こんにちは、当ブログにお越しいただきありがとうございます。

結局リスクオンでした

 

 

 

こんにちはYEN蔵です

昨晩は米雇用統計に皆さんどきどきしたことでしょう

私もどきどきしました
結構日本株を持っていたので、雇用統計の発表直後はアチャーという感じでした

最初の表が雇用統計のまとめですが、

非農業部門雇用者数が15.6万人と予想の18万人を下回ったことや、

失業率が4.4%に上昇したこと

時間当たり賃金が前月比で0.1%しか上昇しなかったことで

 

マーケットは失望し一時ドル円は109.55付近に下落、

ユーロドルは1.1980付近まで上昇しドル売りになりました。

 

しかしその後に発表されたISM製造業指数が58.8と前月の56.3を上回り

2011年4月以来の高水準で予想の56.5も上回りました(2番目のグラフ)

またミシガン大学消費者信頼感指数確報値は96.8と7月の93.4から上昇

これも好材料でした

 

結局雇用統計は弱かったけど、ISMは強くて米国経済はまだ堅調ということで

ドルは買い戻されたのでしょう。

 

一方でいちばん下のFEDWATCHを見てください

次回利上げの織り込み度は来年6月でやっと過半数を超える程度で

2017年12月はおろか2018年3月でも低いままです

 

利上げが無いということで米国株は上昇したのでしょう。

ただ10年債利回りは前日の2.122%から2.1657%に上昇しています

 

日本も米国も4~6月期のGDPが強く、その経済の好調さがまだ継続しているようです

一方で米国の利上げ観測が遠のき、ECBもトーンダウンしています

この強い景気で低い金利は株高をサポートしている感じです

 

ただ米国ハリケーンの影響が今後足を引っ張るかもしれません

とりあえずうドル円は110円台回復で月曜の日本株は大丈夫そうですね

 

 

FXメルマガやっています。初回10日間無料で読めます。


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』





YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

米ADPとGDP

 

 

 

 

 

 

今晩はYEN蔵です

ちょっとご無沙汰してしまいました

 

指標で再度ドル高ですが、一旦とまったかなと思ってます

ADPとGDP、一時違いですが、内容はぜんぜん違いますよ

デモどちらも米国経済は強いと示唆

詳しい分析は後ほど

 

http://www.adpemploymentreport.com/2017/August/NER/NER-August-2017.aspx

https://www.bea.gov/newsreleases/national/gdp/2017/pdf/gdp2q17_2nd.pdf

 

出展はこちら、英語の勉強にどうぞ

 

FXメルマガやっています。初回10日間無料で読めます。


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』





YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

米国はデフォルトするか

昨日はトランプ大統領が、メキシコとの壁建設の財源確保のためなら連邦政府閉鎖も辞さないと述べたことでドル売り、株売りになりました

 

連邦政府の閉鎖と米国のデフォルトに関してまとめてみました

 

米国は10月から新しい会計年度になります、9月末までに政府の活動予算の新年度の歳出法案を議会で通さなければなりません

 

つなぎ予算を承認し、その間に本予算を審議するパターンが多いのですが1970年以降折り合いがつかず政府閉鎖は何度も起こりました。

 

債務上限は連邦制が米財務省証券(米国債)を発行して資金調達できる上限が決まっています。

 

上限に達していますから、それの引き上げが必要です。これが債務上限引き上げ法案です

 

米財務省は9月29日までの引き上げを希望していますが、緊急の財源で10月半ばまで引き伸ばせる可能性があります。本当のリミットは10月半ばです

 

ただ10月2日には米国債の利払い70億ドルがありますから、米国債の最大の保有国である中国と日本にしてみればひやひやですね

 

実際2011年8月にはSPが米国債の格付けを最上位から引き下げ、今回フィッチが警告を出しています

 

審議されるべき法案は歳出予算法案と債務上限引き上げ法案ですこれは別々のものですが、共和党右派はそもそも歳出拡大に反対で債務上限引き上げに対し歳出削減を要求するので、同時進行になる可能性があります。

 

下院ではふたつの法案は過半数の賛成で可決しますしかし上院は60名の賛成が必要で、現状の共和党は52議席のために民主党の賛成が必要です。

 

下院の共和党保守派はメキシコとの壁が必要で、この予算獲得のためなら政府閉鎖もかまわない勢力がいます。共和党穏健派、共和党指導部は政府閉鎖は避けるべきとの意見です

 

民主党は当然壁反対ですから、政府閉鎖になれば共和党の責任を追及しますここらへんは来年の中間選挙を控えて共和党も苦しいところですね

 

トランプ政権は債務上限引き上げを他の政策と絡めないで取り組む方針に変換しました(クリーン・ビル)

 

共和党穏健派、民主党はこれを支持しています。しかし下院の共和党保守派は、債務上限引き上げ賛成の代わりに歳出削減を主張して抵抗しますから、議会は紛糾します。

 

結局最終的には予算は通過するでしょうが、トランプ大統領の過激な発言やそれ以上に過激な共和党右派の動き次第ではマーケットが振り回される可能性もあります。

 

ロイターの記事を参考にしました

詳しくはこちらを

http://jp.reuters.com/article/factbox-shutdown-trump-idJPKCN1B4010?pageNumber=1

 
FXメルマガやっています。初回10日間無料で読めます。


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』





YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

バノン解任で何故株高になるのか?

