こんにちは、当ブログにお越しいただきありがとうございます。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

米雇用統計にはびっくり みんな油断してたのかな

最近やや影響力の落ちていた米雇用統計の結果が大きく相場を動かした。

 

米5月雇用統計は非農業部門雇用者数が前月比3.8万人増加と予想の15.8万人増加を大きく下回った。前月分も16万人増加から12.3万人増加に下方修正された。3~5月の平均は11.6万人増加となり、1~3月期の19.6万人から大きく落ち込んだ。昨年10~12月期は28.2万人だったことを考えれば、これがクリスマス商戦の特殊要因だったことを考慮に入れたとしても米雇用状況が大きく鈍化した。

 

雇用者の内訳は民間就労者が2.5万人増加となり予想の15万人増加を大きく下回った。前月分も17.1万人から13万人増加に下方修正された。
失業率は4.7%と前月の4.9%から低下し2007年11月以来とリーマンショック前のレベルに低下した。
失業者数は48.4万人減少と前月の4.6万人増加から大幅に減少、雇用者数は2.6万人増加と前月の31.6万人減少から小幅に増加した。
また労働人口が45.8万人減少となったことも失業率を押し下げた。しかし労働人口の減少は労働参加率の減少という形になった。
労働参加率は62.6%となり前月の62.8%から低下した。これは1977年9月以来の低水準だった62.4%に近づいた。

 

経済的理由からのパートタイムとなっている人も含めたU6失業率(不完全失業率)は9.7%となり2008年5月以来の低水準となっている。
失業期間の中央値は10.7週となり、4月の11.4週から短くなった。
平均失業期間は26.7週となり前月の27.7週から短くなり、長期失業期間とみなされる27週以上の失業者の割合が25.1%と前月の25.7%から低下し2009年3月以来の低水準となった。

 

平均時給は前月比0.2%上昇で25.54ドルとなり予想と一致した。前月分の0.4%(0.3%から上方修正)からは鈍化した。
しかし前年比で見ると2.5%の上昇となり4月と一致し2009年7月以来の高水準となった。

 

今回の雇用統計は、米通信大手ベライゾン・コミュニケーションが4月からストライキを行い、この分が35000人減少すると予想されていた。
この分は6月1日に復帰したので6月分の増加要因になる。

 

しかしこれを含めても非農業部門雇用者数の減少が大きすぎる。製造業と建設業の落ち込みが大きかった。

 

弱い数字に対しては悲観的な見方が広がりCMEのFEDWATCHでは6月利上げの織込み度が3.8%とほぼゼロに、7月分も前日分の59%から31.3%に低下した。

 

長期間続いた雇用の回復がさすがにピークを打ったのか。あるいは今年2~3月は天候が穏やかだったことで伸びが衰えなかった分の反動が出たのではないかという説もある。

 

WSJ(ウォール・ストリート・ジャーナル)紙の著名Fedワッチャーのヒルゼンラス記者は6月の利上げは後退したが7月がまだ視野の中という記事を書いた。今後7月に利上げが行われるのかどうかは米国指標及びFed高官、地区連銀総裁などの発言への注目がますます高まろう。

 

 

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

やはり中国が問題?

昨晩はドラギECB総裁のハト派コメントが、ユーロの下落を促しました。

それよりもドラギマジックは市場のセンチメントをリスクオンに変えたことです。

昨日の会見では、

会見のポイントとしては、最近の動向は経済成長とインフレの下方リスクを示しているとの認識を述べました。

新たな経済見通しが示される12月の理事会で金融緩和の度合いを再チェックする必要があるとした。今回の理事会であらゆる政策手段について充実した議論が行われたと強調しました。また今回の理事会で何人かのメンバーが緩和を求めたことも明らかにされました。

