇用統計です

今月も岡三オンライン証券さんでガチンコ雇用統計のライブ放送やります

武部さんと一緒に為替はもちろん、債券、株式の動きもお伝えしますので

是非ご覧ください

今週の日経ヴェリタスで岡三オンライン証券の大杉社長のインタビューが掲載されています

そこで大杉社長も述べられていますが300人で始まった
セミナー視聴者の方々も
12月のときは1400人となりました

重要情報満載でお伝えしますので、是非多くの方にご覧いただきたいと思います

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』