中国ショック、銅の下落

銅3.12.2014

豪ドル3.12.2014

豪ドル円3.12.2014

昨晩は前々から下落していた銅が急落

中国ではドル建てで銀行からLCの発行を受けて資金調達して銅を輸入します

一説には輸入された銅の60~70%はこのような銅を担保にした借り入れ

まかなわれているという説もあるようです。

ドルの短期金利が人民元金利よりも低いことも有利に働きます。

輸入した銅をすぐに売って現金化。
その資金で理財商品を購入するパターンです。

調達のための低金利のドルから、高金利の人民元建ての理財商品で運用するわけです

銅の需要は建設や鉱業がらみで見込まれていましたが、

景気減速で銅需要が急低下して中国では銅があまり銅価格の低下となりました。

また投資した理財商品自体も建設や鉱山開発などに投資していますから、

そちららの運用も厳しくなっている可能性もあります。

銅は前から価格が低下していましたが、昨晩下落が加速。

銅の下落を受けて中国リスクの拡大でリスクオフの円買い、豪ドル売り

豪ドルはサポートレベルの0.9付近を割れて0.89台中盤に

先週の米雇用統計前の上昇を8割がた帳消しにしてしまっています

豪ドルの0.9、豪ドル円の93円が目先レジスタンスになりそうです

ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログへ
人気ブログランキングへ


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』