追加緩和に関して何をするのかも重要な要素ですが、買い入れに必要な国債の不足も懸念される材料です。

次回12月3日のECB理事会での追加緩和の見通しが大きくなりました。考えられる追加緩和の内容としては、

1、現行の月600億ユーロの資産買い入れ額の拡大、

2、2016年9月までとしているQEに機関の延長、

3、現在マイナスの中銀預金金利のマイナス幅の拡大が考えられます。

そして本日は中国人民銀行です。

1年物貸出金利を0.25%引き下げ4.35%に、1年物預金金利を0.25%引き下げて1.5%としました

預金準備率は0.5%引き下げ、大手銀行向けは17.5%、中小は17%としました。

1年間で6回の利下げとなり、預金金利の上限も撤廃し金利自由化に踏み出し

金融改革を推し進める姿勢を示しました

これだけの速度で利下げする中国の状況が気になりますが

しマーケットはECBに続き、中国の金融緩和を好感してリスクオンになっています

金融相場がしばらく続きそうな気配がの濃厚です

 

 

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

GDPと景気ウォチャー調査に見る最近の景気の減速

2015.4~6月期GDP改定値2015.9.8

 

 

8月景気ウォチャー調査現状2015.9.8

 

きょうの東京市場はなぜか日経平均が433円安と、とほほな結果となりました

まずは4~6月期のGDP改定値。(上の表)

速報値の前期比-0.4%、年率-1.6%が予想を上回り前期比-0.3%、年率-1.2%に上方修正

どこがよくなったのかよく分からない上方修正でした。

民間消費支出が-0.8%から-0.7%に上方修正されましたが、ここでしょう

これを裏付けるの下の8月景気ウォチャー調査の結果(下の表)

現状判断は4~5月の現状は53.6、53.3と良い結果がでています

この頃は景気の感じもよく消費もまあまあだったのかもしれません。

それが6月に51とやや落ち込み、7月は51.6と持ち直しました

8月は49.3とついに分岐点の50を割ってしまいました

8月に急速に悪化したのはマーケットの下落のせいもあるかもしれません

GDPというのは一番後からでてくる指標

春先はまだ良かったということは確認されましたが

市場もこんな状況で景気ウォチャー調査の50割れは気になりました

でもとりあえず今日は、ドル円、日本株はさすがに反発でしょう

 

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

米雇用統計では利上げ時期はわからず

米雇用統計2015.9.6 米雇用統計2 2015.9.6

金曜日にガチンコ雇用統計をご覧の皆様ありがとうございました

非農業部門雇用者数が22万の予想に対して17.3万人と下回ったためにファーストアクションはドル売りでしたね

しかし失業率が5.1%に低下

前月分も21.5満員から24.5万人に上方修正

時間当たり賃金も25.09ドルと0.3%上昇

U6失業率 10.3%に低下

それほど悪くありませんし、米国の雇用状況は良い状況が続いているといえます

これだけ見れば9月利上げをしても問題は無いですが

やはり最近の世界経済やマーケットの様子を見るとなると9月はなにかも

どちらとも判断が下せない微妙な数字でした

利上げの時期はイエレンです!

来週のどこかで株価が底打ちして反転するチャンスを待ちたいと思います

17000の手前で反転、18800ぐらいまで反発しないかな

そうなるとドル円は118.30~120.50というところでしょうか。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

中国の株価対策いろいろ

中国の株価対策2015.7.8

上海総合指数2015.7.8

 

今日は上海総合指数が5%強の下落

欧州は落ち着いていますが、米国株は下落

これで明日は上海市場はオープンできるのかな

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

米雇用統計失望で利上げ時期が微妙に

米雇用統計2015.7.2     米雇用統計2.2015.7.2

 