 

今晩はYEN蔵です

時の人のせいでドル円が1円急騰、米国株もプラス転、VIX指数は16%台から

13%台に急落ですね

時の人の名はスティーブン・バノン、トランプ政権の首席戦略官兼上級顧問

 

彼をトランプ大統領が解任したというニュースがドル高、

株高につながっているため

何故?という意見が多いので、僕なりの考えをまとめてみました

バノン氏のの経歴は

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%8E%E3%83%B3

 

こちらに詳しく書かれていますが、アイルランド系カトリック、労働者の子、

バージニア工科大学卒業、ジョージタウン大学で安全保障の修士、

ハーバード・ビジネス・スクールでMBA

海軍を経てゴールドマンでM&A部門で働く

保守系ニュースサイト、ブライトバート・ニュース・ネットワークオーナー

トランプ大統領の選対本部長

ざっとこんな経歴で、トランプ支持の白人労働者というよりはエリートに属する経歴です

 

トランプ大統領政策の基本政策の後ろにはバノン氏が知恵袋といわれています

ではトランプ大統領の基本政策とは(あるとすれば)なんでしょう

 

トランプ大統領の就任演説を思い出してほしいのですが

(覚えてないですよね、でもわずか7ヶ月前です)

印象に残ったと言葉、ここです

 

本日の式典には、とても特別な意味があります。

なぜなら、ひとつの政権から別の政権へ、

また、ひとつの政党から別の政党へ、単なる政権交代をしているわけではなく、

ワシントンD.C.から国民である皆さんへ、政権を取り戻しているからです。

 

ハフィントンポストより

全文はこちら

http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/20/donald-trump-inauguration-speech_n_14292818.html

 

要するにワシントンDC的なものから国民への権力が移行したということをトランプ大統領は強調しています

 

それではトランプ大統領やバノン氏が考えるワシントンDC的なものとは誰でしょう

ワシントンにいる政治家、メディア(特にリベラルな)、ウォールストリートの金融機関、

FRB、米国のグローバル企業、IT企業など(移民が多い)、リベラルな考えの団体

要するにグローバル化によって恩恵を受ける政治家、企業、メディア、団体です

 

それに対してトランプ大統領やバノン氏が考える国民とは

労働者階級、特に南部や製造業のオールドエコノミーの労働者、

IT企業の労働者や移民労働は含まれない、白人のキリスト教徒

 

要するにグローバル的なものと米国は白人の国だという勢力の戦いなんだと

私は認識しています

 

グローバル化で工場はどんどん米国外に出て行き

自動車や鉄鋼といった産業の白人労働者は苦境に陥っています

中央銀行のQEは金融危機を救いましたが、

株高でウォールストリートや金持ち、投資家を潤わしていますが、

労働者階級はあまり恩恵を受けていません

 

ですからバノン氏の解任は政策がグローバル派に少し傾く可能性があり

株高に恩恵を受けるグローバルな人たちにとってはプラスになるのです

おそらくをオバマ政権でのリベラルな方向にトランプ大統領の支持者や

バノン氏は苦々しく見ており

その寄り戻しが今来ているのではないでしょうか

 

ですからトランプ大統領がどんなに暴言を吐こうが、

トランプ大統領たちが国民と考える人たちの

一定の支持があり(30%ぐらい?)それ以上は支持率が落ちないのではないでしょうか

バノン解任でのドル高、株高の理屈はこんなところではないでしょうか

 

もちろん殺人や差別がいけないという当然の価値観をトランプ氏やバノン氏が持っていないのであれば

とんでもない話です

 
FXメルマガやっています。初回10日間無料で読めます。


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』





YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

将軍リスクが去ったらトランプリスクが登場

 

 

こんにちはYEN蔵です

今日は雨は一服ですが、ドルの上昇も一服になってしまいましたね

 

上の表の右側は住宅着工許可件数で122.3万戸(予想の125万戸)で前月比4.8%の減少

左側は住宅着工件数で115.5万件(予想122万件)で前月比4.1%減少

 

弱い指標でしたが、ドル売りの原因はこれでなく、トランプ大統領の発言でした

トランプ大統領は助言組織の製造業評議会と戦略・政策フォーラムを解散するとツイッターで述べました。

米経済界の首脳で構成されていたふたつの組織ですが、

 

