経済指標とここからのポイント

今日は、海外も大きな指標がなく小動きになるのではないかと思う

ただいまのところ、金曜日のドル買いの流れが、ややドル売りに傾いてる

ユーロドル、豪ドルのショートカバーがどこまで続くかがポイント
戻り売りを狙いたいのだが
、以外に大きく戻るかもしれない

明日は中国のサービス業PMI、RBA理事会があるので、豪ドルが注目だろう

0.95.20~30が短期のレジスタンス
抜ければ0.95台後半とみている



東洋経済オンラインさんで、雇用統計、オリンピックを受けたマーケット展望を書きました。
タイトルは編集の方がつけたのですが、さすがにうまいですね。まねしなきゃ

ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログへ
人気ブログランキングへ


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』