注目された米雇用統計は失望となりました。

しかし市場がそれほど動かないのは、数字自体がそれほど大きな変化でなかったことと

マーケットの注目がギリシャ問題に向かっているからなのかもしれません。

非農業部門雇用者数が23.3万人と予想の23万人を上回りました

ただ5月分が28→25.4、4月分が22.1→18.7に下方修正

失業率は予想の5.4%が5.3%に低下しました

しかし労働人口が43.2万人減少で、これが失業率低下の原因でよくない失業率の低下でした

その分、労働参加率が62.6%に低下しました

時間当たり賃金が24.95ドルで前月と同じでで、これも失望でした。

ここまでが失望だったポイント

良かったポイントは

パートタイムも含むU6失業率は5月の10.8%から10.5%に低下

長期失業者数は250.2万人から212.1万人に減少しました

 

この数字を受けて短期金融市場が予測する12月までの利上げ確立は

48%に低下しました

米10年債は昨日の2.42%から2.37%に低下

ダウは52ドル安

ドル円は123.10付近と小動きです

ニューヨークが3連休で、今日はもうやる気が無いのでしょう

 

このままニューヨークが動かなければドル円は123円の維持

日経平均先物は20400付近をサポートできれば

再度明日123.50~60、20600円をためしにいくのでしょう

ただ週末のギリシャ国民投票を控え、上昇の加速はないかもしれません。

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

トルコリラの行方

usdtrl2015.6.9 trljpy2015.6.9

 

週末に行われたトルコの総選挙は、与党AKP(公正発展党)が第1党になりましたが

過半数を獲得できず政治不安からトルコリラの売りとなりました。

AKP (公正発展党) 親イスラム 中道右派 選挙前 311議席 56.55%→258議席 40.86%

CHP(共和人民党) 中道左派        選挙前 125議席 22.73%→132議席 24.96%

MHP(民族主義行動党) 右派        選挙前 52議席 9.45%→80議席 14.55%

HDP(国民民主主義党) クルド系左派   選挙前 29議席 5.27%→80議席 14.55%

 

AKPは政権発足医らはじめて過半数を割りこみました。

クルド系のHDPが躍進して議席配分をえられる10%を突破したことが一因でした

エルドアン大統領、ダウトール首相のAKPの政権運営が難しくなり再選挙の思惑が出てきたことで

ドルトルコリラは一時1ドル=2.81リラ、トルコリラ円は44.63付近まで下落しました

債券市場も下落、株式市場も下落で一時トリプル安となりました

AKP過半数を割ったことで、政治的な不安定は増しました。

しかしAKPが大勝利となり憲法改正に必要な3分の2を獲得した場合には

改憲と大統領権限の強化が行われ、エルドアン大統領の強権が強化されます。

その場合は中央銀行に対する圧力がまし、経済改革の遅れなどが起こる可能性がありました。

高いインフレ率と経常収支が赤字国であるトルコは、ある程度の通貨の下落は避けられず

その意味では今回のリラ安は経済状況からはある程度常識的な範囲内での調整ともいえます

AKPが過半数を取れなかったことで政治が不安定化しますが、その分中央銀行への圧力が軽減し

トルコ中銀は通貨防衛に必要な措置などをとるフリーハンド獲得しました

また経済の改革の必要性も周知され、それらが良い方向に向かう可能性もあります

 

ドル売りの流れを受けて、ドルトルコリラは1ドル=2.7040付近までドル安トルコ高となり

トルコリラ円も45.71付近まで上昇しています

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

米雇用統計を受けて126円トライでしょう

米雇用統計2015.6.5

米雇用統計2、2015.6.5

 

usdjpy15m 2015.6.5

雇用統計お疲れでした。まだトレード中かもしれませんね。

さて米雇用統計は予想を上回る強い数字でした

ロイターからの結果を貼り付けています

まずNFPは予想の23.6→28万人

4月分は22.3→22.1に下方修正でしたが、3月分は8.5→11.9万人に上方修正

これで3ヶ月平均は20.66万人となり20万人を上まりました

失業率は5.5%と5.4%から増加

しかしこれは労働人口が39.7万人増加と4月の16.6万人増加、3月の9.6万人減少から大幅増加した良い傾向です

U6(仕方なくパートタイマーで就業)失業率は10.8%と前月と変わらず

長期失業者数は250.2万人と4月の252.5万人から減少

 