バージニア州で発生した白人至上主義者と反対派の衝突に対するトランプ大統領の発言から、

ふたつの組織から米企業の首脳たちの辞任が相次いでいたために閉鎖したようです。

経済諮問委員長のコーン氏もこの発言を問題視しており、産業界よりだったトランプ大統領から

経済人たちが離れていく状況になっていました。

昔の日本は経済は一流、政治は2流といわれていましたが、米国もそうなりつつあるようです

 

その後のFOMC議事要旨では、一部のメンバーが物価の弱含みが一時的であると確認できるまでは利上げを待つべきとの主張

ハト派的ともとらえられドル円は110円台前半へ

 

そして今日は109.65付近まで下落しましたが、

ドル円のチャートを見ても分かるように109.80付近が最近のレンジ108.70~110.95の50%、

109.60付近が61.8%戻しで、上昇前にもみ合ったこのレベルがサポートされ110円台を一時回復しています

 

109円台中盤がサポートできるようであれば、109.50~110.30、このレンジをどちらに抜けるかですね

 

Fedの利上げ時期後退なのか、トランプ発言でも米国株が崩れなかったのでリスクオフにはならなかったのが救いですね

ドル円の下落で日経平均はだめでしたが、マザーズは元気が良かったですね

 
FXメルマガやっています。初回10日間お試しで読めます。


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』





YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

ドル上昇は続くか、重要なレジスタンスは?

 

 

こんにちはYEN蔵です

今日も天気が冴えないですね、夏休みなのにこの天気じゃプールと海の家とか季節産業は商売上がったりですね

海に行きた~い

夏はいつ戻ってくるのでしょうか

 

さて昨晩の米国指標は結構強かったですね

まず上の表は7月の小売売上高です。前月比0.6%(予想の0.4%)増加と7ヶ月ぶりの強い数字。自動車が売れたようです

前年同月比では4.2%となりました

 

2番目の表は8月のNY州製造業業況指数です。currentというのは現況で25.2(予想は10)、前月は9.8、2014年9月以来

expectedは6ヶ月先の業況見通しで45.2と前月の34.9から上昇しました

 

米国の景気は割と堅調です

 

この数字を受けて米10年債利回りは2.27%付近まで上昇しドル円も110.85付近まで上昇しましたが、

その後は下落して110.40~80のレンジ

 

今日は米国の住宅着工、FOMC議事要旨が発表されるので注目されます

 

109円で買ったドル円は売ったり買ったりしながらキープ中です

111.60~70は月間ピボットがあるので、ここは重要なレジスタンスと見ています

さ~て欧州序盤はドル買いできましたが、111円抜けられるか、

 

 


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

好調な本邦GDP

 

今日の日経平均は192円安(-0.98%)TOPIXは-1.12%、マザーズ指数-1.01%

先週のリスクオフの相場を考えると、こんなもんだろうという下げでした。

 

金曜日に米国株が下げ止まったことた、ドル円が108円台後半をサポートし

109円台中盤に反発したことも日本株を支えたのかもしれません

 

そんな中で今日発表された日本の4~6月期のGDPは非常に強い数字でした

実質GDPは前期比1%成長、前年比4%(予想2.4%)と非常に強い数字で6四半期連続のプラス成長となり
2005年1~3月期から2006年4~6月期以来11年ぶりの長期連続成長です。

より生活感覚に近い名目GDPは1.1%成長、年率4.6%となりました。

 

個人消費が0.9%、設備投資が2.4%、住宅投資1.5%、公共投資5.1%の成長となりました

個人消費ではエアコンなどの白物家電や自動車の販売が好調だったことが個人消費を押し上げました

これらは家電量販店の決算が良かったことでも裏付けられました。

 

設備投資も建設、工作機械、ソフトウェア投資などが伸びて8四半期連続のプラス成長。

 

公共工事も2016年度第2次補正予算の執行が進み5年ぶりの高い伸びになりました

 

寄与度で見ると内需が前期比1.3%上昇で外需が0.3%マイナス成長となりました

輸出が前期比0.5%マイナスとなり前年と比べると6.6%成長でしたが足を引っ張りました

中国のスマホの販売の減速で電子部品の落ち込みが影響しました

 

4~6月期も含めて堅調な成長が続いており、個別企業の業績もそれらを裏付けています

 

しかし北朝鮮問題など外的要因がマーケット的には足かせが続いている状況です

戦争が起こらなければ、レンジが継続と見ていますが


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

ドル円は週間ピボットの108.80をサポートしました

 

