2014年最後マーケットと2015年の注目点

レンジ2015.1.1

usdindex2015.1.1

皆様新年明けましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします

上のグラフは昨日のマーケットの騰落率

下のグラフはドルインデックスの月足です

2014年最終日は年末、月末のドル買いがでたのか
ドルの上昇で終了しました

ドルインデックスは年初の80.43から90.64に12.7%と

1997年以来の上昇で2006年以来の90台まで上昇しました

今年の大きなテーマはFedの利上げがいつになるのか?

今の状況だと6~9月のどこか

利上げに向けてドルの上昇が続くのでしょう

ダウは160ドル安と米国株は下落

8営業日で6%と急騰していた分の調整でしょうか

ダウは年間7.5%上昇と6年連続で上昇

SP500は年間11.4%上昇

ナスダックは1年間3.4%上昇しました

大統領選挙の前年の米国株は堅調とのアノマリーがあります

ダウは1833~2011年までで大統領選挙の前年の上昇率は際立っています

ただ上昇局面も6年目を向かえ、しかも利上げがある今年はどうなるのか?

利上げの初動では株価が急落することはないので
来年まで持つのかもしれませんが、

米国の利上げがあると新興市場ががたつくことが多く

それが引き金でリスクオフというパターンにも注意したいところ

まずは1月25日のギリシャの総選挙、ウクライナ問題、原油価格

ここら辺がリスクオフ要因なので要注意

新年、最初のイベントは1月9日の米雇用統計です

今月も岡三オンライン証券さんでガチンコ雇用統計のライブ放送やります

武部さんと一緒に為替はもちろん、債券、株式の動きもお伝えしますので

是非ご覧ください

今週の日経ヴェリタスで岡三オンライン証券の大杉社長のインタビューが掲載されています

そこで大杉社長も述べられていますが300人で始まった
セミナー視聴者の方々も
12月のときは1400人となりました

重要情報満載でお伝えしますので、是非多くの方にご覧いただきたいと思います

ランキングに参加しています記事がお役に立ちましたらポチをお願いします にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』