時間当たり賃金は24.96ドルと4月の24.88ドル、0.1%増加から0.3%増加となりました

年率換算すると2.2%から2.3%に増加しました

 

総じて強い指標、労働人口の増加と賃金上昇は良い傾向です

 

米10年債利回りは2.39%と2.34%付近から上昇

現在ダウは24ドル安、一時80ドル超下落となりました

強い指標→利上げ前倒し→長期金利上昇→株下落となります

 

下のチャートはドル円の15分足

NYクローズの(点線)124.40の1シグマのレンジが125、2シグマが125.65付近

2シグマは止められましたが125円台前半がこれでサポートレベルになっています

株価の急落が無ければ125円前半をサポートして126円トライでしょう。

 

 

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

ユーロドルのショートカバー終了? ここからは雇用統計待ち

eurusd2015.6.4

ドイツ10年債利回り2015.6.4

 

とりあえずドイツ国債利回り上昇、ユーロドルの上昇は一服

10年債利回りは0.99%と1%手前で反転

ユーロドルも

5月27日の安値 1.0820起点の フィボナッチエクスパンション 1.618倍 1.1185 (昨晩の高値)

2.618倍 1.1375 本日高値

見事に止まりました

5月15日の高値1.1465~1.0820の 61.8%もどし 1.1220 現状サポートされている

50%もどしが1.1140 上昇前のもみあったレベル

38.2%もどし 1.1065 昨日1.1185に上昇後下落した押し目のレベル

 

今回はフィボナッチがよく効いていました

これでおそらく雇用統計前のショートカバーはほぼ終了

ここからは米雇用統計次第

明日は岡三オンライン証券さんでガチンコ雇用統計です

21時からスタートします

 

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

ユーロドルはショートカバーしましたがレジスタンスは?

eurusd2015.6.2

本日はややターニングポイントになった日でした。

日経平均は20543.19円と26.68円安となり連騰は12で止まってしまいました。

ここまで連騰記録は1960/12/21~1961/1/11 の14連騰

1988/2/10~1988/2/27の13連騰

そして1986/3/1~1986/3/15の12連騰と並びました

 

そしてドル円は125.04と125円のオプションバリアーを粉砕して125円台を示現しましたが、

125円台を維持できずに123円台後半に下落。

日経平均が12連騰で止まったこと、ドル円の125円台で反転したことが

どこかテンポラリーには達成感がでたのか、なんとなく本日のニューヨーク市場を予感する雰囲気でした

 

ユーロ圏の5月のCPIは前年比+0.3%となり予想の+0.2%を上回りました

またギリシャが1日に包括的改革案を債権団に提出、ギリシャ問題が進展

これらを受けてユーロドルはレジスタンスになっていた1.10をブレーク

4月の米製造業受注は前月比-0.4%と予想の-0.1%を下回り3月の+2.2%から減少しました

この数字を受けてドル売りが加速し1.1195付近、ドル円も124円割れに

 

チャートはユーロドルの時間足です

5月15日の高値1.1460~27日の安値1.0820の38.2%もどしが1.1060~70

下落すれるとすればこのあたりがから1.11がサポートレベルになるでしょう

50%もどしが1.1140付近

61.8%もどしが1.1220付近

22日の戻り高値が1.1210付近、

1.0820起点のフィボナッチエクスパンション1.618倍が1.1190付近となっています

 

1.1190~1.1230にかけてはポイントが目白押し

この1.1220~30を上抜けするであれば1.1320~30付近が次のターゲットになるのでしょう

1.1220~30が止まるのであれば1.08~1.12のレンジ

その場合はドル円も123.40~50付近がサポートされドル買いのチャンスになるのかもしれません

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

1 / 19912345...10...最後 »