こんにちはYEN蔵です。連休ですが東京は天気がさえないですね、

 
さて先週のマーケットは北朝鮮がらみでリスクオフの動きでしたが、金曜日は米国の消費者物価指数が弱くドルが下落しました
 
上のグラフと表は米国のCPIで前月比のもの、7月のCPIは0.1%の上昇と予想の0.2%上昇を下回りました。

 

下のグラフと表は米国のCPIで前年比のもの、7月のCPIは1.7%の上昇と6月の1.6%は上回りましたが、予想の1.8%を下回りました
 

変動の大きな食品とエネルギーを除いたコアCPIは4ヶ月連続で前月比0.1%上昇、前年比は3ヶ月連続で1.7%上昇でした

 

イエレンFRB議長は7月の議会証言で、物価が上昇しないのは一時的な原因で、それは携帯電話や処方箋など一時的な特殊要因と述べています。

 

物価の伸び悩みが一時的な原因なのか、強い雇用状況(求人数は過去最高でした)がいずれ賃金の上昇を招き、
 
物価が上昇するのか、今後の動きを見なければいけません

 

Fedが注目する物価の目安であるPCE(個人消費支出)物価のコア指数は5月以降1.5%の伸びで、Fedの目標の2%を大きく下回っています。
 

これでは9月の利上げは無く、12月の利上げも怪しいということで、米10年債利回りは2.19%まで低下してドル売りの材料になりました

 

先週は地政学的問題からリスクオフのなりドル売りというよりは、円買いとなりましたが、金曜日にこの指標が発表されると

ユーロドルは1.17台中盤から1.18台前半に上昇し、ユーロ円も反発してドル売りの流れになりました。

 

米10年債利回りは6月の安値2.12%まではまだ余裕がありますが、2.27%付近がレジスタンスになり最近では安値圏に低下しており

ドルの上値を抑えています。

 

ドル円は週間のピボットのLBOPの108.80付近を何とかサポートして109円台で終了しました。

前回4月の安値は108.10付近でしたが、この108.70~80レベルは、昨年6月の安円99~12月の高値118.65の

50%もどしにあたります。

 

108円台がサポートできるかどうか、108~114もレンジと見れば底値になるのでしょうが、来週のポイントですね

 
FXメルマガやっています。初回10日間無料で読めます。


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

無料メルマガを不定期で発行。
登録お願いします。

wysija_form id="2"


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

南アフリカ大統領の信任投票に注目

 

 

昨日、南アフリカ国民議会(下院)のムベテ議長は、本日行われるズマ大統領不信任投票を無記名で実施することを決めました。
 
長期政権のズマ大統領は汚職疑惑があり、野党だけでなく与党ANC(南アフリカ民族会議)の有力者からも辞任要求がでています。
 
下院である国民議会400議席の中で、ANCが249議席を占めています。
 

ズマ大統領は5月のANC幹部会で議論されましたが、党内で結束してズマ氏を支持することになりました。
 
そのために記名式の投票が行われた場合は、造反者が出る可能性が低くなるのではないと予想されていました。
 
6月の憲法裁判所の決定は下院議長が投票の形式を決めるとの判断を下し、そのような中でANCでズマ大統領に近いと思われていたムベテ議長の判断に注目が集まっていたのが昨日の決定でした。

 

しかしムベテ議長は昨日、本日行われる不信任投票に関して無記名で投票することを決定、
 
このためANCから造反者がでて、大統領が辞任に追い込まれる可能性が高り、そのことが南アフリカ買いが進むという皮肉なケースになっています。

 

議長の発表を受けてランドは堅調に推移した。ドルランドは13.38付近から13.1640付近まで下落しランド買いになり、
 
ランド円は8.171円付近から8.403円付近まで上昇しました。

 

南アフリカ10年債利回りは8.61%から8.54%付近に利回りが低下。

 

南アフリカ40指数は0.51%、FTSE南アフリカ指数は0.82%の上昇となりました。

 

ドルランドは7月27日の安値1ドル=12.8552ランドから8月5日の高値13.48ランドまで上昇した50%戻しが昨晩サポート。
 
この13.1640付近の50%戻しを下抜けした場合は38.2%戻しの13.09付近が次のターゲットになります。

 

ランド円は8月4日の安値8.16円付近から8.40円付近まで反発しました。
 
7月18日の高値8.733円から8.16円の61.8%戻しが8.375円付近となっており、昨晩このレベルを上抜けしたましが再び下回っています。

 

ランド円はこの8.375円をしっかり上抜けすれば、次のターゲットは50%戻しの8.445円付近、
 
38.2%戻しの8.51円付近がターゲットになるでしょう。
 
一方で8.4円付近がレジスタンスになると、8.265、8.16付近がサポートになりそうです。

 

本日信任投票の開始は東京時間の21時から予定されています

 
FXメルマガやっています。初回10日間無料で読めます。


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』


YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
1 / 20212345...10...最後 »