オーストラリア選挙結果を受け豪ドルは下落

audjpy8.23.2010

土曜日の投資LABセミナーご参加の皆さん、お疲れ様でした。

次回はインデックス運用が為替にどのような影響を与えるかお話したいと思います。

クロス円が下落しています。

ユーロは金曜日のウェーバー・ドイツ連銀総裁のコメントで下落。

豪ドルは週末のオーストラリアの選挙を受けて豪ドル売りとなりました。

ギラード首相の与党・労働党と野党のアボット自由党党首の野党保守連合が、どちらも過半数が取れないハングパーラメント状態になっています。

オーストラリアの議会は定数150ですから過半数は76です。

オーストラリアの公共放送ABCによると、議席予想は労働党72、保守連合73、緑の党1、無所属4との予想がでています。

労働党、保守連合の双方で多数派工作が行われていますが、結果次第では政権交代もありますが、いずれにせよ議会少数派の政権は不安定さがあり、マーケットではネガティブな反応でした。(とはいえ下落は限定的ですが)

チャートは豪ドル円です。ニューヨーククローズの76.40付近からギャップを開け75.85付近でオープン、戻りは76.19と窓を埋めきれずに下落しています。

安値の75.70付近が切れてくると、金曜日の安値75.40付近が次のサポートになります。

豪ドルもニューヨーククローズの0.8920からギャップをあけ0.8868付近でオープンし0.8908付近まで反発し窓埋めしつつあります。

ランキングに参加しています

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』