豪ドルは弱含み、サポートレベルは

usdindex10.24.2013

audjpy10.24.2013

euraud10.24.2013

昨日から中国ネタが市場を動かしています。

昨日は中国人民銀行が資金供給を行わず、緩やかな引き締めに向かう動きがでて

7日物レポレートが上昇し、本日も5%でオープンしました。

しかしHSBCの中国製造業PMIは50.9と9月の50.2、予想の50.4を上回り日経平均は上昇。

豪ドル、豪ドル円も反発しましたが、結局行って来いとなり豪ドル、豪ドル円は弱含み

チャートは、ドルインデックス、豪ドル円、ユーロ―オージーです。

ドルインデックスは79.20~30で下げ止まっていますが、これはドル円と豪ドルの下げで

ユーロドルの上昇が帳消しになっているからでしょう。

ユーロドルは1.38のバリアーを抜けて1.38付近で推移しています

1.3850にはオプションバリアーがあるために、手前は売りなのでやや上値が重くなっていますが

ここが抜けられるかどうかというところでしょう

結局、FRBのティーパーリング先延ばし期待のドル売りでユーロが堅調、

中国人民銀行の引き締めスタンスで豪ドルの売りということで

結果としてユーロオージーが上昇しています

豪ドルの0.96付近、豪ドル円の93円付近がサポートできるかが、目先の

重要サポートレベルとみています

10月31日は岡三オンライント証券さんで月例のYEN蔵のFX塾 【テクニカル分析徹底講座】を行います。

皆様から要望の多いテクニカル分析について、今回は基礎の基礎から勉強したいと思います。

初心者の方でもわかりやすく、中上級者の方にも復習できる内容を考えています。

この機会にテクニカルの勉強を一緒に始めてみませんか?

東洋経済オンラインさんで、雇用統計、オリンピックを受けたマーケット展望を書きました。

タイトルは編集の方がつけたのですが、さすがにうまいですね。まねしなきゃ

ランキングに参加しています

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

人気ブログランキングへ


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』